石岡瑛子 映画『白雪姫と鏡の女王』(ターセム・シン監督、2012年)衣装デザイン        ©2012-2020 UV RML Films dba Relativity Media. All Rights Reserved. 石岡瑛子 映画『白雪姫と鏡の女王』(ターセム・シン監督、2012年)衣装デザイン        ©2012-2020 UV RML Films dba Relativity Media. All Rights Reserved.
石岡瑛子 映画『白雪姫と鏡の女王』(ターセム・シン監督、2012年)衣装デザイン ©2012-2020 UV RML Films dba Relativity Media. All Rights Reserved.

東京、正月に行ける展覧会

東京都現代美術館、森美術館、エスパス・ルイ・ヴィトンなど年始に開館している美術館

作成者: Time Out Tokyo Editors
Advertising

タイムアウト東京 > カルチャー >東京、正月に行ける展覧会

東京の正月は、おせちを食べたら後はNetflixざんまい……ではもったいない。暇を持て余しそうなら、美術館巡りの計画を立ててみてはどうだろうか。本記事では、都内にある2021年1月5日までに開催されている展覧会を紹介する。コロナ禍のためなかなか観に行きにくいだろうが、万全の感染対策の上、訪れてもいいかもしれない。

美術史に残る作品を実見する

江戸のエナジー
江戸のエナジー
重要文化財「四条河原遊楽図屏風」 江戸時代(17世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】

江戸のエナジー 風俗画と浮世絵

アート 静嘉堂文庫美術館, 二子玉川

多数の初公開作品を含む肉筆浮世絵や浮世絵版画を見せる展示が静嘉堂文庫美術館で開催。肉筆浮世絵には、明治末期出版の豪華画集で日本を代表する名品として掲載された作品が、浮世絵版画にも公開の機会に恵まれなかった名品を多数含む。

重要文化財『四条河原遊楽図屏風』や修理後初公開の英一蝶『朝暾曳馬図』など静嘉堂を代表する名品、鈴木春信や鳥居清長などの浮世絵版画、そして西川祐信や勝川春章といった著名な絵師の初公開肉筆画も目にすることができる。

日本美術が注目を集めて久しいが、初公開の作品をまとめてみる機会はめったにない。これらの作品を生み出した江戸のエナジーを、実際に訪れて感じ取ってみては。

石岡瑛子 ポスター『西洋は東洋を着こなせるか』(パルコ、1979年) アート・ディレクション 
石岡瑛子 ポスター『西洋は東洋を着こなせるか』(パルコ、1979年) アート・ディレクション 
石岡瑛子 ポスター『西洋は東洋を着こなせるか』(パルコ、1979年) アート・ディレクション 

石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか

アート 東京都現代美術館, 清澄

アートディレクターやデザイナーとして世界で活躍してきた石岡瑛子の、世界初の大回顧展が開催される。

石岡は、マイルス・デイヴィスのアルバム『TUTU』のパッケージのアートディレクションや、『シルク・ドゥ・ソレイユ』の衣装デザインなどを手がけ、1993年には映画『ドラキュラ』のアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞した。本展覧会は3部構成となっており、名だたるクリエーターたちと切磋琢磨(せっさたくま)しつつ、時代や民族、ジェンダーを超えた、オリジナリティーあふれる未知の視覚領域をデザインしてきた石岡の軌跡をたどる。

映画衣装やポスターなど世界各地から集められた作品や、石岡のデザインプロセスの秘密を探るヒントとなる膨大な資料が見どころだ。情熱に満ちた美しいデザインに圧巻されること間違いないだろう。

Advertising
企画展「和宮 江戸へ -ふれた品物 みた世界-」
企画展「和宮 江戸へ -ふれた品物 みた世界-」
企画展「和宮 江戸へ -ふれた品物 みた世界-」

企画展「和宮 江戸へ -ふれた品々 みた世界-」

アート 東京都江戸東京博物館, 両国

徳川14代将軍、家茂の正室として公家から嫁いだ和宮が使用した品々の展覧会が開催。仁孝天皇の皇女で孝明天皇の皇妹である和宮は、大奥の生活習慣において、武家風と御所風の和合に努めた。

本展では、徳川宗家に伝来する調度品をはじめ、孝明天皇から和宮が拝領した銀製品、和宮直筆の和歌や消息など、和宮が実際に見たり触れたりしたさまざまな作品を展示。和宮の内面や暮らしぶりを感じることができるだろう。

TUMABIKI(『櫻さく嶋 春のかはたれ』口絵) 
TUMABIKI(『櫻さく嶋 春のかはたれ』口絵) 
TUMABIKI(『櫻さく嶋 春のかはたれ』口絵) 

夢二が愛した日本 ―桜さく国のボヘミアン―

アート 弥生美術館 竹久夢二美術館, 根津

大正ロマンの画家として知られる竹久夢二の作品の魅力に迫る展覧会が開催。

夢二は、女性の姿を日本画の技法で描いた「夢二式美人画」で有名だが、洋画技法も作品に取り入れ、和と洋の要素が絶妙なバランスであることが評価されている。

本展では、今の日本には失われつつある、まるで「夢の国」のような日本の伝統美や、夢二ならではの「旅人」としての視点から捉えた日本の姿を再認識することを試みる。日本の古典文学やわらべ歌、四季の風物など、さまざまな要素が反映されている作品から、当時の風情を感じてもらいたい。

なお、入館にはオンラインによる事前予約が必要。

アーティストの目線に立ってみる

生きている東京
生きている東京
デイヴィッド・ハモンズ「ワン・ダラー」2016年

生きている東京展

アート ワタリウム美術館, 原宿

アーティストが見た30年間から東京を再考する展示が、開館30周年を迎えるワタリウム美術館で開催。本展は、パンデミックで世界規模の変化が続く中、東京からさまざまなアートが生み出されてきたことを背景に構想された。

島袋道浩、ジェイアール(JR)、ナムジュン・パイク、寺山修司ら12人の作品や未公開ドキュメントを紹介。さらにゲストアーティストとして会田誠、渡辺克己、SIDE COREを迎える。

アートは生まれた時代と切り離せないもの。美術館にとっても世界にとっても、特別な意味を持つ一年を振り返ろうとする同館の姿勢に寄り添ってみては。

和田夏実「Visual Creole」
和田夏実「Visual Creole」
和田夏実「Visual Creole」

トランスレーションズ展 −「わかりあえなさ」をわかりあおう

アート 21_21 DESIGN SIGHT, 六本木

人と人、人と事物をつなげる「翻訳」の可能性を探る展覧会が開催される。

本展には、ぬか床の中に住む無数の微生物たちの発酵具合を音声に翻訳するロボットや、音の特徴を振動と光によって身体に伝えるインタフェース、視覚言語としての手話の世界を探る映像作品などが登場。分かり合えないはずの他者同士が、「誤解」や「誤訳」が生じながらも、「翻訳」を通じて心を通わせる面白さに迫る。

言葉だけではない、多様なコミュニケーションの魅力に注目してほしい。

なお、開館時間や入場方法などは変更となる場合もあるため、詳細は公式ウェブサイトで確認してほしい。

キュレーターの選球眼を吟味する

New Ocean: thaw
New Ocean: thaw
New Ocean: thaw

New Ocean: thaw

アート エスパス ルイ・ヴィトン東京, 表参道

アメリカ人アーティスト、ダグ・エイケンの没入型インスタレーションを紹介する展覧会が、エスパス ルイ・ヴィトン東京で開催。

本展では、これまで未公開のフォンダシオン ルイ・ヴィトン所蔵作品である、視覚的知覚の境界を超えた、逆説的に抽象的なエイケンのインスタレーションを展示。19世紀のパノラマで表現されたようなアラスカの自然の広大さを表現した作品を通じて、気候変動や大災害、氷河融解について考察する。

迫力満点の作品に圧倒されること間違いなし。写真や彫刻から映画、サウンドまで多岐にわたる作品を生み出す彼の感性にも注目したい。なお、イベントの詳細ページは準備中だ。

Inside the Collector’s Vault 解き放たれたコレクション
Inside the Collector’s Vault 解き放たれたコレクション
Inside the Collector’s Vault 解き放たれたコレクション

Inside the Collector’s Vault 解き放たれたコレクション

アート ワット, 天王洲

現代アートのコレクターズミュージアム、ワット(WHAT)のオープニング記念イベントが開催される。ワットは寺田倉庫がコレクターから預かり保管する、貴重なアート作品を展示する芸術文化発信施設。本展では、精神科医で現代アートコレクターの高橋龍太郎と実業家で投資家のA氏が、それぞれの視点、価値観で収集した約70点のコレクションを展示する。難しいと思われがちな現代アートの魅力を気軽に味わおう。

なおワットでは本展のほか、15人の文芸家が建築をテーマに言葉を紡ぐイベント『謳(うた)う建築』が同時開催される。

Advertising
中島佑太《あっちがわとこっちがわをつくる(旅行に行くならイタリアか北海道か)》2015年 撮影:加藤甫
中島佑太《あっちがわとこっちがわをつくる(旅行に行くならイタリアか北海道か)》2015年 撮影:加藤甫
中島佑太《あっちがわとこっちがわをつくる(旅行に行くならイタリアか北海道か)》2015年 撮影:加藤甫

MOTアニュアル2020 透明な力たち

アート 東京都現代美術館, 清澄

東京都現代美術館による、若手作家の作品を中心に現代美術の一側面を切り取り、問いかけや議論の始まりを引き出すグループ展が開催。

16回となる本展では、人や物を動かしている不可視の力の作用に着目し、そのメカニズムを再構築しようと試みる5組のアーティストが参加。アートとテクノロジーの領域で活動するアーティストGoh Uozumiや、ワークショップや遊び的な活動を通じて日常の中の「当たり前」を再構築する中島佑太、ミクロとマクロの世界の美しさを可視化する清水陽子などの、さまざまなメディアを使ったアート作品やインスタレーション作品が並ぶ。

目に見えないところでさまざまな要因が複雑に重なり合ってできている、この世界の構成が垣間見られるだろう。

ペーテル・パウル・ルーベンス  《眠る二人の子供》 1612-13年頃 油彩、板 50.5×65.5㎝ 国立西洋美術館蔵
ペーテル・パウル・ルーベンス  《眠る二人の子供》 1612-13年頃 油彩、板 50.5×65.5㎝ 国立西洋美術館蔵
ペーテル・パウル・ルーベンス 《眠る二人の子供》 1612-13年頃 油彩、板 50.5×65.5㎝ 国立西洋美術館蔵

眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで

アート 東京国立近代美術館, 竹橋

美術史上の名作から現代アートに至るまでの多様な「眠り」の表現を読み解く展覧会が、東京国立近代美術館で開催。

目を閉じる表現は、単なる癒やしや休息の意味だけでなく、夢と現実、生と死、意識と無意識など、大きな意味の広がりを持つ。本展覧会では、ルーベンスやゴヤ、内藤礼、塩田千春など古今東西のアーティスト33人による約120点の展示作品を通じ、さまざまな社会問題に直面する現代人に投げかけるものは何かを考察する。

心の安らぎを求め、展覧会に足を運んでもらいたい。

自宅でもアートと戯れる

速水御舟《名樹散椿》【重要文化財】(部分)
速水御舟《名樹散椿》【重要文化財】(部分)
速水御舟《名樹散椿》【重要文化財】(部分)

おうちで日本画

アート 山種美術館, 広尾

現在臨時休館中の日本画専門美術館である山種美術館が、自宅にいながら日本画に親しめるオンラインサービスの提供をスタート。

オンライン会議の背景などに使える山種美術館所蔵の作品画像を無料配信しているほか、5月21日から田能村直入『百花』(部分)が塗り絵となって配信されている。原画と自分が塗った作品とを見比べてみるのも一興だ。

また、同館のTwitterやSNSでは12時と17時の1日2回、所蔵している名品の紹介も行っている。この機会に日本画の造詣を深めてみてはいかがだろう。

配信終了の日程は未定だが、背景画像や塗り絵のダウンロードは少なくとも今年度中は続行される予定だ。

ほかにもアート情報を知りたいなら

Photo: Keisuke Tanigawa
Photo: Keisuke Tanigawa

現代アートを身近に、寺田倉庫がコレクターズミュージアムを開設

ニュース アート

2020年12月12日(土)、日本最多のギャラリー数を誇るテラダ アート コンプレックス 2や、運河沿いの水上ホテル、2021年1月にはギャラリー専用の美術品保管サービスのギャラリー デポの誕生などアート界で躍進を続ける寺田倉庫が、現代アートのコレクターズミュージアムを新たにオープン。ここでは天王洲をアートの一大拠点として、また、現代アートの価値と魅力を広く伝えるための新施設を紹介する。

 

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020
Photo: Keisuke Tanigawa

ヨコハマ・パラトリエンナーレ6年間の集大成が開幕

ニュース アート

2020年11月18日、障害がある人をはじめとする市民と、アーティストなどの多様な分野のプロフェッショナルによる、現代アートの国際展『ヨコハマ・パラトリエンナーレ』のコア(発表)期間が始まった。

本展は2014年に始まり、2017年の会期を終え今年で最終回。コロナ禍での試みで、開催終了の11月24日(火)まで、ほぼ全てのプログラムを公式ウェブサイトから公開。出典作家や参加者750人をはじめ、会場に来られない人を含めてより多くの人が楽しむことができるよう、オンラインとリアルが融合したステージが繰り広げられる。

 

Advertising
村上隆
村上隆 《お花の親子》Haha Bangla Manus 2020年 素材:ブロンズ・金箔(きんぱく) サイズ:高さ1,000.1cm・幅647.1cm・奥行465.5cm

村上隆の10メートルの金色新作彫刻が六本木ヒルズ前に登場

ニュース アート

2020年11月26日、六本木ヒルズ前の66プラザで、現代美術アーティスト村上隆による金色に輝く新作彫刻作品『お花の親子』が公開された。高さは約10メートルという巨大さで、コロナ禍にあっても六本木ヒルズからアートの力で元気や希望を世界に届けようという思いから、設置に至ったという。

森谷真理
森谷真理

ソプラノ歌手、森谷真理がオペラにかける思い

アート

 

日本を代表するソプラノ歌手の一人、森谷真理。28歳でオペラの殿堂、メトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera House、以下MET)デビューを果たし、欧米で活躍後、昨年帰国。同年11月に『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』で国歌を独唱して改めて注目された。その彼女が、日生劇場の『ルチア~あるいはある花嫁の悲劇~』に主演する。当初上演予定だったオペラ『ランメルモールのルチア』を90分に凝縮して送る舞台だ。新たな公演を前に聞く、森谷の歌手人生と今の思いとは。

 

Advertising
Photo: Intermediatheque
Photo: Intermediatheque

東京、無料で入れる美術館・博物館16選

アート

無料で美術館やギャラリーが東京には一定数ある。今回セレクトするのは、質の高い国内外の作家を紹介する資生堂ギャラリーや明治期洋画の重鎮、黒田清輝の作品を展示する黒田記念館から、目黒寄生虫館やおりがみ会館といった変わり種まで16館だ。

会館時間が変更になっている場合もあるので、事前に公式ウェブサイトを確認してから訪れてほしい。

おすすめ

    関連情報

      Advertising