この夏味わうべき冷たいスイーツ6選

雲型のケーキやドランゴンになれるアイスなど、今チェックすべきサマースイーツ

作成者: Mari Hiratsuka および Kaila Imada |
Advertising
1/3
2/3
3/3

暑い日が続く今日このごろ、街を歩いていると冷たいスイーツで暑さをクールダウンさせたいと感じることも多いかもしれない。ここでは、「今年のトレンドになるかも?」といわれているベトナムから上陸したかき氷「チェー」や、食用の炭で作られた「チャコールスイーツ」、マンダリンオリエンタル東京のシェフが手がけた、まるでアート作品のような雲型のケーキなど、今年チェックしておきたい最新のひんやりスイーツを紹介する。

レストラン, カフェ・喫茶店

ベトナムスイーツのチェー

icon-location-pin 学芸大学

バーバーバー

アジア雑貨のセレクトショップ、バーバーバー内に『チェー』を提供する専門店が2019年7月にオープンした。チェーは、寒天や果物、タピオカなど複数の具材を合わせて食べるベトナムの伝統的なデザートで、日本でいうところのぜんざいのようなもの。同店では、削った氷とシロップをかけて食べる『アイスチェー』(650円)をメインに提供。ココナッツミルクとマンゴーココナッツ、ジャスミンシロップ、あずきミルクの4種類からベースを選び、10種類以上あるトッピングから好みでカスタムも可能だ。

ショッピング

チョコレートかき氷

icon-location-pin 代々木八幡

ミニマル 富ヶ谷本店

サードウェーブコーヒーブームと平行する形で注目を集める「Bean to Bar」スタイルのチョコレート専門店ミニマル。この夏初登場したかき氷『チョコレートかき氷 -トリニダード・トバゴ-』(980円)は、チョコレート好きにとって最高のデザートだろう。トリニダード トバゴ産のビーン トゥ バーのチョコレートで作られており、ほんのりとかんきつ系の香りが。氷の下にはカカオ豆の果肉のゼリーと噛み応えのあるタピオカパール、ひとすくい分のチョコレートアイス、そして、ユニークなのが甘い緑豆が入っていることだ。

Advertising
ショッピング

ドラゴンメレンゲアイス

icon-location-pin 原宿

エニウェアドア

人気アニメ『ドラえもん』に登場する「どこでもドア」を店名にしたカフェ。人気のニューヨーク発のスイーツ『コーンショット』などが有名だが、この夏チェックしたいのは、『ドラゴンメレンゲアイス』(540円)だ。小さなフルーツ味のメレンゲは液体窒素を使って冷凍しているため、名前の通り歯で噛むとまるでドラゴンのように口から煙を吐くことになる。

ホテル

ふわふわ雲型ケーキ

icon-location-pin 日本橋

マンダリンオリエンタル東京

ペストリーシェフのステファン・トランシェ(Stéphane Tranchet)による、風変わりな新作デザートは『雲』(1,200円)というその名の通り、空に浮かぶ雲のように見える。ぱりっとしたホワイトチョコレートでコーティングされたケーキには、季節変わりのクリームとムースがたっぷり入っている。毎日10時30分から数量限定で販売されるため、デザートを手に入れるには、少しの早起きと運が必要だ。

Advertising
ショッピング

食用炭を使ったパフェ

icon-location-pin 銀座

コイソフ

銀座は松屋通りと並木通りの交差点に位置するソフトクリームの専門店、コイソフ。同店の漆黒のスイーツは、老舗ごまメーカー九鬼産業の練りごまや竹炭、ブラックココアパウダーなどを練り込んだ漆黒のソフトに、ベルギー産チョコレートをたっぷり使った濃厚チョコレートプリンやショコラブラウニーを合わせた『濃厚リッチブラックcoiパルフェ』(1,200円/リキュールなし1,000円)。仕上げにはコーヒーリキュールをかけて食べる、大人のスイーツだ。色調の落ち着いたシックな店内では、ゆったりとした時間を過ごせそうだ。

レストラン, 地中海料理

スパゲッティかき氷

icon-location-pin 外苑前

キハチ 青山本店

正確にはデザートではないが、キハチ 青山本店で味わってほしいのは、かき氷が乗ったパスタだ。『Snow Ice Pasta』(1,680円から)は4種あり、サンタフェ風のエビとアボカド、ユズとトマトのマグロタルタル、鮭の魚醤(ぎょしょう)ソースの野菜と鶏肉のサラダパスタ、大人気のウニとアスパラガスのカルボナーラスパゲッティだ。蒸し暑い夏の日を涼しくしてくれる一皿に挑戦してみてほしい。

もっと冷たいデザートを味わいたいなら……

レストラン

東京、かき氷30選

東京のかき氷シーンは、年を重ねるごとに盛り上がっているといっても過言ではない。多くの店が個性を打ち出すべく、これまでかき氷には使用されてこなかった食材や斬新な素材の組み合わせなどを駆使し、新しいメニューを次々に生み出している。一年中かき氷が食べられる店が増えたとはいえ、ベストシーズンは夏。ここでは、タイムアウト東京エディターで、かき氷を愛してやまないケイラ イマダ(@kakigori_kaila)一部監修のもと、暑い日にはしごしてでも巡ってほしい店を紹介する。

レストラン

東京、抹茶アイスが美味い店6選

上品な苦みと香り、美しい色が特徴の抹茶。抹茶は緑茶の一種で、生葉を乾燥させ粉末にしたものや、それを湯に混ぜた飲み物のことだ。源流は中国にあるのだが、日本といえば「抹茶」のイメージが強く、海外から抹茶を目的にわざわざ足を運ぶ観光客も多い。ここでは、抹茶スイーツの定番「抹茶アイス」がおいしい店を紹介する。「世界一濃い抹茶ジェラート」を看板メニューにした、7段階の濃さから選べるジェラート店や、高級抹茶を使ったソフトがたった250円とリーズナブルに味わえる店などを紹介する。

Advertising
ショッピング

東京、ベストジェラート13選

日本の法令で乳固形分15パーセント以上、そのうち8パーセントは乳脂肪でなければならないと定義されているアイスクリームに対し、通常5パーセント前後の乳脂肪で作られるのが一般的なジェラートは(この場合、日本ではアイスミルクに分類される)、果物や野菜など素材そのものの味を楽しむことのできるヘルシーなスイーツだ。空気の含有量も考えながら作られており、濃厚で滑らかな舌触りが特徴。さらに、その時期に旬を迎える食材を使用しているところが多いため、季節の味を楽しめるのもうれしい。ここでは、牧場が運営するジェラテリアや雨の日限定のフレーバーを提供する店など、都内で味わえる絶品ジェラート店を紹介する。

Advertising