東京、抹茶アイスが美味い店6選

銀座や青山、表参道で味わう抹茶アイス

作成者: Mari Hiratsuka および Time Out Tokyo Editors |
Advertising
抹茶ジェラートショップ壽々喜園×ななやコラボショップ
1/3
TEA&SPOON ななや 青山店
2/3
茶茶の間
3/3

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、抹茶アイスが美味い店6選

上品な苦みと香り、美しい色が特徴の抹茶。抹茶は緑茶の一種で、生葉を乾燥させ粉末にしたものや、それを湯に混ぜた飲み物のことだ。源流は中国にあるのだが、日本といえば「抹茶」のイメージが強く、海外から抹茶を目的にわざわざ足を運ぶ観光客も多い。ここでは、抹茶スイーツの定番「抹茶アイス」がおいしい店を紹介する。「世界一濃い抹茶ジェラート」を看板メニューにした、7段階の濃さから選べるジェラート店や、高級抹茶を使ったソフトがたった250円とリーズナブルに味わえる店などを紹介する。

ショッピング

すすむ屋 茶店

icon-location-pin 自由が丘

自由が丘駅の正面出口から徒歩3分ほどの場所にある、日本茶専門店。鹿児島で100年続く製茶問屋から派生した、最高の日本茶のみを扱う店だ。同店では「茶葉の個性をいかすこと」というルールを敷き、生産から焙煎(ばいせん)までを茶のプロフェショナルたちの手による過程を経て提供している。店舗では、茶葉の販売のほか喫茶スペースもあり、最中(もなか)や煎餅(せんべい)、アイスなどとともに日本茶が楽しめる。

レストラン, ティールーム

茶茶の間

icon-location-pin 表参道

日本茶ソムリエがいれる日本茶と、素材の持ち味を生かした食事が楽しめる日本茶カフェ。日本茶の種類は常時30種類程。人気なのは高級茶を飲み比べできるセットだが、デザート類も豊富で美味なのでおすすめ。『抹茶アイス』はシンプルながらも抹茶そのもののうま味が堪能できる。また、抹茶と黒糖から選べる『茶茶パフェ』は、抹茶アイスのおいしさをさらに引き出すパフェ仕立ての一皿。どちらも。セットにすればお抹茶もしくは日本茶を付けることも可能だ。

Advertising
ショッピング

ななや 青山店

icon-location-pin 渋谷

青山学院大学近くにある「世界一濃い抹茶ジェラート」を提供する静岡県の抹茶スイーツファクトリー、ななやの東京初となる直営店。東京では、壽々喜園とのコラボレーションショップとしてすでに浅草にも店を構えているが、こちらも平日でさえ多くの人が訪れる人気店だ。No.1~No.7まで、7段階で楽しめる抹茶ジェラートをはじめ(「世界一濃い抹茶ジェラート」はNo.7)、抹茶大福や抹茶クッキー、抹茶チョコなど、藤枝抹茶をふんだんに使用したさまざまなスイーツが販売されるので、抹茶好きはぜひ一度足を運んでみてほしい。

ショッピング

辻利 銀座店

icon-location-pin 銀座

GINZA SIXの地下2階にある、京都で高い人気を誇る辻利のスタンド。良質な抹茶を使用した『辻利ソフト 濃い茶』は、『辻利ソフト 抹茶』の2倍の量の抹茶を使用したソフトクリームなので、抹茶好きには見逃せない一品だ。和の雰囲気とモダンさを組み合わせた銀座店は、茶やスイーツを販売するスペースと、抹茶メニューをテイクアウトで提供するカフェスタンドから成る。

Advertising
ショッピング

茶の池田や

icon-location-pin 新宿

新宿駅西口の小田急エース内にある、1945(昭和20)年創業のお茶ショップ。店主は静岡で約10年にわたる茶の栽培経験を持つ人物で、店頭に並ぶ茶のセレクトにも定評がある。茶葉のほかにも、茶器やスイーツを販売しており、フワっとした食感のアイスクリーム『濃厚抹茶』(250円)が特に人気だ。ちょっとぜいたくに味わいたいのなら、その『濃厚抹茶』ソフトに、抹茶クッキーや抹茶シロップなどをトッピングした『Dセット』もおすすめ。

レストラン, カフェ・喫茶店

大名ソフトクリーム 鎌倉

icon-location-pin 鎌倉

2018年鎌倉にオープンした、イタリア製のソフトクリーム製造機で作ったソフトクリームを提供するカフェ。ぜひ味わってほしいのは、名物の『大名ソフトクリーム』。きめの細かさと、なめらかな口当たりが特徴で、『生クリームミルクソフト』、八女抹茶を使った『抹茶ソフト』、2つを一度に味わえる『ミックス』の3種類を用意している。そのほか、クリームソーダや、コーヒーフロートなどのカフェメニューもそろえている。

抹茶以外も……

ショッピング

東京、ベストジェラート13選

日本の法令で乳固形分15%以上、そのうち8%は乳脂肪でなければならないと定義されているアイスクリームに対し、通常5%前後の乳脂肪で作られるのが一般的なジェラートは(この場合、日本ではアイスミルクに分類される)、果物や野菜など素材そのものの味を楽しむことのできるヘルシーなスイーツだ。空気の含有量も考えながら作られているジェラートは、濃厚で滑らかな舌触りが特徴。さらに、その時期に旬を迎える食材を使用しているところが多いため、季節の味を楽しめるのも嬉しいところだ。ここでは、牧場が運営するジェラテリアや雨の日限定のフレーバーを提供する店など、都内で味わえる絶品ジェラート店を紹介する。

Advertising