東京、ふわふわパンケーキ5選

吉祥寺、下北沢、銀座など、並んででも体験したいふわふわ食感
作成者: Shiori Kotaki |
Advertising

パンケーキの熱い街となった東京。最近ではふわっと軽い食感の「ふわふわのパンケーキ」が多くの人の心を射止めている。卵を多く使用していたり、立てたばかりのメレンゲを使用するなど、通常のパンケーキよりも少々手間がかけられることによって生まれるこのふわふわ食感は、一瞬にして我々を幸せの絶頂に連れて行ってくれるもの。ここでは、それぞれに個性を持った5つのパンケーキを紹介するので、幸せを噛み締めるべくぜひ足を運んでみてほしい。

レストラン, カフェ・喫茶店

フリッパーズ 下北沢店

icon-location-pin 下北沢

2016年7月に下北沢に誕生したフリッパーズでは、ジェイエス パンケーキ カフェの商品プロデューサーが幾年もの歳月をかけて生み出したパンケーキを味わうことができる。注文が入ると、メレンゲを立てるところから作り始められるパンケーキは、ふわっとした食感が特徴。ナイフで押さえるとキュッと生地が固まってしまうため、口に入れる瞬間までふわっとした食感を残すべく、2本のフォークで裂いて食べることを推奨している。煮詰めたメープルバターを合わせた生クリームも、卵の風味がしっかりとした生地と相性抜群だ。

レストラン, カフェ・喫茶店

グラム 吉祥寺店

icon-location-pin 吉祥寺

大阪心斎橋生まれのパンケーキショップ。パンケーキ好きであれば、ぜひとも一度味わってほしいのが11時、15時、18時と1日3回、各時間20食限定で提供される『プレミアムパンケーキ』だ。絵本に出てくるような夢の3段重ねで少々ボリューミーな感じもするが、見た目よりも遥かに軽く、食べた瞬間のふわっとした口当たりが印象的な一品。また、このクオリティで税込950円というのも嬉しいポイントである。注文してから順に生地から作られるため提供までに時間がかかることもあるが、そんなことも一口食べた瞬間きっと幸せに変わってしまう味わいだ。

Advertising
レストラン, カフェ・喫茶店

雪ノ下銀座

icon-location-pin 東銀座

雪ノ下では、平飼いで飼育されている鶏の卵や無農薬の果物など、全国の農家や酪農家を回って厳選された食材を用いたパンケーキが提供されている。写真の『愛媛産 檸檬』は、20分かけてじっくりと焼き上げたプレーンのパンケーキに、自家製の練乳アイスクリームと2日間かけてコンポートした無農薬レモンを添えた一品。手間暇かけて育てられたレモンは味が濃く、その爽やかさでさっぱりと食べられるメニューとなっている。スフレパンケーキとはまた一味違うが、卵を通常の5倍使用した高さ4cmの贅沢なパンケーキは、ぜひ一度味わいたい。なお、混雑時の滞在時間は1時間とされている。

レストラン

BURN SIDE ST CAFE

icon-location-pin 原宿

神宮前にあるBURN SIDE ST CAFEは、ベーシックなスフレパンケーキをはじめ、ティラミスや旬のフルーツを乗せたパンケーキなど、スフレパンケーキのメニューが多いのが魅力。なかでも注目してほしいティラミスのパンケーキは、兵庫県芦屋でローストされたコーヒー豆を用いたエスプレッソが使用されており、上質なほろ苦さを感じることができる。また、生地にはエスプレッソに加えて自家製のリコッタチーズも使用。味がしっかりとしているため生地だけでも十分な美味しさだが、添えられているエスプレッソ入りのチョコレートソースを合わせれば、よりリッチな味わいに早変わりする。

Advertising
レストラン

uzna omom b one

icon-location-pin 原宿

東京と台湾に店を展開しているカフェ、uzna omom。キャットストリートを1本入ったところに店を構えるuzna omom b oneでは、台湾へ店を出店する際に誕生したという『厚焼きパンケーキ』を日本の店舗で唯一提供している。5cmは高さがあるであろうパンケーキが2枚重ねられたダブルは夢のような見事なビジュアルで、シンプルながらも美しい。また、ふわふわ感を出すためにメレンゲを使用するところも多いが、同店は香りを際立たせるために全卵を使用しているので、豊かな風味も楽しめる。さらに、一番上には自家製のバターがトッピングされており、このバターの塩気がまた絶妙だ。『厚焼きパンケーキ』のラストオーダーは20時。注文が入ってから丁寧に焼き上げられるため、最短でも20分は時間がかかる。

Advertising