東京、ベストドーナツ11選

定番からヘルシーなものまで、東京のおいしいドーナツスポットを紹介

もし、極上のドーナツを求めて街のコーヒーショップやカフェを渡り歩いているのなら、探す場所を間違えていると言えるかもしれない。この特集では、魅力的なトッピングを乗せた揚げドーナツから、豆乳やグルテンフリーの米粉などで作られた健康志向のものまで、様々なバリエーションを楽しめる、こだわりのドーナツスポットを紹介する。

ダンボ ドーナツ アンド コーヒー
1/11

ダンボ ドーナツ アンド コーヒー

ニューヨークスタイルのふわふわドーナツがお好みなら、ダンボ ドーナツ アンド コーヒー麻布十番店に立ち寄ってみるといい。毎日10種類以上のフレーバーのドーナッツが並ぶ。『シナモンシュガー』のようなベーシックなものから、『抹茶チーズクリーム』やホットピンクの『フランボワーズ』といったカラフルなものまで、様々なドーナツが揃っている。お好みのドーナツを選んで、京都の専門店から豆を取り寄せた深入りのアラビカコーヒーと一緒に味わおう。

詳細情報
麻布十番
フロレスタ祖師谷大蔵駅前店
2/11

フロレスタ祖師谷大蔵駅前店

フロレスタは、『ネイチャードーナッツ』としても知られており、全国的に展開している店だ。本店は奈良県にあり、オーナー夫妻の「罪悪感なく食べられて、子どもにも安心して食べさせられるドーナツを作りたい」という思いから生まれた。使用する小麦粉、卵、塩、砂糖などはすべて国産のオーガニック食材だ。フロレスタは、多くの店が行う量産や作り置きを避け、必要な分だけのドーナツを作る。つまり、早く行かないと売り切れてしまうということだ。

詳細情報
祖師ケ谷大蔵
ドミニクアンセルベーカリー オモテサンドウ
3/11

ドミニクアンセルベーカリー オモテサンドウ

ドミニクアンセルで注文するべきものといえば、名高い『クロナッツ』である。一躍有名となった、クロワッサンとドーナツのハイブリッドだ。ニューヨークに続く2店舗目となる同店では、日本限定版クロナッツや職人技が光るスイーツなどが、小さな芸術作品のようにカウンターに並んでいる。週末は行列ができるため、平日に行くのがおすすめだ。

詳細情報
表参道
ホーカスポーカス
4/11

ホーカスポーカス

平河町にある、モダンな雰囲気の隠れ家的ドーナツショップ。極上の素材のみを使ったドーナツを販売している。揚げ、焼き、蒸しなど、様々な調理方法のドーナツがあり、異なる食感を楽しめる。チョコレートアプリコット、ポピーシード、ポッピングキャンディを散りばめたラズベリーなど、個性豊かなフレーバーが揃う。代々木八幡のリトルナップコーヒースタンドがショップインショップとして入り、自家焙煎のコーヒーも一緒に味わうことができる。

詳細情報
永田町
ハリッツ
5/11

ハリッツ

ハリッツは、驚くほど隠れた場所にあるドーナツ店だ。知名度は高く、心を込めて作られたおいしいドーナツは、午後早い時間に売り切れてしまう。同店のドーナツを楽しむためのアドバイスとしては、できるだけ早く店に着くこと。店内は10人ほどしか座れそうにないが、テイクアウトできることも承知のうえで、小さな木の椅子を引いて席に着こう。いれたてのコーヒーと東京でも3本の指に入るドーナツの組み合わせを味わえば、座って正解だったと思えるだろう。

詳細情報
代々木上原
ドーナッツプラント吉祥寺店
6/11

ドーナッツプラント吉祥寺店

自然食材にこだわった、ニューヨーク生まれのドーナッツプラントは、2004年に東京に初上陸を果たした。クリームブリュレのドーナツや、ジャム入りのドーナツといった画期的な商品で知られているが、シンプルな味を好む人の需要に応え、独特な手法を取っているのが吉祥寺店だ。同店は「できたての商品しか提供しない」というコンセプトのもと、20時から深夜までしか営業しない。ドーナツも、バニラビーンズやチョコレート、オーガニックシュガーなどベーシックなフレーバーを中心に提供している。

詳細情報
吉祥寺
Arnolds 吉祥寺店
7/11

Arnolds 吉祥寺店

2013年に日本に初上陸した、フィンランドの人気ドーナツ店へ行ってみよう。吉祥寺店では、アーノルドの看板商品であるハート型のストロベリーフレーバードーナツなども思いのほか並ばずに購入できるだろう。 ドーナツはたっぷりとグレーズがかかっているが、見た目ほど甘くはない。サイズが大きいので、1個でも充分満足できる。

詳細情報
吉祥寺
はらドーナッツ 目黒店
8/11

はらドーナッツ 目黒店

はらドーナッツは様々な場所に店舗があるが、大きなチェーン店にはない職人技がある。材料にもこだわり、奈良の『原とうふ店』のおからと豆乳を使っている。目黒店は目黒駅からバスに乗るといいだろう。カフェを併設した2階建てで、こじんまりとした居心地の良い場所だ。 狭い階段を登ると、改装された納屋のような部屋が現れる。 窓の下には細長いカウンターがあり、小さなバルコニーガーデンのそばには2人掛けのテーブル席が置かれている。大きなダイニングテーブルもあり、ゆったりと座ってドーナツを楽しむことができる。

詳細情報
目黒
ブライアントコーヒー
9/11

ブライアントコーヒー

コーヒーと大きなドーナツ、という組み合わせが嫌いな人なんているだろうか。 麻布十番のダンボの姉妹店であるブライアントは、静かで居心地のいい松陰神社前にある。有名な京都のコーヒー豆専門店アラビカのダークローストコーヒーとともに、甘くておいしい大きなドーナツを提供する。インスタ映えするスイーツの流行の波は、郊外にまで広がっている。

詳細情報
世田谷区
アグネス ポーチュギーズベイクショップカフェ トウキョウ アサクサ
10/11

アグネス ポーチュギーズベイクショップカフェ トウキョウ アサクサ

ハワイオアフ島発のマラサダドーナツ店。注文を受けてから揚げるので、出来たてのドーナツを楽しめる。関西で日本初上陸を果たしたのち、2017年に浅草店がオープンした。砂糖やシナモンをやみつきになるドーナツに振りかけ、ハワイアンコーヒーと一緒にほおばろう。

詳細情報
浅草
nico ドーナツ
11/11

nico ドーナツ

麻布十番駅から徒歩数分の場所にある、小さなドーナツショップ。典型的なドーナツというより、ヘルシーで、かわいらしいドーナツを販売している。 生地には、大豆とキビ粉を使用し、きな粉やゴマミルクなどのフレーバーがある。 テイクアウトのみで、早くに売り切れてしまうので、早めにお店に向かうことをおすすめする。

詳細情報
麻布十番

フルーツが食べたくなったら...

東京、フルーツサンド10選

フルーツサンドは、ただ可愛い食べ物ではない。果物は熟度を調節しながら食べごろのものを使用していたり、使うフルーツによってクリームの糖度を変えたり、相性の良いパンを研究したり、作り手の丁寧で繊細な作業の積み重ねにより、作り上げられているのだ。ここでは、都内にあるフルーツパーラーやカフェ、ベーカリーなどで提供されている一押しのフルーツサンドを紹介する。

詳細情報
By Shiori Kotaki

コメント

0 comments