東京、ビーガンレストラン4選

東京のビーガン料理はどれも素晴らしく、選ぶのに悩んでしまうはず。最高のビーガンレストラン4軒を紹介

テキスト:Sarah Crago
翻訳:小山瑠美

動物性食品を一切口にしないビーガンにとって、東京はハードルが高い都市かもしれないが、昔ほどではない。徐々にではあるが、本格的ビーガンレストランは確実に増えており、好みに合った店がきっと見つかるはずだ。タイムアウト東京が厳選した4軒を紹介する。すべて都心にあり、アクセスも抜群だ。

厳格なビーガンではない人は、『東京、ベジタリアンレストラン15選』をチェック

東京のビーガンレストラン4選

エイタブリッシュ(Restaurant 8ablish)
1/4

エイタブリッシュ(Restaurant 8ablish)

青山通りを1本入った路地に建つ近代的なビルの2階にあるレストラン。ランチやデートのディナーなど、幅広く利用できるダイニングスペースだ。料理は100パーセントビーガンだが、肉を食べる人も十分満足できるはず。ランチセットは1,550円から。ライスまたはパン、サラダが付く日替わりスペシャルもある。

ディナーには、前菜やサラダ、スープ、メイン、サイドディッシュなどの豊富なメニューが揃う。豆腐とテンペ(インドネシア発祥の発酵食品)、野菜のスブラキ(ギリシャ風串焼き)、大豆を使ったザジキソース、ピタパンを組み合わせた『トーフとテンペ 野菜のスブラキ風 ザジキソースとピタパン添え』をはじめ、創造力に富んだ料理が美しく盛り付けられ、一口一口を楽しめる。グラスとボトルから選べるオーガニックワインも提供。デザートメニューも魅力的で、ビーガンバニラアイスクリームを添えた『ガトーショコラ』と『ダークチェリーとピスタチオのタルト グリオットチェリーソース添え』は見逃せない。

詳細情報
青山
アインソフ ジャーニー(Ain Soph Journey)
2/4

アインソフ ジャーニー(Ain Soph Journey)

賑やかな新宿の街から離れて一息つける場所にあるアインソフ ジャーニーは、ビーガンのための心落ち着く楽園だ。アインソフはビーガンレストラン4店舗を展開しているが、この店内にはリラックスした雰囲気が漂い、1人で居心地良く過ごせるコーナーテーブルや、友人たちと一緒に利用できるテーブル席が2フロアにわたり備えられている。

名物の『天上のヴィーガンパンケーキ』は、食通ですら卵とバターを使っているように錯覚してしまうほど、ふんわりした極上の食べ心地を楽しめる。デザートだけでなく食事も味わいたければ、アインソフ自慢のランチセットと無農薬野菜のサラダ、スープ、栄養たっぷりのカレー、トルティーヤロールなどを単品で注文できるディナーがおすすめ。ランチセットは1,100円からでボリュームもある。空腹の人でも満足できるはずだ。生粋のビーガンにも、単に健康的な野菜を食べたいだけという人にもおすすめだ。

詳細情報
新宿三丁目
ブラウンライスカフェ(BROWN RICE BY NEAL'S YARD REMEDIES)
3/4

ブラウンライスカフェ(BROWN RICE BY NEAL'S YARD REMEDIES)

3 5 つ星中

ロンドン発のニールズヤード レメディーズ(NEAL'S YARD REMEDIES)は、自然療法に焦点を当てた店で、オーガニックの健康美容製品を取り扱っている。表参道にある本店は、2つのビルにまたがり、ショップと、緑豊かな中庭があるカフェを展開している。

ブラウンライスキャンティーンには、低めの木製テーブルや、座り心地のいい椅子、オープンキッチンとカフェを分ける食器棚が並び、上品で穏やかな空気が流れている。天井中央には束ねた稲わらがあしらわれ、スタッフも天然素材の衣服を身につけているようだ。現在はランチ営業のみで、シンプルなビーガン料理のセットを3種類から選べる。

定番メニューは、せいろで蒸し上げた10種の季節野菜と玄米ご飯、味噌汁の『旬野菜のせいろ蒸し膳』や、玄米を使った『季節野菜のカレー』、日替わりの主菜1品と惣菜と漬物3品、玄米ご飯、味噌汁の定食『一汁三菜』の3つ。いずれも、シンプルながら食材本来の美味しさを引き出すことにこだわっている。

詳細情報
表参道
シティショップ(CITYSHOP)
4/4

シティショップ(CITYSHOP)

シティショップ(CITYSHOP)での楽しみは、自分だけのサラダを作れること。店内には、サラダバーのように新鮮な野菜や穀物類、豆類、スーパーフードなどが豊富に並んでいる。100パーセントビーガンではないが、組み合わせ次第で動物性食材を避けることができる店だ。デリでは常時15種類のメニューが提供されており、うち2、3種類はひじきやレンコン、チアシード入りのカボチャの豆乳ポタージュなどのビーガンメニュー。好みに合わせてグリーンサラダもカスタマイズできる。グリーンサラダとデリ2品が選べるセットは、パンとコーヒーまたは紅茶付きで1,400円。たっぷり量があるので、リーズナブルと言えるだろう。

東京のレストランをもっと知る

東京、ベストレストラン100

チープイートから高級飲食店まで広い価格帯で、世界各国の料理を含め莫大な種類の料理が不自由なく楽しめ、どの店に入ってもたいてい食べられないほどに不味いものには出会わない。最近ではミシュランのガイドブックの星の数は東京が世界最多、と話題にもなるように、東京は食の天国として胸を張れる都市のひとつだろう。タイムアウト東京は知る人ぞ知る、隠れ家的名店から、前から地元の人々の空腹を満たしてきた大衆食堂など、カテゴリーや価格も幅広くカバーし今の東京を表すにおいて外せない100件の店を選出した。

詳細情報
By Mayumi Koyama

コメント

0 comments