注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間などが異なる場合もあるため、外出前に必ず確認してほしい。

八潮秘宝館

東京近郊の変わった博物館20選

刺青やメガネ、地下鉄、ラブドールなど変わった博物館

作成者: Mari Hiratsuka
Advertising

タイムアウト東京 > Things To Do > 東京近郊の変わった博物館20選

東京には、視点が異なる多種多様な博物館が存在する。本記事では、変わった展示品や、見世物レベルの収蔵品など、強烈な個性をもつオーナーがコレクションした品々を展示する博物館を紹介する。

関連記事:
東京、奇妙なレストラン13選
東京、オタクが集うバー5選

ディープスポットから攻める

老眼めがね博物館

ショッピング 眼鏡店 池袋

眼鏡を専門に扱う眼鏡店。何千ものサングラスで埋め尽くされたインパクトのある外観なので、建物を見過ごすことはないだろう。主に老眼鏡を専門に扱っているが、安くてユニークなデザインのサングラスの宝庫でもある。

文身歴史資料館

ミュージアム 横浜

3代目彫よしが40年にわたって収集してきた、世界中の刺青文化、風俗、歴史に関する資料が豊富に揃う博物館。江戸時代から現代までの刺青の歴史や、グローバルな観点から考察した刺青について学ぶことができる。

関連記事
東京で行くべきタトゥースタジオ

Advertising

八潮秘宝館

Things to do 埼玉

埼玉県八潮市にあるラブドール愛好家、兵頭喜貴の夢の館。この一軒家を購入したことをきっかけに自宅を秘宝館にしてしまった。兵頭は、「ドールに囲まれて過ごしたい」という願望からラブドールや、マネキン人形など20体以上の人形(ひとがた)を収集し、所有している。特別公開は年に3回ほど。公開スケジュールと詳しい所在地については、兵頭の公式ブログを確認してほしい。

関連記事
自宅を秘宝館にしてしまった男、兵頭喜貴を訪問

凧の博物館

ミュージアム 日本橋

日本橋たいめいけんの3階にある博物館。江戸凧を中心に、同店のオーナーが集めた3000点あまりの凧が展示されている。乾燥させた葉で作られたインドネシア産のもの、侍の版画がプリントされたもの、発泡スチール製のものなど、世界中の凧が壁から天井まで、室内を埋め尽くす。

Advertising

宇宙村

ショッピング 四谷三丁目

隕石研究家の景山八郎が経営する宇宙村。「隕石の所有量が世界一」が売りで、この場所で50年近く営業している。店内は、水晶や隕石、菩薩像などが並べられ、博物館のようだ。景山は6歳の頃から、星や宇宙の不思議な魅力に引き込まれ、18歳でロケットを自作し、55歳の時に隕石の研究をはじめた。怪しげで、入るのには勇気がいる店だが、気さくな景山と話をすれば、自分が地球にいることを忘れてしまうかもしれない。

いつもと視点を変えてみる

東京おもちゃ美術館

ミュージアム 四谷三丁目

旧新宿区立四谷第四小学校の校舎を利用した、おもちゃの美術館。館内には、日本伝統のおもちゃを展示する部屋や、ボードゲームを楽しむ部屋、ミュージアムショップ、休憩所など、教室を利用した様々な部屋がある。

Police Museum
TimeOutTokyo

警察博物館

ミュージアム 京橋

退屈な展示物が多かった警察博物館が、1年かけてリニューアルした。大人から子どもまで楽しめる、体験型のゲームが以前より増え、指紋採取ゲームや、自転車の交通シュミレーションなどが設置され、英語表記も増えた。子どもサイズの警官の制服を着て、ライトが光るカワサキの白バイに乗ったり、ヘリコプターのコックピットをのぞけば、すっかり警察気分になれるだろう。

Advertising

大名時計博物館

ミュージアム 谷中

かつて、この博物館に並ぶ時計を買えたのは大名だけだった。大名時計博物館は、1部屋だけの博物館で、アラーム時計から着物を着ている時に使われていた時計まで、10数点の計時器を展示している。

貨幣博物館

ミュージアム 日本橋

日本銀行が運営する博物館。平安時代後期に中国から輸入された硬貨から、19世紀後半に日本銀行が設立されて円が作られるまでのお金に関する長い歴史をたどっている。筆字が刻印された江戸時代の美しい金小判や、シベリアの革製のお金、さらにタイのヒル貨幣を見てみよう。電話帳2冊分ぐらいある、1億円を持ち上げてその重みを感じるのもいい。

Advertising

古代オリエント博物館

ミュージアム 歴史 池袋

1978年にオープンした、「古代オリエント」がテーマの博物館。2部屋からなる展示室には、エジプト地域を中心としたレプリカを含む様々な資料が展示されている。特別展も行っているのでスケジュールを確認して訪れてみては。 

普段飲まない酒を呑む。

東京、薬酒バー5選

ナイトライフ

タイムアウト東京 > ナイトライフ > 東京、薬酒バー5選 夜遊びをしつつも健康に気をつける人が増えたのか、薬酒がじわじわと注目を集めている。薬酒は生薬をそのまま漬け込んだ酒のことで、酒の効用に生薬の薬効が加わることで生薬単体以上のパワーを発揮すると言われている。また、独特の味わいやミステリアスなストーリーも楽しめる薬草酒は、度数の高いスピリッツに様々な薬草を漬け込み、その成分を抽出した酒で、使用するハーブによって様々な効果があるとも言われている。この特集では、薬酒と薬草酒を楽しめるオーセンティックなバーや、路地裏にある小さなバーなどを紹介する。

おすすめ

    関連情報

      Advertising