蒲田、レトロなスポット5選

喫茶店やジャズバー、居酒屋など、蒲田のレトロな店を紹介

作成者: Mari Hiratsuka |
Advertising
1/3
2/3
3/3

タイムアウト東京 > ご近所ガイド >蒲田、レトロなスポット5選

大田区の真ん中に位置する蒲田。蒲田駅で降りれば、西口と東口に広がる無数の飲み屋が酒好きを飽きさせない。また、昭和の名残を感じさせるレトロでノスタルジックな店が多く残っているのも魅力である。ここでは、そんな蒲田でレトロな雰囲気を感じられる喫茶店やジャズバーなどを厳選して5つ紹介する。

レストラン, カフェ・喫茶店

チェリー

蒲田

蒲田駅東口から徒歩5分ほどの場所にある、1960(昭和35)年にオープンした喫茶店。古き良きパリのカフェをイメージした店内には、真っ赤な壁にフランス人画家ロートレックの絵画が並ぶ。 人気のメニューは、極厚だがふわふわ食感の『ホットケーキ』。

しかし、この店の本気を知りたいのなら、インパクト大の『プリンアラモード』(750円)に挑戦してほしい。パイナップルやメロン、リンゴなどのフルーツを掘っていくとプリンにやっとたどり着く、ビッグサイズのデザートだ。メニューに記載はなく、15分ほどかかるので、時間と腹に余裕があればオーダーしてほしい。

Things to do

蒲田温泉

蒲田

蒲田にある赤い看板が目印の天然温泉銭湯。ここでは「美人の湯」と呼ばれる真っ黒な黒湯の風呂を堪能できる。施設には、高温と低音の温泉、真湯の気泡風呂と電気風呂、サウナがあり、2階には食事、飲食、カラオケが楽める大広間もある。黒湯はアルカリ性であるために、同じアルカリである石鹸を多用すると皮膚の角質が臆弱化することもあり得るので、肌がすべすべになるからといってこすり過ぎないように注意してほしい。

Advertising

バーボンロード

蒲田駅西口に延びる飲み屋街。居酒屋やバー、スナックなどの小さな店がひしめき合う。老舗スナックのバッカスや、本格台湾料理が味わえる喜来楽シライル、おいしいレバーが味わえる飲み屋最後の楽園 レバーランドなどもこの通りの近辺にある。

ナイトライフ

直立猿人

蒲田

蒲田駅西口、バーボンロードの近くにあるジャズバー。ジャズ喫茶が全盛期だった1975年にオープンした、屋根裏の隠れ家のような場所だ。チャールズ・ミンガス好きな店主が、当時4文字漢字の喫茶店がなかったことと、彼の楽曲から「直立猿人」と名付けた。 厳格なジャズバーというよりは、カジュアルに酒やコーヒーを飲みながらリラックスして音楽を楽しめる店だ。

2015年に店主が引退し、新マスターがこの歴史を引き継いだ。常連客が多く、入り口は入りにくそうな雰囲気だが、積み重ねられた歴史が残る貴重な場として思い切って足を踏み入れてほしい。 カバーチャージなどはなく、アルコール類は500円からと良心的で、年に数回ジャズのライブも行われている。 

Advertising
レストラン, 日本料理

鳥万

蒲田

蒲田駅西口から徒歩5分ほどの場所にある居酒屋。5階建て、170以上の席数を誇る一棟のビルが鳥万である。1963年創業の人気店で、1階席に座ると次から次へと2階席に客が案内されていく様が眺められる。

バラエティー豊かなメニューは、ほぼ300〜400円代でどれもうまく、老若男女から愛される理由もうなずける。名物はカラッと揚がった『若鶏の唐揚げ』。『鶏皮煮込み』は、もつ煮込みの「鳥版」といったメニューでおすすめ。刺し身も同様の金額で味わえる。大田区発祥の『バイスサワー』が楽しめるということも特筆したい。 

もっと蒲田を歩くなら……

ナイトライフ

蒲田、夜の散歩ガイド

ここでは、蒲田に住むスタッフ2人のおすすめと取材を進めていく中で知り合った蒲田愛あふれる住人から聞いた、アフター5から楽しめる夜のディープスポットを紹介したい。

レストラン, 中華料理

蒲田、餃子のウマい店6選

東京の餃子の聖地といえば、なんといっても蒲田だ。蒲田駅を中心に半径500メートル圏内に20軒を超える餃子店が集中している。もともとは中国残留孤児である八木功が、日本帰国後の1983年12月に你好(ニイハオ)を創業したのが始まりといわれている。今回は、数ある店の中から、特に蒲田らしい店を紹介する。 取材してみて分かった特徴は、パリパリの羽根が付いていることに加え、価格が控えめだということ。とはいっても、店によって少しずつ特徴は異なる。ただ、どこもボリュームはなかなかのものなので覚悟して臨もう。

You may also like

    Advertising