東京、無料でできる50のこと

給料日前でも、東京は十分楽しめる

作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising
無料

タイムアウト東京 > Things To Do >東京、無料でできる50のこと

地方に比べて物価の高い東京だが、タダで最新の施設から学びを得たり、多様なエンターテインメントを楽しんだりできるのもまた、東京に住む者の特権だ。本特集では、コンサートや各種文化施設、一見の価値ありの一風変わった博物館など、50にも及ぶ種類豊富な無料のアクティビティーを紹介している。「遊び」「癒し」「美意識」「学び」「絶景」「工場見学」の6つのカテゴリに分かれているので、気分に合わせて使い分けてほしい。さあ、財布の中身は気にせず、東京ライフを満喫しに出掛けよう。

関連記事:
東京、おみくじで選ぶ神社仏閣
東京、たい焼き9選

【遊び】

アトラクション

誕生日を祝ってもらう。

icon-location-pin お台場

東京ジョイポリス

スノーボードでハーフパイプを滑り、ハングライダーで常夏の島を駆け巡る……。そんな夢を一気に叶えてくれるのが、お台場にある室内遊園地、ジョイポリスだ。ここでは、誕生日を証明できるものを持参すれば、1日フリーパスをもらうことができる。子どもには、アイスクリームまで提供されるというから驚きだ。園内は、セガが誇るバーチャルリアリティアトラクションがめじろ押し。バーチャル系ではないが、回転するジェットコースター『スピン・バレット』は要チェックだ。

Things to do

皇居周辺を爆走する。

icon-location-pin 丸の内

パレスサイクリングコース

日比谷公園入り口の祝田橋交差点から皇居北側の平川門までの内堀通り沿いを走る、往復約3kmのコース。日曜日のみ自転車向けに特別開放され、コース内を自由に駆けることができる。自転車は持参する必要があるが、緑あふれるコース走る爽快感は格別だ。無料の自転車教室なども行われている。

Advertising
バー

英国パブでライブを聴く。

icon-location-pin 恵比寿

ワット ザ ディッキンズ

外国人客の率が非常に高い、キャッシュオンデリバリーのブリティッシュバプ。エレベーターを降りるとわかりにくいのだが、左手の大きな扉がエントランスだ。店内は意外にも天井が高く広々としている。豊富な種類のビールが揃い、フライドチキンやフライドポテト、チキンパイにアップルパイなどのブリティッシュメニューが楽しめる。店内のステージではほぼ毎日ライブがあり、ミュージックチャージ無料で演奏を楽しむことができる。

Things to do

櫓を漕ぐ。

icon-location-pin 江東区

横十間川親水公園

江東区内を流れる横十間川の一部分を埋め立てて造られた、1,970メートルにも及ぶ、細長い親水公園。ここでは、貸しボート場や水上アスレチックといったアクティビティを楽しむことができる。週1回、ボランティア団体『和船友の会』による木造和船の運行がされており無料で乗船できるほか、希望すれば櫓(やぐら)こぎ体験も可能。希望者は、当日の10時~14時15分の間に公園の海砂橋際(海辺乗船場)で申し込みを。

Advertising
アトラクション, 公園&庭園

アスカルゴに乗る。

icon-location-pin 王子

飛鳥山公園

桜の名所として名高い飛鳥山公園。ここで大人気なのが、無料で乗車できるモノレール『アスカルゴ』だ。可愛らしい名称は、カタツムリのような見た目と、ゆったりと進むことから名付けられた。運行距離は長くはないが、飛鳥山の山頂までを結ぶ、緑あふれる風景をゆったりと楽しめる。そのほか、入場料金はかかるが、公園内にある3つのユニークな博物館(紙の博物館、渋沢資料館、北区飛鳥山博物館)もチェックしたい。

Things to do

ムツゴロウになる。

icon-location-pin 学芸大学

碑文谷公園 こども動物広場

碑文谷公園のこども動物広場は、小学生以下の子ども連れにぴったりの場所だ。入場無料で、モルモットやウサギ、犬、ポニーなど、様々な動物と触れ合うことができる。ポニーは、乗馬1回につき200円が掛かるが、愛くるしい姿に大人も癒されることだろう。動物たちに迷惑がられないよう、優しく触ってあげよう。乗馬場の側にある池のボートも、一隻につき30分100円で楽しめるのでおすすめだ。

Advertising
クラブ

道玄坂でフィーバーする。

icon-location-pin 渋谷

ルビールーム

外国人や、クラブ好き東京人からの絶大なる人気を誇っているルビー ルーム(Ruby room)。150人収容の小箱クラブだが、ベースメント・ジャックスや、エルナン・カターニョなどの著名ミュージシャンが即興でプレイしたこともある。連日のように様々なイベントが行われているので、詳しくはウェブサイトをチェックしよう。通常、平日はエントランスフリー。週末はカバーチャージ1,000円。

アトラクション

ニューモデルを試乗する。

icon-location-pin お台場

メガ ウェブ

パレットタウンの一部にあるメガ ウェブ(MEGA WEB)は、車好きには必見の場所だ。施設内にある、世界最大級の車のショールーム、トヨタ・シティ・ショーケースでは、最新モデルのトヨタ車に触れたり、全周1.3キロメートルのコースで試乗(300円)したりできる。子どもも運転が楽しめる『ライドスタジオ』もあり、子どもにも喜ばれること請け合いだ。

Advertising
Things to do

タダでフナを釣る。

icon-location-pin 目黒

清水池公園

学芸大学駅から10分ほど歩いた場所にある公園。元々は農作物用のため池だった場所が、1947年に目黒区によって釣り堀池として整備された。現在でも、都内では珍しく、無料で釣りができる公園として賑わいを見せている。ルールを守り、釣り上げた魚は池に戻して帰るようにしよう。

ナイトライフ

クラブをはしごする。

icon-location-pin 青山

青山トンネル

週末になるとお洒落なクラウドで混み合う、渋谷のラウンジDJバー。エントランスフリーだが、ファーストドリンクに1,000円が必要となる。1階にある幻想的な雰囲気が魅力のレッド バーに、店内の階段で直接行き来できるため、一度の入場で2つのクラブを楽しめる。それぞれの箱で、良質な音楽を楽しもう。

【癒し】

Things to do

足下から温まる。

icon-location-pin 立川

こもれびの足湯

小平市にある無料の足湯施設。深さ250mの井戸にから汲み上げられた地下水を、ごみ焼却炉の余熱で温めた湯に浸かることができる。女性用の更衣室が完備されているほか、武蔵野美術大学の学生がデザインした手ぬぐい(200円)とタオル(100円)も販売しているので、手ぶらで出掛けても楽しめる。

ショッピング

優雅なコンサートに聴き入る。

icon-location-pin 初台

東京オペラシティ

初台駅直結の複合文化施設。新国立劇場と東京オペラシティビルで構成される。施設内にはオフィスや、コンサートホール、劇場、美術館のほか、豊富な飲食店やショップが入る。シューボックスタイプのコンサートホールは、天井が高く、木造の木の香りや、自然光が心を和ませてくれ、その音響設備には定評がある。月に数回、入場無料のランチタイムコンサートも開いている。開催スケジュールはウェブサイトをチェックしよう。

Advertising
アトラクション, 宗教的な建物&場所

無の境地に至る。

icon-location-pin 広尾

香林院

ストレスや疲れが溜まっているという人には、心休まるひと時が必要だ。広尾にある臨済宗(りんざいしゅう)の寺、香林院では、月~金曜日の7時からと、日曜日の17時から約1時間にわたり、予約不要の座禅会が行われている。予約は不要、時間までに来れば誰でも参加可能だ。広尾駅から徒歩5分というアクセスの良さと、出勤前などに立ち寄れる気軽さがうれしい。毎週金曜日の10〜12時には、写経・写仏会も行われている。

Things to do

テルマエロマエを地でいく。

湯の浜露天風呂

都内から行ける小旅行先、新島にある露天温泉。なぜか古代ローマ遺跡をモチーフにした施設は、その本格的なしつらえに驚かされる。全部で大小6つの湯があり、水着を着て入れる混浴温泉となっている。24時間営業なので、夜は満点の星空の下、ぜいたくな夜景を楽しむこともできる。これが無料とは、ローマ人もびっくりだろう。

Advertising
アトラクション, 宗教的な建物&場所

オルガンのシャワーを浴びる。

icon-location-pin 目白台

東京カテドラル聖マリア大聖堂

前身の関口教会が東京大空襲で焼け落ちた後、1964年に丹下健三(たんげ・けんぞう)の設計でよみがえった大聖堂。聖堂では、月に1回パイプオルガン演奏が無料で公開されている。パイプオルガンは、教会にあるものとしては国内最大で、高さ40mの巨大な聖堂内に反響する美しい音色は必聴だ。1月、8月は休みで、原則毎月第2金曜日の19時00分〜19時45分に開催だが、詳しい日程はウェブサイトを確認してほしい。

音楽

本物の音楽に触れる。

icon-location-pin 六本木

サントリーホール

サントリーが運営するオーケストラホール。大小の2つのホールから成り、特にオーストリア製の巨大パイプオルガンが中央に据えられた大ホールの音響設備は、世界的に有名な指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンからも「音の宝石箱」と大絶賛された。毎週木曜日にはこの大ホールが開放され、無料のオルガンコンサートが開かれる。曲目や出演者プロフィールは、ウェブサイトの「公演スケジュール」ページでチェックしよう。

【美意識】

Shiseido Gallery
Naoya Hatakeyama
アート

老舗の審美眼にふれる。

icon-location-pin 銀座

資生堂ギャラリー

リカルド・ボフィル設計の、資生堂本社の地下にあるギャラリー。資生堂の審美眼にかなった、芸術性の高い展示を入場無料で観覧できる。これまで、中村政人(なかむら・まさと)やローマン・シグネールなど、世界各国の現代アーティストの個展やグループ展のほか、マン・レイのようなアーティストの回帰展やファッション関連の展示なども開催してきた。

Things to do

アフターファイブに備える。

icon-location-pin 渋谷

渋谷ちかみちラウンジ

渋谷駅の地下1階コンコースにある施設。トイレのほか、女性パウダールーム、男性ドレッシングルーム、授乳室、ベビールーム、Wi-Fiが利用できるラウンジを兼ね備えている。女性パウダールームと授乳室は、蜷川実花が監修した色鮮やかな空間も魅力だ。利用はすべて無料だが、トイレ以外の施設を使用する場合は、渋谷ちかみちラウンジの向かいにある、渋谷ちかみち総合インフォメーションでの記名が必要。 

Advertising
アート

ヴィトンの世界観に浸る。

icon-location-pin 表参道

エスパス ルイ・ヴィトン東京

表参道のランドマークでもある、ルイ・ヴィトン表参道ビル7階にあるアートスペース。ルイ・ヴィトンが展開するアートスペースとしては、パリ・シャンゼリゼ通りにある、エスパス カルチュアル ルイ・ヴィトン(Espace Culturel Louis Vuitton)に続き、世界で2番目のオープンとなる。天井高8.45メートル、面積193平方メートルを誇る、ガラス張りの空間は、空に浮かんでいるかのような気分になれるだろう。

映画館

銀座のプライベートシネマに行く。

icon-location-pin 銀座

銀座メゾンエルメス ル ステュディオ

銀座メゾンエルメス10階にある40席のプライベートシネマ。月替わりで作品を変えながら、毎週末に上映会を実施している。予約は鑑賞希望上映日の3週間前のからウェブサイトにて開始される。 満席の場合、当日キャンセルがあった場合のみ会場にて先着順で入場できる(上映時間5分前に会場に直接来場のこと)。また同ビル8階には、企画展示ギャラリーのフォーラムもあり、こちらも入場無料で楽しめる。 

Advertising
アート, ギャラリー

アートは風呂で見る。

icon-location-pin 谷中

スカイ ザ バスハウス

昔ながらの銭湯を改築して作ったギャラリー。天井が高く、開放的な雰囲気で、建物は築200年以上の歴史をもつ。それを見るだけでも興味深いだろう。館内には、現代日本アーティストの宮島達男や、海外で著名なアピチャッポン・ウィーラセタクン、アニッシュ・カプーアなどの作品が展示されている。 上野公園からも近く、上野散策の目的地に加えたい一軒だ。

Things to do

江戸時代の旬顔になる。

icon-location-pin 青山

伊勢半本店 紅ミュージアム

江戸時代の女性が憧れた「玉虫(たまむし)色」の紅とは、一体どんな色なのか。その答えは、1825年創業の老舗紅屋、伊勢半本店に併設されてる紅ミュージアムにある。ここでは、180年以上続く伝統技法でつくられる紅を試すことができるほか、その歴史や文化に関する資料も閲覧できる。サロンで江戸の紅色を試し付けした後、現代の青山を歩いてみるのも良いかもしれない。

Advertising
Things to do

新豊洲でアートを語る。

icon-location-pin 豊洲

新豊洲さくら広場

新豊洲の晴海サイド運河沿いに、東京ガス用地開発株式会社が所有する用地を「新豊洲さくら広場」として無料解放。 現代美術家の曽谷朝絵(そや・あさえ)の、防風フェンスに施された全長約30メートルにもおよぶ絵画作品「風の色」を観ることができる。新豊洲のまちづくりが進むに連れて、この場所で沢山の人々の間を吹き抜ける風が、様々に変化していくイメージがヴィヴィッドな色で表現されている。 同じ新豊洲に位置する話題の体験型デジタルアートミュージアム、チームラボ プラネッツ TOKYOと併せて訪れてアートに浸ろう。

【学び】

東京宝くじドリーム館
Picasa 2.7
Things to do

1億円の重さを知る。

icon-location-pin 京橋

東京宝くじドリーム館

世界初の宝くじ常設PRセンターとして誕生した施設。宝くじの歴史や仕組みなどの解説のほか、過去1年間の当せん結果などを検索できる情報検索スペースや、現金1億円の重量を体験できたり、1,000万円以上の高額当選者だけに渡されるハンドブック『その日から読む本』が読める、宝くじの夢コーナーなどを設置している。一攫千金の気分だけでも味わうには十分だ。

ミュージアム

アフレコに挑戦する。

icon-location-pin 荻窪

杉並アニメーションミュージアム

日本のアニメーションの歴史や、アニメ制作の舞台裏を知るこのできるミュージアム。館内には、新旧のアニメが楽しめるアニメシアターやライブラリーのほか、ワークショップスペースなども設けられている。アニメのキャラクターになりきれるアフレコ体験や、アニメ制作の過程を学べる参加型展示なども見逃せない。

Advertising
Things to do

英語でディスカッションする。

icon-location-pin 原宿

TEDee

無料で参加できる英会話レッスン。参加者全員でTEDの動画を視聴後、グループディスカッションをし、その結論をプレゼンテーションするという内容。上級者向けではあるが、読み書きはできても会話が苦手という悩みには効果がありそう。参加には、Facebookのグループページへのメンバー登録が必要。イベントの開催場所や時間はFacebookにポストされる。イベント一覧から詳細をチェックし、好きな会場で参加しよう。

ミュージアム

腹の虫の正体を知る。

icon-location-pin 目黒

目黒寄生虫館

寄生虫の研究と啓蒙活動を行う、世界で唯一の専門研究博物館。ここでは、寄生虫の不思議で巧みな生き方が深く学べる。1、2階合わせて実物標本約300点を展示しているほか、写真や動画による展示も。特に、LEDライトに照らし出された8.8メートルのサナダムシは必見だ。寄生されたらと思うと恐ろしいが、ついじっくりと見入ってしまう。オリジナルグッズや関連書籍を販売するミュージアムショップもチェックしたい。

Advertising
ミュージアム

相撲マニアになる。

icon-location-pin 両国

相撲博物館

国技館の1階にある相撲の博物館。1985年に、蔵前国技館から、両国国技館に移転した。ここでは、初代の相撲博物館館長が長年にわたって収集したという貴重な資料から、様々な企画展が開かれており、相撲の歴史を深く知ることができる。錦絵や番付、化粧まわしなど、普段は間近で見ることのできない展示物も多く、相撲ファンは必見だ。

子どもと一緒に

宇宙は絵本で学ぶ。

icon-location-pin 三鷹

三鷹市 星と森と絵本の家

国立天文台の施設内にある児童図書館。緑の中に佇む大正時代の官舎を活用しており、館内には星、地球、森、植物、動物、人の6つのカテゴリーで収集された約3500冊の絵本が揃う。館内では、自然や科学への関心につながるワークショップなども開催している。規模は大きくはないが、文化を丁寧に守り育てている武蔵野コミュニティの温かみが感じられる。

Advertising
トラベル, インフォメーションセンター

東京の下町を観光する。

icon-location-pin 浅草

浅草文化観光センター

浅草、雷門前にある台東区の観光案内施設。「探せる・見せる・支える」をコンセプトに、台東区を訪れる人に役立つ情報やサービスを提供している。日本語、英語、中国語、韓国語に対応した観光案内カウンターをはじめ、チケット販売、外貨両替などのサービスも提供。8階にある展望テラスからは、無料で浅草の街や東京スカイツリーが一望できる。隈研吾(くま・けんご)が手がけた設計にも注目したい。  

【絶景】

アトラクション, タワー&展望スポット

ソファー席から一望する。

icon-location-pin 三軒茶屋

キャロットタワー展望フロア

26階建てのビルの最上階に位置する、入場無料の展望フロア。約30のソファー席が置かれ、ベイブリッジなどをのんびりと望むことができる。展望レストランからは、東京タワーや、お台場などが良く見える。天気の良い日には、絶景を狙うカメラマンの姿も多い。

Tokyo Metropolitan Government Building Observatories
Photo: Tabea Greuner
アトラクション, 観光

都知事目線で見る。

icon-location-pin 新宿

東京都庁展望室

都政への理解と関心を深めることを目的に、無料で開放されている都庁展望室。地上202mの高さから東京の街を眺めることができ、特に、夕方から夜にかけての眺望は格別だ。天気のよい日には西方面に富士山を眺めることもできる。23時まで開いているので、会社帰りに立ち寄ることも可能だ。なお、南展望室は都庁舎改修工事に伴い、2019年4月8日(月)まで休室中なので注意しよう。

Advertising
映画館, インディペンデント系映画館

360度を見渡す。

icon-location-pin 江戸川区

タワーホール船堀

船掘駅から徒歩3分の場所にある多目的施設。書店や映画館、レストランなどが入る。おすすめは無料で入れる高さ115mの展望室。360度の大パノラマで、都内全域が一望できる。21時30分まで営業しており、夜景は、遠方に光るスカイツリーや、広大な荒川に架かる高速の明かりがロマンチックだ。

【工場見学】

子どもと一緒に

プロの仕事をのぞく。

icon-location-pin 羽田空港

ANA機体工場見学

日本が誇る航空会社、全日本空輸(ANA)による無料の機体工場見学ツアー。ツアーでは、講堂でビデオ視聴や、ANAに関するクイズなど楽しんだ後、実際の航空機を見に、格納庫へ入ることができる。東京ドームの1.8倍という巨大なスペースに機体が並ぶ光景は迫力満点だ。見学は1日4回実施され、所要時間はおよそ90分。写真撮影も可能だ。大変人気のツアーのため、参加1週間前までにウェブサイトから予約申請しよう。

Things to do

中村屋の中華まんを食べる。

icon-location-pin 埼玉

中華まんミュージアム

埼玉県入間市にある、日本初の中華まんミュージアム。ここでは、新宿中村屋の中華まんを作る工場が、無料で見学できる。1日に約40万個が作られるという製造ラインやキッチンなど、全4エリアで「見る、聞く、触る、味わう」と、五感で中華まんについて学べる施設だ。全体を回る所要時間は90分ほど。説明パネルやゲームなどもあり、子ども連れにもおすすめだ。同工場内で生産されている中華まんとあんまんのセットが土産としてもらえるのもうれしい。

Advertising
ミュージアム

マヨラーになる。

icon-location-pin 仙川

マヨテラス

京王線仙川駅からアクセスの良い、キューピーの体験型見学施設。かつての仙川工場を、2011年に研究とオフィスの複合施設にリニューアルした。1階部分が見学施設として開放されており、マヨネーズの知られざる歴史から、商品にまつわるトリビア、役立つレシピまで、食卓の名脇役として愛され続けているマヨネーズのすべてを、楽しみながら学ぶことができる。

アトラクション

伝説のボトルの秘密を探る。

icon-location-pin 多摩地域

コカ・コーラ 多摩工場

コカ・コーラ多摩工場では、無料でドリンクの製造ラインが見学できる。館内にはクイズコーナーや、インスタスポット、パネル展示などもあり、存分にコカ・コーラの世界観を堪能できる内容。見学後には、できたての冷たい『コカ・コーラ』も楽しめる。見学ツアーは予約制で、2カ月前〜5日前までに電話かウェブサイトから申し込みが必要。人気が高いため、実施は先着順となっている。  

Advertising
アトラクション

プレモルを飲み干す。

icon-location-pin 府中

サントリー武蔵野ビール工場

府中市にあるサントリーのビール工場では、無料で一般客向けの見学ツアーを行っている。ビールができるまでの製造工程を見学した後には、サントリーの人気商品『ザ・プレミアム・モルツ』などの試飲もできる。ツアーは10時から15時15分までの間、30分ごとに実施されており、見学には2名以上が必要だ。また、施設内では『ザ・プレミアム・モルツ講座』も開かれており、ビール醸造技師長おすすめのつまみと併せて『ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉』の試飲ができる。臨時休業などもあるため、ウェブサイトを確認しよう。

ミュージアム

エビスファンになる。

icon-location-pin 恵比寿

エビスビール記念館

恵比寿ガーデンプレイス内にある、『エビスビール』のアミューズメント施設。2020年には130年を迎える『エビスビール』の誕生から現在に至るまで、ブランドのすべてが分かる貴重な資料や映像が閲覧できる。記念館を出た後には、一杯飲みたくなること請け合いだ。入場は無料だが、テイスティングは有料となる。  

Advertising
アトラクション

森永を飲み比べる。

icon-location-pin 多摩地域

森永乳業多摩サイト(東京多摩工場)

森永乳業多摩サイトでは、無料の工場見学が実施されている。スタッフから製造工程などに関する説明を聞いた後、大きなガラス窓の見学通路から、製品が実際に作られる様子を見ることができる。オプションの体験コースでは、チーズ作りや、風味パネルマイスター体験なども可能。見学予約は5人から。希望日の5日前までにウェブサイトから申し込もう。

お財布に余裕があるときは!

レストラン

東京、鮨10選

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、鮨10選 Text by MASUYAMA ハイエンド鮨屋の評価はなかなか難しい。それは「親方のキャラ」が、店の印象をトータル的に決めてしまうからだ。仮に、まったく同じ食材、調理法、金額の鮨屋が2軒あるとして、1軒には明石家さんまのようなトークの親方、もう1軒は高倉健のような親方がいるとしたら、あなたはどちらを選ぶだろうか?鮨屋というのは世界でも類を見ない「シェフと食材や調理法の相談をしながら食事をする店」であり、今風の表現をすれば、すべてのハイエンド鮨屋は「シェフズテーブル」なのである。客がその店を気に入るかどうか、究極には相性と言うしかない。 とはいえ、それでは「東京の鮨屋 10選」などいつまでたっても選ぶことはできないので、ここでは次の3点を意識して選んだ。・超高額店ではないこと飲み物別で、1人前税込み2万円以上かかる店は「超高額店」と言っていいだろう。1人あたり平均3万円の店と1万の店を並列に語るのは、客単価800円のラーメン店と2,500円の高級中華ランチを比べるようなものである。・ミシュラン掲載店ではないことこれはシンプルに、有名店の羅列では情報として面白みがないし、点数や星など、数値的な評価に対するささやかな違和感の表明でもある。・親方のキャラに個性があること鮨屋の印象を決めるのは親方のキャラクターである。伝統を重んじるのか、意外性を打ち出すのか。シャリへのこだわりは?飲み物の品揃えは?など、オーナーシェフである場合は、店の場所選びから値付け、サービスにいたるまで、ほぼすべてが親方のキャラだと言っていいだろう。私にとって、鮨屋の楽しみは「親方を楽しむ」ことでもあるのだ。

Advertising