ゴールデンウイークに行くべきニューオープン15選

2019年1月から4月にオープンした、今東京で行くべき店

作成者: Mari Hiratsuka |
Advertising

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ>ゴールデンウイークに行くべきニューオープン15選

毎月新店舗がオープンし、目まぐるしい変化をし続けている東京は、常に見逃せない情報であふれている。せっかくの休みをのんびり過ごすのもいいが、ここでは最新の店を追い掛けたいと思う人や、ゴールデンウィークに東京を訪れたのならチェックしたい、2019年1月から4月にオープンした新店を紹介する。

 

レストラン

ハワイ気分で焼肉を味わう。

icon-location-pin 六本木

焼肉 冷麺 ユッチャン

※2019年1月18日オープン

六本木に、ハワイで人気の焼肉 冷麺 ユッチャンがオープン。看板メニューは、シャーベットの様な半凍りのスープとツルツルもっちり食感の麺が特徴の『葛冷麺』。そば粉と葛粉を使用したヘルシーな麺はハワイ店人気ナンバーワンも納得の味だ。さらには名店、焼肉 しみずで修業した降矢史耕が選ぶ、芝浦直送のホルモン焼肉も味わえる。予約必須の人気店。  

レストラン

喫茶店の家具を手に入れる。

icon-location-pin 西荻窪

村田商會

※2019年1月18日オープン

西荻窪から徒歩5分ほどの場所にある、家具の販売も行う喫茶店。オーナーの村田龍一は、大の喫茶店好きで、これまで1000店以上に足を運んだという強者だ。2015年よりオンラインで喫茶やキャバレー、民謡酒場など、昭和レトロを感じさせる家具を様々な縁から買い取り、販売を行ってきた。 村田商會(むらたしょうかい)がオープンしたきっかけは、同所で45年間営業していた喫茶店ポットが閉店した際に、村田が家具を引き取りに行ったこと。最終的には店自体も引き取ることになり、喫茶店のオープンに至ったそうだ。 ポットの面影を残す店内では、コーヒーはもちろん、ナポリタンやクリームソーダ、トーストのほか、瓶ビールなどアルコール類も楽しめる。家具屋でもあるため、喫茶店から買い取ったカップやカトラリー類、椅子やテーブルなどの販売もしている。 店を訪ねたら、コーヒーを静かに楽しむのもいいが、喫茶マニアのオーナーから、おすすめの店や、少し変わった店を教えてもらうのもいいだろう。

関連記事閉店した名喫茶の家具が買える? 村田商會が実店舗をオープン

Advertising
Things to do

社交場を覗く。

icon-location-pin 丸の内

東京會舘 本舘

※2019年1月8日リニューアルオープン

1922年、「世界に誇れる、人々が集う社交場」として皇居の目の前に誕生した東京會舘。建て替えのため、2015年1月31日より一時休館していたが、レストラン、バンケット、ウエディングを有する複合施設として生まれ変わった。レストランは、東京會舘を代表するフレンチ レストラン プルニエや、東京會舘のスペシャリテの中でもファンの多いローストビーフで知られるロッシニなど、8店舗が入居する。

ホテル

マンガに囲まれて眠りにつく。

icon-location-pin 竹橋

マンガアートホテルトーキョー

※2019年2月1日オープン

日本が誇る文化産業、マンガに注目するホテルが神保町にオープン。 5000冊のマンガに囲まれ、まるでマンガの洞窟に迷い込んだかのような一夜を過ごしてみよう。 ここ数年で増加してきたカプセルホテル。マンガアートホテルでは、ストーリーの面白さや作画の美しさなどの観点から選書したマンガが揃い、カプセルのなかで読書に没頭できる。旅行者だけでなく東京近郊在住の人も、いつもとは違う場所で一晩こもってみるなんてぜいたくな休日の使い方かもしれない。 

Advertising
ショッピング, パティスリー・洋菓子屋

大仏チョコを土産にする。

icon-location-pin 鎌倉

バニラビーンズ鎌倉店

※2019年2月7日オープン

横浜の人気チョコレートブランドが鎌倉に新店舗をオープン。 カカオ原産国とのフェアトレードにこだわり、食べる人も作る人も、カカオ原産国の人たちも笑顔になることを目指す。鎌倉店では、人々の幸せを願う大仏モチーフの商品が登場した。 カフェエリアにてドリンクを注文すると、プチスイーツとして1杯につき一つブッダチョコレートが付いてくる。キャラクターのように乱用される大仏様。チョコレートを食べてご利益が得られるかもしれない。

ナイトライフ, クラブ

話題の近未来空間で過ごす。

icon-location-pin 六本木

セル オクタゴン トーキョー

※2019年2月7日オープン

エイベックスが手掛ける注目の新ナイトスポット、セル オクタゴン トーキョー(Sel Octagon Tokyo)。 エンターテインメント、アート、食、テクノロジーを融合した多角的なアプローチで六本木の夜をにぎわせている。音響デザインの最高峰VOID社による超音波を使用した音響理論3D SOUNDを世界初導入。メインフロアのために調整されたオリジナルサウンドシステムで、8種の超音波を調合し、未知のサウンドが作られる。 エントランスには静脈認証を採用。万全なセキュリティーはもちろんのこと、一度登録しておけばエントランスフリーになる。静脈での決済も可能で、身分証や現金を持たなくても大丈夫。 また、国内クラブでは最大数となる10台のレーザーが配備され、鏡の反射とともにインスタ映えも間違いない話題の近未来空間だ。

Advertising
レストラン, カフェ・喫茶店

山谷の映画喫茶でまどろむ。

icon-location-pin 浅草

泪橋ホール

※2019年2月9日オープン

労働者の街として知られる山谷エリアに、映画を安価で見られる喫茶店がオープンする。こじんまりとした空間の泪橋ホールは、懐かしさを感じる昭和の映画やドキュメンタリーの上映のほか、ライブなども開催する。また、喫茶店なのに餃子が味わえるのも特徴だ。 オーナーの多田裕美子は、「高齢化が進んでいる同エリアに暮らす生活困窮者の楽しみのひとつとして、足を運んでくれたら」とオープンの動機を語っている。

レストラン, カフェ・喫茶店

スペシャルな1杯を求める。

icon-location-pin 中目黒

スターバックス リザーブ ロースタリー

※2019年2月28日オープン

焙煎所を併設したスターバックス コーヒーの新業態店、スターバックス リザーブ ロースタリーが、中目黒にオープン。シアトル、上海、ミラノ、ニューヨークに続く世界で5番目の店舗だ。1階がカフェとベーカリー、2階がティールーム、3階がバーになっており、4階のラウンジでは出荷用のコーヒー豆の袋詰めが行われているほか、ワークショップスペースも併設されている。テラス席もあり、眼下に目黒川を見渡すことができる。桜の季節には、最高の花見席になるだろう。1階フロアの奥のベーカリー、プリンチ(Princi)は、イタリア ミラノ発の世界を股にかける名店で、今回が日本初出店。コルネット(イタリア語でクロワッサンのこと)やフォカッチャピッツァなどが人気だ。

関連記事スターバックス リザーブ ロースタリーで体験できる5のこと

Advertising
アトラクション, 動物園&水族館

マイクロブタと出会う。

icon-location-pin 目黒

マイピッグカフェ

※2019年3月1日オープン

おしゃれな家具屋やレストランの並ぶ目黒通り沿いに、小さなマイクロブタと触れ合えるカフェが登場。 マイクロブタとは、ミニブタよりもさらに小さく改良されたペット用のブタのこと。マイピッグカフェにいるのは、まだ生後数カ月の子豚ばかり。トイレのしつけもしっかりされており、トイレシートまで行ってちゃんとできるのだ。ブタは綺麗好きと言うが、確かに納得。 ミニブタは成長すると100キログラムほどまで大きくなるのに比べ、マイクロブタは40キログラム前後だそう。とても人懐こくて愛らしい姿に、つい家に連れて帰りたくなってしまうこと間違いなし。

ヘルス&ビューティー, スパ

究極の癒しを堪能する。

icon-location-pin 多摩地域

スパジアムジャポン

※2019年3月5日オープン

東久留米市にある、15種類の風呂とサウナ、5種類の岩盤浴、3万冊の漫画が揃う、関東最大級の天然温泉。 平成の名水百選にも選ばれている東久留米の湧水と同じ水源を使用し、関東エリアでは珍しい透明度が高い温泉だ。また、三大美人泉質のひとつである炭酸水素塩泉を多く含むのが特徴。 100床を超える岩盤浴エリアはグランピング気分が味わえる内装に漫画や雑誌、専用カフェがあり、一日中いても時間が足りないくらいだ。 ほかにも、充実のフードメニューに加えてリラクゼーションコーナーも注目すべきポイントだ。有名ブランドの『Re.Ra.Ku』による通常ボディケアメニューのほかに、タイ古式マッサージやエステ、あかすりもある。 大型駐車場も完備されているので、遠方からでも日帰り旅行気分で癒されよう。

Advertising
Hiroko Murayama
レストラン

子どもとアートに浸るなら

icon-location-pin 清澄

100本のスプーン 東京都現代美術館内

※2019年3月29日オープン

子どもから大人まで大満足できる、人気ファミリーレストラン100本のスプーンが、東京都現代美術館内にオープン。子どもがいても「お洒落な場所でご飯が食べたい」という大人の気持ちと「大人と同じものを食べたい」という子どものわがままをパーフェクトに叶えてくれるファミリーレストランだ。ほぼ全てのメニューにハーフサイズがあり、離乳食は無料で提供する。料理ができるまでの待ち時間に子どもと一緒に絵を描いたり、アートと触れ合える様々な仕掛けを用意。家族全員で美味しいアート体験ができそうだ。  

ショッピング, デパート・百貨店

大人な商業施設で飲む。

icon-location-pin 代官山

カシヤマ ダイカンヤマ

※2019年4月2日オープン

オンワードが代官山に、新たな商業施設をオープン。 地下1階から5階までの全6フロアで、ファッションからアート、飲食まで網羅する。ゆったりとくつろげるカフェ、カルチャーやアートを発信するギャラリー、ファッションの独創的なキュレーションと出会えるマーケット、上質な味覚体験をリーズナブルに楽しめるレストラン、クラシカルなバーと盛りだくさんだ。 ファッション& カルチャーフロアはキュレーション型セレクトショップとなっており、OPENING CEREMONY創立者でありKENZOクリエイティブディレクターのキャロル・リムとウンベルト・レオンの監修。国内外の若手デザイナーの発掘に力を入れるという。 プリフィクスコースのみ提供のこだわりのフレンチレストランや、世界中から珍しいジンを集めたバーなど、食の楽しみも充実しているのが大人にはうれしい。

Advertising
画像提供:三井不動産、著作:竹中工務店
ショッピング

混雑に負けない。

icon-location-pin 東銀座

無印良品 銀座

※2019年4月4日オープン

世界旗艦店となる無印良品 銀座が、並木通りに開店。地下1階には「素の食」をテーマとするレストランのムジ ダイナー(MUJI Diner)、6階から10階には日本初のムジ ホテル 銀座(MUJI HOTEL)が入居する。開発による商業施設のオープンが近年続いている銀座エリアでも、ひときわユニークな施設として注目したい。

関連記事無印良品 銀座が本日オープン 6フロアにホテルやサロン、生鮮食品コーナーも

ショッピング, ファッション小物・アクセサリー

ヒップなショッピングを楽しむ。

icon-location-pin 恵比寿

オージー

※2019年4月13日オープン

国内外のアパレルや雑貨を扱うセレクトショップ、オージー(ORGY)が、恵比寿にオープン。ポップアップストアであったり、イベント用スペースであったりと、シーンごとに表情を変える新しいコンセプトを持ったセレクトショップだ。グラフィックTシャツブームの火付け役ともいえる、ロサンゼルス発の『ブレインデッド』、様々なアーティストとのコラボレーションで知られ、今年8年ぶりに再始動したクリエイティブチーム『ルーズジョインツ』など、個性豊かなブランドのアイテムが取り揃えられる。今後、東京のストリートシーンを盛り上げていく新名所となりそうだ。

Advertising
ショッピング

美しいパッケージを手に入れる。

icon-location-pin 丸の内

とらや グランスタ

※2019年4月19日オープン

とらやとしては初となる、ターミナル駅内の店舗。東京駅丸の内駅舎が描かれた、限定パッケージの小型羊羹(ようかん)『夜の梅』の販売などを行う。手土産にぴったりの羊羹(ようかん)を持って、東京駅から旅に出るのもいいかもしれない。

ゴールデンウイークを満喫するなら……

Things to do

東京、ゴールデンウイークイベント100

誰もが待ちわびる大型連休まであとわずか。2019年のゴールデンウイークは、新天皇の即位を祝した「国民の休日」も加わり、4月27日(土)〜5月6日(月)まで、前代未聞の10連休となる。旅行はもちろん、家族との時間を確保したり、目当てのフェスや展示に出掛けたりと、思い思いの時間を充実させてほしい。本特集では、期間中に東京や各所で開催される100以上のイベントを、目的に合わせて「フェス・マーケット」「アート」「親子向け」など5つのカテゴリで網羅した。「令和」の新しい時代の幕開けとともに、大いにリフレッシュする助けになれば幸いだ。

トラベル

ゴールデンウイークに旅したい国内のスポット

今年のゴールデンウイークは10連休だ。せっかくの長期休暇ということで、旅行の計画を立てている人も多いだろう。ここでは、京都のシークレットスポットガイドや、札幌の50の魅力を紹介したガイド、48時間で楽しめる大阪ガイドなど、国内のエリアガイドを紹介する。

Advertising
ニュース, シティライフ

4月オープンの注目ヴェニュー5選

タイムアウト東京が注目するニューオープン情報を毎月紹介。今月は、「丘」をコンセプトにしたモダンな建築の商業施設や、ミシュラン三つ星を獲得している寿司店の東京進出、北欧を代表するインテリアブランドのアジア初出店など、注目ヴェニューが続々とオープンする。

Advertising