バーガーポリス1/5
Photo: Keisuke Tanigawa
ラブピースクラブ ラフォーレ原宿店2/5
Photo: Kisa Toyoshima
ディスクユニオン ロックイントーキョー3/5
ディスクユニオン ロックイントーキョー
カクテル居酒屋 ゑすじ郎(Photo:Keisuke Tanigawa)4/5
カクテル居酒屋 ゑすじ郎(Photo:Keisuke Tanigawa)
堀内果実園(Photo:Kisa Toyoshima)5/5
堀内果実園(Photo:Kisa Toyoshima)

ゴールデンウィークに行くべきニューオープン15選

2021年1月から4月にオープンした、今東京で行くべき店

Advertising

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ>ゴールデンウィークに行くべきニューオープン15選

毎月新店舗がオープンし、目まぐるしい変化をし続けている東京は、常に見逃せない情報であふれている。せっかくの休みをのんびり過ごすのもいいが、ここでは最新の店を追い掛けたいと思う人や、ゴールデンウィークに東京を訪れたのならチェックしたい、2021年1月から4月にオープンした新店を紹介する。

 

ハブモアカレー
Photo: Kisa Toyoshima

異国にトリップする。

ニュース レストラン

代官山 ハブモアカレー

※2021年3月10日オープン

「野菜とスパイスとインド飯」をコンセプトにした滋味深いカレー定食を提供するハブモアカレーが、表参道から渋谷区猿楽町に移転。プレオープン時からカレーマニアの間で話題を集めていたが、実際に足を運んでみるとその理由がよく分かるだろう。

以前の店舗から少し変わり、2種のカレーとライスのセットが2パターンに増え、『野菜カレーと豆カレーのセット』(1,000円)と『チキンカレーと豆カレーのセット』(1,100円)が選べるようになった。アラカルトやデザートもこれから充実していく予定とのことで、楽しみ方の幅が大きく広がりそうだ。

TokiiRo
TokiiRo

自分色の時計を作る。

ニュース シティライフ

トキイロ

※2021年3月11日オープン

カラフル、レトロ、かわいいをテーマにした文具と時計、雑貨の店、トキイロ(TokiiRo)表参道店がオープンした。時計専門店、タイムステーションNEOのナカザワが運営。同店ただ商品が陳列してあるではなく、「カラフルでわくわくする」気持ちにさせてくれる、色を楽しむ体験コーナーが設置されている。 

Advertising
バーガーポリス
Photo: Keisuke Tanigawa

シンプルバーガーにかぶりつく。

ニュース レストラン

バーガーポリス

※2021年2月28日オープン

グルメをうならせるハンバーガーショップ、バーガーポリスBurgerPOLICE)がグランドオープンした。場所は都立大学と学芸大学の中ほどの碑文谷警察署隣にあり、店名の由来はこの立地からとったもの。イタリアンの名店、TACUBOオーナーの新店だけあって、プレオープンから予約や問い合わせが絶えなかったそうだ。

看板メニューの『塩バーガー』(1,980円)や『プレミアム塩バーガー』(3,520円)は、オーダーが入ってから手切りしたサーロインのパテを焼き上げた贅沢なメニューだ。ナチュールワインと合わせて注文しよう。

ディスク ユニオン ロックイントーキョー
Photo: Kisa Toyoshima

ロックに心酔する。

ニュース 音楽

ディスクユニオン ロックイントーキョー

※2021年3月17日オープン

ロック好きに朗報だ。CDやレコードを取りそろえるレコードショップ、ディスクユニオン初の大型ロック専門店が、渋谷のヒューリックアンドニュー宇田川(HULIC &New UDAGAWA)にオープンした。総在庫数5万点以上もの大型店舗には、国内外問わず幅広いロックミュージックがそろっている。

Advertising
エトセトラブックス
Photo: Keisuke Tanigawa

フェミニズムを学ぶ。

ニュース スタイル&ショッピング

エトセトラブックス

※2021年1月14日グランドオープン

マガジン『エトセトラ』をはじめ、フラワーデモを記録した書籍など、フェミニズムに関するさまざまな本の出版を行うエトセトラブックス実店舗

壁一面の棚にはエトセトラブックス出版書のほか、国内外のフェミニズム専門書、小説、コミック、児童書などが並ぶ。一部古書もあり、これまでにオンラインショップで販売されていたオリジナルグッズも店頭で購入できる。

also
Photo: Keisuke Tanigawa

台湾気分を味わう。

ニュース レストラン

also

※2021年2月13日オープン

近年、東京でも注目の台湾フード。八角の香りとトロトロの豚肉がたまらない魯肉飯(ルーローハン)や、大きな唐揚げ『大鶏排(ダージーパイ)』など、ブームは絶えない。そんな台湾のストリートフードと、新鮮なクラフトビール、ナチュールワインが楽しめるalsoオルソー)が、文京区白山にオープン。神楽坂の人気店、フジ コミュニケーションの姉妹店だ。

Advertising
Photo:The Little BAKERY Tokyo
Photo:The Little BAKERY Tokyo

ガーリーなパンを買いに行く。

ニュース レストラン

ザ リトル ベーカリー トーキョー

※2021年2月移転オープン

原宿にある、ザ リトル ベーカリー トーキョー(The Little BAKERY Tokyo)が、移転に伴い、イートインスペースを増設、ベーカリーカフェとしてリニューアルオープンした。

移転先はこれまであった場所から徒歩1、2分足らず。つい引き込まれてしまう、かわいらしい外観も健在だ。タイル張りの床や花柄の壁紙、アメリカで買い付けてきたインテリアを配するなど、ガーリーでレトロな店内は、まるでブルックリンのベーカリーカフェに迷い込んでしまったかのような錯覚を覚える。

カクテル居酒屋 ゑすじ郎(Photo:Keisuke Tanigawa)
カクテル居酒屋 ゑすじ郎(Photo:Keisuke Tanigawa)

カクテル居酒屋で酔う。

ニュース ナイトライフ

ゑすじ郎(SG LOW)

※2021年2月10日オープン

国内外でバーを運営するSGグループが「カクテル居酒屋」という初の業態となる店舗。世界大会優勝経験を持つバーテンダーであり、同グループの代表である後閑信吾は、「SGグループが居酒屋を手がけたらどうなるか」という命題を、内装やメニューに落とし込んだという。 

バーで楽しめるという新しいコンセプトのオリジナル本格焼酎『The SG Shochu(KOME)』と自家製のオーガニックのレモンコーディアルシロップで作った『本気のレモンサワー』(900円)、『ホッケの代わり』(1,000円)は金華サバ、すでに名物として君臨している『雲丹とボーンマローの混ぜ麺』(2,200円)など気になるメニューをチェックしよう。

Advertising
ラブピースクラブ ラフォーレ原宿店
Photo: Kisa Toyoshima

プレジャーアイテムを選ぶ。

ニュース スタイル&ショッピング

ラブピースクラブ ラフォーレ原宿店

※2021年3月26日オープン

フェミニストマガジンとフェムテックを扱うラブピースクラブの実店舗が、ラフォーレ原宿の地下1階にオープンした。

生理用の吸水パッドとショーツが一体型の『ムーンパンツ』や、フェムテックのプレジャーアイテム、棚にずらりと並んだフェミニズム関連の書籍など、興味が尽きない。一人でももちろんのこと、友人や恋人、家族と原宿に来たらぜひ訪れてみてほしいショップだ。

堀内果実園(Photo:Kisa Toyoshima)
堀内果実園(Photo:Kisa Toyoshima)

みずみずしいフルーツにほれ込む。

ニュース シティライフ

堀内果実園 ソラマチ店

※2021年3月19日オープン

奈良、吉野の山の中にある広大な山々で果樹を専門に栽培する堀内果実園が、東京スカイツリー ソラマチにカフェをオープンした。4号店となるこの直営店は、東京ではカフェを併設した初の店舗だ。

堀内果実園が自家栽培するフルーツを中心に、果物をおいしく味わえるベストタイミングを見分けて提供するスイーツやサンドイッチ、バナナやパイナップルなど自社農園以外のフルーツもおいしさにこだわり、最高級のものを仕入れている。

Advertising
道玄坂カフェ
Photo: Kisa Toyoshima

CBDでくつろぐ。

ニュース シティライフ

道玄坂カフェ

※2021年3月10日グランドオープン

宇田川カフェの町名コンセプトカフェの3店目として、道玄坂の中ほどにオープン。真っ赤な外装が目印で、宇田川カフェ系列店では初となる看板メニューの『CBD 珈琲』(990円)は、CBD含有率5%のオイルをドロップインしたコーヒー。『カフェインレス珈琲』(990円)や、『カフェラテ』(1,045円)のほか、CBDオイルを使ったガトーショコラなどのスイーツもそろう。

偏愛ショッピング
偏愛ショッピング

偏愛フードにハマる。

ニュース スタイル&ショッピング

偏愛ソロショッピング

※2021年4月3日オープン

ソロだからこそ深みに触れられる。何かに没頭したことがある人なら、うなずいてしまう感覚ではないだろうか。

文京区向丘にあるレストランキッチン、ことことぶきの無人販売所内でオープンした同店は、菜食だしを販売する椎茸祭社と、全国のあらゆる種類の柑橘(かんきつ)を取り扱うみかん社、青山ブックセンター本店による無人店舗企画だ。

店舗限定の『おいしい椎茸だし』や『鍋だし』(各500円)のほか、開店記念としてみかん社が運営する柑橘(かんきつ)のサブスクリプションサービス『柑味(KAN-MI)』など、気になるものを探ってみよう。

Advertising
くずねるや
Photo: Kisa Toyoshima

くずスイーツに癒やされる。

ニュース レストラン

くずねるや

※2021年2月5日オープン

世田谷区奥沢は、カフェやショッピングでにぎわう自由が丘の隣駅にありながら、のどかで落ち着いた魅力がある街。そんな奥沢に、本葛(ほんくず)専門店、くずねるや(kudzuneruya)がオープンした。元青果ミコト屋のスタッフを務めていた店主が手がける『葛ゆ』をはじめ、本葛のスイーツが楽しめる店だ。

2種類の蜜が選べる『葛もち』『葛きり』(各770円)はもっちりと透明で、口に入れると柔らかく舌になじむ食感が特徴。提供から数分ほどで透明感や食感が変化していくため、出来たてを楽しんでほしい。

courtesy of Gucci
Courtesy of Gucci

グッチのレストランに行く。

ニュース スタイル&ショッピング

グッチ並木

※2021年4月29日オープン

イタリアのファッションブランド『GUCCI(グッチ)』が、銀座で2店目のフラッグシップショップとなる、グッチ並木をオープン。 同店は、1964年に『GUCCI』が初めて日本で店舗を構えた地である並木通りに位置し、独自のコンセプトで厳選したアイテムと日本初のオーダーメイドサービスのほか、レストランが併設する店舗になる。

オープンを記念して、長年にわたり『GUCCI』とコラボレーションをしてきた絵本作家のヒグチユウコがオリジナル作品を描き下ろした限定コレクションの発売に加え、ヒグチユウコによるアートワークが並木通りに面したファサードを飾っている。 

Advertising
Louis Vuitton Ginza
© AS Co. Ltd.

銀座で休憩する。

ニュース シティライフ

ルイ・ヴィトン 銀座並木通り店

※2021年3月20日オープン

3年間の改装期間を経てリニューアルオープンを迎えるルイ・ヴィトン 銀座並木通り店に、レストラン&カフェ、ル・カフェ・ヴィー(LE CAFÉ V)が開店。2020年には、大阪に世界初のルイ・ヴィトンのレストラン&カフェがオープンし話題となったが、続いて今回は世界で2番目の店舗となる。

ゴールデンウイークを満喫するなら……

Photo by Jakob Owens on Unsplash
Photo by Jakob Owens on Unsplash

ゴールデンウィークに行くべき映画イベント3選

映画

待ちに待ったゴールデンウィークがやってくる。今年も野外映画祭やドライブインシアターなど、この時期ならではの映画イベントが開催される。ここでは、新型コロナウイルスの影響で、遠出の旅行をするのを諦めたという人にもおすすめしたい、東京近郊で開催されるイベントを紹介する。映画を観て、つかの間の非日常を味わい、脳内トリップに飛び立とう。

カリブ・ラテンアメリカストリート
カリブ・ラテンアメリカストリート

東京、この春行きたい海外グルメフェスティバル5選

Things to do

心地よい陽光が降りそそぎ、新緑が芽吹く、野外へレジャーに出かけるにはぴったりな季節がやってきた。昨年の今頃は、あらゆるフードイベントが中止になり、海外への渡航も制限され、旅好きにはつらい一年となっただろう。

この春は、異国の料理やカルチャーをオープンエアで楽しめるグルメフェスティバルで、海外旅行をしている気分を味わってみては。ここでは、大人気の台湾グルメを堪能できるイベントや、110種のベルギービールがそろう恒例のビールフェスなど、注目のイベントを紹介する。

Advertising
渋谷区立北谷公園
Photo: Kisa Toyoshima

渋谷区立北谷公園を満喫する5のこと

Things to do

渋谷区初のPark-PFI公園(飲食や売店などの施設を設置し、その収益で環境を整備する公園)としてリニューアルオープンした渋谷区立北谷公園。渋谷公園通りの北側に位置するこのスポットには、2021年4月1日のオープン以降、多くの人が足を運び、ゆったりとした時間を過ごしている。「-YOUR CANVAS PARK- 公園で描く自分色」をコンセプトとした空間を、これから存分に満喫するための5つの方法を紹介する。

京王閣競輪場
レース画像(イメージ)

京王閣競輪場でしかできない6のこと

Things to do

京王線京王多摩川駅から徒歩3分の場所に、京王閣競輪場はある。1949年に開業した競輪場だが、実は場内にはレースを楽しむ以外にも、初心者ガイダンスコーナー、イベント広場、キッズルームなどがあり、多様な楽しみ方ができる。

そんな京王閣競輪場の知られざる名物であるモツ煮の食べ比べや、はしご酒スポットなど、おすすめのスポットを6つ紹介する。開場は全国の競輪場でレースがある日のみ。同競技場でレースがある時間帯は入場料(1人50円)がかかるので注意しよう。

Advertising
おすすめ

    関連情報

      Best selling Time Out Offers
        Advertising