東京、タマゴサンド6選

オーソドックスから変わり種まで、濃厚でクリーミーな味を堪能する

作成者: Yoko Asano |
Advertising
トラノモン3206

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、タマゴサンド6選

ハムや野菜などの具材をパンに挟むサンドイッチと、そのまま食べても十分おいしいゆで卵。日本人はいつもの伝統家芸でこの2つをドッキングさせ、ラーメンやアンパン、明太子スパゲッティしかり「タマゴサンド」と呼ばれる、日本オリジナルの定番料理を作ってしまった。

卵をパンにはさむ前に、ゆでてつぶしてマヨネーズであえたらよい、という発想は誰が思いついたのだろう。目玉焼きをトーストやイングリッシュマフィンに乗せたり、ゆで卵をスライスしてバンズにはさむなど、パンと卵をセットで楽しむメニューは海外でも無数にある。しかし日本人になじみのあるマヨネーズペーストスタイルは、我が国だけでしか見かけない。そして日本ではタマゴサンドこそ王道。子どもも大人も大好きなサンドイッチの具材として真っ先に挙がる。

この不動の人気を受け、都内にはさまざまなタマゴサンドが存在する。昭和の洋食店が作るオーソドックスなタイプや、タマゴサンド専門店のバラエティ豊かなもの、ねっとりした半熟卵をクリームチーズであえた濃厚なサンドイッチなど、タマゴサンド好きの世界を広げる6店を紹介する。

レストラン, カフェ・喫茶店

アメリカン

東銀座

東銀座駅から徒歩3分ほど、銀座駅からも近いサンドイッチ専門店。1982年創業の老舗で、店構えや店内も昭和の趣がある。 食パンを1人前1斤使い、パンと具材が皿からモコモコ盛り上がる巨大なサンドイッチが売り。

一番人気の『タマゴサンド』(600円)をはじめ、しっとりした食パンと、あふれるほど乗せられた具材の組み合わせは他店にはマネできない味だ。モーニング、ランチ、テイクアウトともに営業時間30分ほど前から行列ができ始め、開始1時間後にはほぼ売り切れとなってしまうので注意を。

レストラン, サンドイッチ店

虎ノ門3206

神谷町

神谷町駅徒歩1分の場所にあるサンドイッチとパスタの店。平日は朝の8時から夜20時まで通しで営業する。ふわふわのパンに具材がぎっしり詰まったボリュームたっぷりのサンドイッチが好評だ。

『ハムエッグ』『ツナアボカド』『BLTサンド』など、オーソドックスなものを含めたいろいろなサンドイッチがあるが、『デビルサンド』が特に人気。

黄味がとろりとした半熟卵と一緒に、タルタルソースやクリームチーズが挟まれた濃厚なサンドイッチだ。食べるごとにやや甘めのまったりとした味わいが口に広がる。見た目、味ともに一度食べると忘れられない、メニュー名に負けないインパクトがあり、タマゴサンド好きなら押さえておきたい。

Advertising
レストラン

みやざわ

銀座

新橋駅から徒歩5分、銀座の繁華街にあるレトロな喫茶店。昭和の雰囲気そのもので、間口の小ささと比較すると店内は割とゆったり過ごせる。サンドイッチ各種、ナポリタンやメンチカツ、オムライス、魚のムニエルなどの洋食メニューを提供。ゆで卵をつぶした『たまごサンド』は特に人気がある。

ゆでた卵、塩、コショウ、マヨネーズを使ったいわゆる定番のタマゴサンドだが、なめらかでクリーミーな味わいで飽きがこない。 店周辺にある銀座のクラブにもファンが多く、クラブ内で出すメニューとして利用されているとのこと。食べると若干塩気を強めに感じ、確かに紅茶やコーヒーより、酒と一緒につまみたいサンドイッチだ。店内でも食べられるが、16時以降はテイクアウトも可能。 

ショッピング, ベイカリー・パン屋

ブロッサム アンド ブーケ 渋谷東急東横店

渋谷

都内に複数店舗があるサンドイッチ専門チェーンの渋谷店。店名のブーケは「彩り豊かな旬の食材を集めた、ブーケ(花束)のようなサンドイッチを提供したい」という思いが込められている。

『こだわりのツナ』『佐賀有明鶏のチキンカツ』『茄子(なす)のボロニアミート』『奥久慈(おくくじ)の厚焼きたまごベーコン添え』『甘栗あんと洋梨 ブルーベリーチーズ』など、素材と調理法にこだわったサンドイッチを提供。

『タマゴ』はつぶしたゆで卵だけを挟んだオーソドックスなタイプのものだが、卵の風味を際立たせる特製マヨネーズであえているという。 どのサンドイッチも見た目が華やかで美しく、花屋で選ぶような感覚でついいろいろ買ってみたくなるだろう。 

Advertising
ショッピング, ベイカリー・パン屋

ウフタマコサンド 丸井吉祥寺店

吉祥寺

丸井吉祥寺店の1階にある、タマゴサンド専門店チェーンの吉祥寺店。タマゴサンドだけを50種類以上そろえ、卵だけのシンプルな『TAMACOサンド』や『ツナタマゴサンド』をはじめ、『サーモンわさびタマゴサンド』『アボカドチリソースタマゴサンド』『柚子胡椒チキンタマゴサンド』『ハラペーニョとモッツァレラタマゴサンド』など商品名を眺めているだけでワクワクするようなサンドイッチが並ぶ。

パンにはさまれた卵はクリーム状ではなく、ハンバーガーのパテのようなずしっとした固さを感じる。タマゴサンド好きは一度チェックしておきたい専門店の味。 

ショッピング, ベイカリー・パン屋

コメダ謹製 やわらかシロコッペ キラリナ吉祥寺店

吉祥寺

コーヒーチェーン、コメダ珈琲店が運営するサンドイッチ店の吉祥寺店。コメダ珈琲店では自家製のパンをトーストして提供し人気だが、そのアレンジで口当たりの柔らかいコッペパン(シロコッペ)も開発。シロコッペを使った約20種類のサンドイッチを販売している。

名古屋発のチェーンらしく、具材に名古屋名物を挟んだ『小倉マーガリン』や『みそかつ棒』などのシロコッペサンドをはじめ、『クラムチャウダー』『ハンバーグ・ナポリタン』などユニークなラインナップが並ぶ。 タマゴを使ったサンドイッチは3種類ある(『たまご』『ツナたまご』『鶏そぼろたまご』)。

パンのボリューム感に対してタマゴペーストの量が若干少なくも感じるが、つぶしたタマゴのクリーミーさと、しっとりふわふわのコッペパンはなかなかの好相性だ。コーヒーとの相性も良く、食感が軽いのでつい食べ過ぎてしまうのには注意を。

ライタープロフィール

Yoko Asano

フードライター。食限定の取材歴20年、『dancyu』『おとなの週末』『ELLE a table(現・ELLE gourmet)』『AERA』『日経MJ』『近代食堂』など食の専門誌を中心に、レストランや料理人への取材多数。テレビのグルメ番組への出演実績もある。『NIKKEI STYLE』(日本経済新聞社)の人気コーナー『話題のこの店この味』で毎月コラム連載中。

東京のサンドイッチを極めるなら…

レストラン

東京、フルーツサンド10選

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ >東京、フルーツサンド10選 フルーツサンドは、ただ可愛い食べ物ではない。果物は熟度を調節しながら食べ頃のものを使用していたり、使うフルーツによってクリームの甘さを変えたり、相性の良いパンを研究したり、作り手の丁寧で繊細な作業の積み重ねによって作り上げられているのだ。フルーツサンドを食べられる店は東京だけでもいくつもあるが、ごろっとタイプや細切りタイプなど、果物の切り方一つとっても店によって全く異なり、それぞれの特色やこだわりを感じられるのもまた面白い。ここでは、都内にあるフルーツパーラーやカフェ、ベーカリーなどで提供されている一押しのフルーツサンドを紹介する。みずみずしいフルーツに、ほんのり甘いクリーム、そして美しい断面。我々をこれ以上幸せにしてくれる食べ物はほかにあるだろうか。季節の果物を使用している店も多いので、年間を通してフルーツサンドの世界を堪能してほしい。関連記事:『東京、フルーツパフェ15選』『東京、プリン15選』

レストラン

東京、バインミーガイド

バインミーとは、柔らかめのフランスパンに肉やパテ、なます、香草などを挟んだベトナムのサンドイッチだ。都内でも、かつてはベトナム料理店のいちメニューとして見かける程度だったが、最近ではお洒落な専門店も続々とオープンしている。本記事では、新しいバインミー専門店や、バインミーが食べられるベトナム料理の名店を紹介しよう。

Advertising
レストラン

東京、ファラフェル10選

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、ファラフェル10選 すり潰したヒヨコマメ(ソラマメを使う地域もある)にハーブやスパイスを加え、丸く成形して素揚げしたファラフェルは、地中海沿岸、中東諸国で幅広く愛されている定番フード。植物性の素材だけで作られているのに、非常に食後感が高く、前菜やおつまみとして食することも多いが、一口大のファラフェル数個と、野菜、フムス、タヒーニ(ゴマソース)などの具材とともにピタパンで挟み、ファラフェルサンドイッチとして食べられることも多い。ここでは、東京都内で美味しいファラフェルを食べられる店を10軒紹介する。カリッと揚がったファラフェルは、ザクザクした表面の食感と中のふわっとした食感の対比が楽しいだけでなく、スパイスの香りがきっちり効いており、手頃でいてヘルシーなファストフード。お気に入りの一軒を見つけてみてほしい。

Advertising