東京、外さないピクニックスポット5選

世田谷、代々木、広尾など、おすすめのピクニックスポットを紹介
東京、外さないピクニックスポット5選
1/3
東京、外さないピクニックスポット5選
2/3
東京、外さないピクニックスポット5選
3/3
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

タイムアウト東京 > Things To Do > 東京、外さないピクニックスポット5選

Text By Megan Waters

桜のピークも過ぎ、道行く人の服装もだいぶ軽くなってきた今日このごろ。天気がいい日は外でランチでも、なんて考える人も多いのでは。ここでは、都内のおすすめの公園5つと、各園の周辺にあるテイクアウトの店を紹介。手作りの弁当もいいが、太陽光を浴びながら、ハンバーガーやクロワッサンのサンドイッチにかぶりつくのも最高だ。ケーキやコーヒーなど、ティータイムを公園で過ごすのもいいだろう。その日の気分に合わせて食べたいものをテイクアウトし、友人や家族とピクニックを楽しもう。

アトラクション, 公園&庭園

代々木公園

icon-location-pin 原宿

いまや東京で最も人気のあるスポットのひとつである代々木公園だが、その歴史は変化に富んでいる。たとえば日本初の動力飛行が行われた地であり、かつては観兵式が行われた練兵場として、また1964年の東京オリンピックでは選手村の本村として使用された。近年は東京の変わり者たちのたまり場になっており、ジャグリングからコスプレまで、様々なアクティビティの様子を見ることができる。

BONDI COFFEE SANDWICHESは、代々木公園から徒歩20分ほどの場所にあるカジュアルなカフェスタンドだ。シドニーで最も流行に敏感なエリア、ボンダイビーチからインスピレーションを受け、のんびりした雰囲気で陽気なスタッフが迎えてくれる。行けばあっという間にオーストラリアにいる気分を味わえるだろう。インスタグラム映えするスペシャリティコーヒー、スムージー、サンドイッチ、作りたてのパンは、ピクニックにはぴったりだ。

続いて紹介するのは、代々木八幡に抜ける西門のそばにあるARMS PARK SIDE BURGER SHOP。アメリカのクラシックなハンバーガーショップからインスパイアされたカフェだ。自家製ハンバーガー、サンドイッチ、ホットドッグ、サラダ、ケーキなど、幅広いメニューから選ぶことができる。

アトラクション, 公園&庭園

世田谷公園+NOZY COFFEE

icon-location-pin 三宿

親子連れが集まる世田谷公園には、屋外プール、テニスコート、遊び場、子どもや犬も走り回れる広大なオープンスペースなどが配備されている。さらに、毎週水曜日には公園内を1周できるミニSLが走り、本物の蒸気機関車(D51)も展示されているという充実ぶり。

公園に出かける前に元気を出したければ、東京で最もインディペンデントなコーヒーロースターのひとつ、NOZY COFFEEでカフェインを補給してはいかがだろう。飲食店経営事業を手がけるTYSONS & COMPANYとのコラボレーションによる原宿のTHE ROASTERYがより有名だが、NOZY COFFEEの本店は世田谷公園から1ブロック離れた閑静な住宅街にある。特定の生産地で栽培されたコーヒー豆から抽出するシングルオリジンコーヒーのみを提供しており、ラテ、エスプレッソ、シンプルなフレンチプレスから選べる。自宅でコーヒーを楽しむために、焙煎したてのコーヒー豆を買って帰るのも忘れずに。

Advertising
アトラクション, 公園&庭園

有栖川宮記念公園+LUKE’S+AND THE FRIET

icon-location-pin 広尾

江戸時代に盛岡南部藩の下屋敷として使われていた有栖川宮記念公園は、ほかには類を見ない公園だ。広尾駅から徒歩2分、ナショナル麻布スーパーマーケットの向かいに広がる閑静な公園には、小高い丘、起伏に富んだ地形、渓流、池、雑木林、石や土の道などが造成されている。野鳥を観察できる絶好のスポットとしても知られる。梅やスイレンが花を咲かせる春の公園は特に美しい。

公園に向かう前に、ロブスターロールやクラブロール、クラフトビールで有名なLUKE’Sに立ち寄ろう。アメリカはメイン州でロブスタービジネスに携わっていたルーク・オールデンが、2009年にニューヨークのイーストヴィレッジで創業したシーフードレストランは、持続可能な漁業によって上質な材料を仕入れながら、シンプルで手頃な料理を提供している。日本第1号店は2015年春に原宿のキャットストリートにオープンしたが、いまだに長い行列が絶えない。それほど人目につかない広尾店では、混雑を避けることができ、広尾店限定の『グリルドロブスター』や『フライドロブスター』も味わうことができる。

同店の向かいにあるのは、脇役のフレンチフライに革命をもたらした、AND THE FRIET。本場ベルギーから輸入したものを含めた全6種類のジャガイモ、カット、自家製のソルトやディップから、好みのものを選んでフレンチフライを食す体験は、ほかでは味わえない。

Things to do

芝公園+ル・パン・コティディアン

icon-location-pin 芝公園

日本最古の公園である芝公園は、関東の浄土宗大本山として名高い増上寺のそばにある。広大な公園に豊かな緑と美しい桜の木が生い茂り、まさにコンクリートジャングルの中で安らぎを感じられるオアシスだ。小道を歩きながら近くの東京タワーを眺めるも良し。公園の入口そばにある天然記念物に指定された古い銀杏の木陰に座るのもいいだろう。

花見シーズンの芝公園は最高だ。満開の時期には、家族連れや酔っぱらったサラリーマンたちが、まさに日本らしいお祭り騒ぎを楽しんでいる。そんな公園のすぐそばにあるのは、ベルギー発祥のベーカリーレストラン、ル・パン・コティディアン。1990年にブリュッセルに最初の店舗がオープンし、現在は世界中の200ヶ所以上に展開している。芳醇なコーヒーと、焼きたてのペストリーやサンドイッチの組み合わせは間違いない。特にサクサクの歯ざわりがたまらない『生ハムとルッコラのサンドイッチ』はぜひ注文したい。

Advertising
アート

目黒エリアの公園+Kiwi Kitchen+Jubilee Coffee and Roaster

icon-location-pin 白金台

目黒エリアでピクニックをする前に、グルメフードカンパニーKiwi Kitchenのサンドイッチ、サラダ、またはラップロールを調達していこう。カフェと同時にデリバリーサービスも行う同店は、目黒エリアにある学校の給食なども手がける。大きくカットされた『バナナブレッド』は、栄養価の高いスイーツとして楽しめるので、デザートとして注文したい。

大のコーヒー好きなら、東京都庭園美術館の入口の向かいにあるJubilee Coffee and Roasterのドリップコーヒーをテイクアウトしよう。その場で焙煎されるスペシャルティコーヒーは、世界各地からセレクトされており、細部へのこだわりは日本人ならではと言える。オーナーが1人で回してるので、多少時間がかかることは頭に入れておきたい。

準備が整ったら、近隣にある3つの公園で、ピクニックに最適な芝生あベンチを探そう。目黒エリアには、こじんまりとしながらも美しい池田山公園、広大な国立科学博物館附属自然教育園(入園料310円)や、1933年に朝香宮鳩彦王(1887-1981)の自邸として建設された宮家の邸宅を利用した東京都庭園美術館にはきちんと造園された庭園(庭園入場料100円)がある。

ちょっと大人なひと時を過ごすなら…

ナイトライフ

東京、ルーフトップバー10選

タイムアウト東京 > ナイトライフ > ルーフトップバー10選 屋外で酒を飲むのに気持ちが良い季節がやってきた。この特集では、都心にあるテラス席で美しい夜景を眺めながら美味しいカクテルが味わえるラグジュアリーなバーから、秘密基地のような隠れた名店を紹介する。日々の喧騒から逃れ、落ち着いた一夜を屋上で過ごしてほしい。

Advertising
This page was migrated to our new look automatically. Let us know if anything looks off at feedback@timeout.com