Photo: AC/4880351
Photo: AC/4880351

東京、手持ち花火ショップ5選

老舗の花火問屋からダイソーまで、夏の思い出を作る

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

タイムアウト東京 > ショッピング&スタイル > 東京、手持ち花火ショップ5選

8月7日は、8と7(はな)の語呂合わせから日本煙火協会が制定した「おもちゃ花火の日」ということを知っているだろうか。2020年、2021年は感染症流行の影響で各地の花火大会が中止になってしまったが、こんな時こそ、自宅の近所や河原などで手持ち花火を楽しんでみてはどうだろう。

ここでは、絹のような手触りの特別な線香花火が手に入る老舗の花火問屋をはじめ、オンラインショップで注文できる店、ダイソーで手頃に買える最新花火まで紹介する。騒音や後片付けなど、近隣の人々への配慮を欠かさずに、夏の思い出を作ってほしい。

関連記事

東京、かき氷30選

東京のプール、公共施設 2021

  • ショッピング
  • 三ノ輪

三ノ輪駅からほど近くにある、縁日用品や駄菓子を扱う卸問屋。手持ち花火や吹き出しドラゴン花火、打ち上げ花火、オリジナル花火セットなどを多数取りそろえ、1本単位から自由に注文することができる。 『徳用ハナビーランドセット』(165円)のように手頃なものから、ススキ花火、スパーク花火、変わり種などを詰め込んだ『オリジナル手持ち花火セット 大』(2,200円)まであり、予算や希望に応じてフレキシブルに対応してくれる。

オンラインで全国から購入が可能。店舗に訪れる際もオンラインストアで在庫を確認してから行くと、無駄足にならないだろう。

  • ショッピング
  • 浅草橋

店内約500種類の花火を全て把握する「花火コーディネーター」がいる、浅草橋の老舗花火問屋。花火選びから演出までサポートしてくれるため、今までにない花火との出合いを求める人におすすめ。

手持ち花火のばら売りやセット花火を用意しているほか、高さ25メートルで美しい緑に輝く打ち上げ花火『皇火(おうか)』や、約30秒間に30連発する乱玉花火『神火(しんか)』など、長谷川商店オリジナルの花火も多数販売しており、自身で花火大会のような楽しみ方ができるだろう。  

広告
  • Things to do
  • 浅草橋

大正3年創業の長い歴史を持つ蔵前の花火玩具問屋。この店で購入したいのは線香花火だ。花火の国内一大産地、愛知県三河地方にある三州火工で作られる『大江戸牡丹』は、一つ一つが職人の手作りで、純国産線香花火ならではの和紙の美しさや絹のような手触り、長い時間をかけて変化する「和火」が格別に美しい。

オンラインストアからも購入が可能で、『大江戸牡丹1袋10本入り』は660円。そのほか市場価格の半分ほどで手に入る、お得で豪華な『手持ち花火セット』や『打ち上げ花火セット』もあり、要チェックだ。

  • ショッピング
  • おもちゃ&ゲーム
  • 浅草

蔵前二丁目交差点にある花火問屋。ロケット花火から線香花火までバリエーション豊富に取りそろえ、小売りにも対応しているため、気軽に入店できる。スーパーのようにカゴを持ち、花火を1本または1個ずつ選んで購入するスタイルは、なかなかできない体験だ。店員に尋ねれば、花火の詳細や売れ筋を丁寧に説明してくれる。

花火のほか、剣玉などの和玩具や和凧の販売も。オールシーズン花火を扱っているので、真冬の花火願望を叶えられるのがうれしい。

広告
ダイソー
  • ショッピング
  • 原宿
  • 価格 1/4

100円均一だからといって侮れない、ユニークな手持ち花火を扱っているダイソー。注目は『写真がキレイに撮れる手もち花火セット』だ。330円のセットと、たっぷり楽しめる550円のセットが販売されている。スマートフォンでも火が舞う様子を美しく撮れるので、写真映えを求める人におすすめ。

そのほか、くるくると回りながら火花を散らす『ドローン系花火』(110円)や線香花火、打ち上げ花火のばら売りなどもあり、家族で楽しい時間を過ごすにはうってつけだ。

もっと夏の思い出を作るなら……

  • Things to do

連日の酷暑の中、少しでも涼を取りたいがソーシャルディスタンスは保ちたいという悩みを抱えている人は少なくない。そんな人は屋外に目を向けてみよう。東京では少しでも外にいながら体感温度を下げられるように、あらゆる調査や試みが成されている。

丸の内では約100メートルの区間でミストシャワーの実証実験し体感温度が2、3度下がったと発表。皇居や新宿御苑の都市内大規模緑地は、ほかの地区と比べて平均して1.8度程度低いことが過去の環境省の調査で判明している。ここでは、そんなオープンエアな空間で涼を取れるスポットを紹介しよう。

  • レストラン

東京のかき氷シーンは、年を重ねるごとに盛り上がっているといっても過言ではない。多くの店が個性を打ち出すべく、これまでかき氷には使用されてこなかった食材や斬新な素材の組み合わせなどを駆使し、新しいメニューを次々に生み出している。

一年中かき氷が食べられる店が増えたとはいえ、ベストシーズンは。ここでは、タイムアウト東京エディターで、かき氷を愛してやまないケイラ イマダ(@kakigori_kaila)一部監修のもと、暑い日にはしごしてでも巡ってほしい店を紹介する。

広告
東京のプール、公共施設 2021
  • Things to do

プールで泳ぐのが気持ち良い季節がやって来た。ここでは安く、手軽に利用できる公共施設を紹介する。コロナ禍の夏だが、温水プールはもちろんのこと夏季限定で登場する屋外プールも、人数制限などの対策を行いながら続々とオープンしている。暑い中、外で太陽を浴びながら泳ぐのもいいだろう。くれぐれも体調に注意し、ほかの利用者との距離を保った上で楽しもう

  • Things to do

近年盛り上がりを見せる野外で楽しむアウトドアサウナ。フィンランド式のテントサウナから、木屋の中で蒸気に包まれるイグルー式、自ら火をおこすなどそのスタイルは多様だ。今回は、そんなアウトドアサウナを楽しめるキャンプ場を東京近郊に絞って9つ紹介する。自然の中で、心と体を「ととのえる」極上のひとときを堪能しよう。

広告
  • Things to do

ここでは、今年に入って再ブームが巻き起こっているフルーツサンドや台湾スイーツ、そして「エモさ」がたまらない昭和レトロを代表するスイーツなど、チェックしておきたい最新のひんやりスイーツを紹介する。

なかでも、韓国語で「太っちょマカロン」を意味する、インスタ女子の間で話題のトゥンカロンには注目したい。今週末は、見た目とおいしさにときめくスイーツで、ほっと一息ついてみては。

おすすめ
    関連情報
      広告