デリバリーできるウマいカレー5選

行列店の味や噂のカレーを家や職場で楽しもう

ウミネコカレー
ウミネコカレー
作成者: Mari Hiratsuka |
Advertising

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ >デリバリーできるウマいカレー5選

テキスト:中山秀明

国内外のトラディショナルからアバンギャルドまで、多彩なジャンルのカレーが存在する東京。なかにはデリバリーに対応しているショップがあり、それは行列店でも言わずもがな。並ばずに、人気店のできたてカレーが食べられるのであれば、活用しない手はないだろう。ここでは、押さえておくべき実力派を紹介する。

レストラン, インド料理

般°若

下北沢

テイクアウト、UberEatsが利用可能。/営業時間の変更はなし。

芸能界屈指のカレー通、松尾貴史が東北沢に2009年オープンした人気店。2015年に現在地へ移転し、カレーの街、下北沢を一層盛り上げている。カレーソースは南インドやスリランカから仕入れたスパイスを駆使し、タマネギの甘味にバターやだしなどを加えた独創的な味わいと、小麦粉を使わないサラっとしたテクスチャーが特徴。

名物はイカスミのパン粉を使用した黒いロースカツが印象的な『マハーカツカレー』で、デリバリーなら1,850円だ。

カリガリカレーよじげん店デリバリー&テイクアウト
レストラン

カリガリカレーよじげん店デリバリー&テイクアウト

新宿三丁目

テイクアウトUberEats が利用可能。

神田カレーグランプリ2019でグランプリに輝いた『秋葉原カリガリ』が全面監修した、スパイス感あふれるカレーをデリバリーとテイクアウトで提供している。 特徴は、かむごとにホールスパイスが弾ける魅惑的なカレーソースと、ゴロゴロ食感の牛肉。

さらに、盛り付け時に振りかける追いスパイスがアロマティックな風味を演出する。トッピングが豊富なほか、ロカボ志向の人向けに、ライスを豆腐やゆで卵に代替したセットがあるのも魅力だ。

Advertising
Photo:Hideaki Nakayama
Photo:Hideaki Nakayama
レストラン

ネゴンボ33 高円寺

高円寺

テイクアウト、UberEats が利用可能。

食品会社などでの経験を経たカレー好きのオーナーシェフによる西所沢の人気店ネゴンボ33(negombo33)が、2018年に高円寺店をオープン。会社員時代に培った食べ歩きの経験と、インド料理教室で得た高度な技術が生むスパイスが利いた味が真骨頂だ。

メニューは、粗挽きのラム肉をワインとトマトで煮込んだ『ラムキーマカレー』(デリバリー1,600円)と、豚肉、酸味、辛味が特徴の『ポークビンダルー』(1,500円)が2大看板で、その2種のあいがけは2,000円で楽しめる。

レストラン

ウミネコカレー

幡ヶ谷

テイクアウトメインでの営業、冷凍パックのカレーを販売開始。UberEats が利用可能。/営業時間短縮。4月は11301600分(L.O.1530分)、その後は検討中。

uminecosoundsのギターボーカル、古里おさむが2015年に西永福で創業し、2015年に幡ヶ谷へ。モットーは老若男女に愛されるカレー。スパイシーでありながらマイルドな温かみもあり、とろりとしたテクスチャーがライスによく絡む。

カレーはコク深いチキン、辛味と酸味が調和したポーク、甘めで優しいヒヨコ豆、豚ひき肉を使ったキーマの4種があり、単品はデリバリーで1,150円から。2種選べるあいがけは人気で、1,500円から。

Advertising
Photo:Hideaki Nakayama
Photo:Hideaki Nakayama
レストラン

初恋

渋谷

テイクアウト、UberEatsが利用可能。/しばらくの間、営業時間を変更。1130分~17L.O.1630分) 

『スパイスバル317』をはじめ、三軒茶屋を中心に個性派レストランを展開するスパイスバルグループが、満を持してカレー専門店を2019年にオープン。スリランカと南インドの料理をベースに、和の食材と調理技法を取り入れた独創性あふれるカレーとビリヤニが二大看板だ。

一番人気の『スパイスラムキーマ×初恋チキンカレー』はデリバリーで1,380円。『本日のクラフトビリヤニ』は1,580円。夜は『スパイスバルキメラ』に変貌する。

カレー好きなら

レストラン

カレー店のオリジナルTシャツ8選

東京には数えきれないほどのカレー店が軒を並べている。これまでエリアやジャンル別などで特集を組んできたが、今回は「Tシャツ」に焦点を当てようと思う。なぜか、カレー店ではユニークで個性的なデザインのTシャツが密やかに販売されているからだ。 ここでは、ちょっぴりスパイス香るしゃれたTシャツを紹介する。

レストラン, インド料理

東京、カレー30選

イギリス人がインドの煮込み料理をカレーと名付け、明治初期に日本に伝えて以来、絶え間ない進化を続けたカレーは、日本の国民食として確固たる地位を築き、一つの料理としてくくりきれないほどの存在となった。東京でも数えきれないほどの店がカレーを提供しており、タイムアウト東京でもエリアごとや、ジャンル別などで何度も特集を組んできたが、全体を捉えることは、実に難しい。ここでは、発祥の地、インドのカレーをメインに据え、タイカレーや、日本のカレーの礎となった「欧風カレー」などをジャンルごとに紹介。

Advertising
レストラン, インド料理

神保町、カレーの名店15選

神保町での食べ歩きは非常に楽しい。 なかでもカレーは名店が集まっている。神保町でカレーが食べられる店は400軒以上あるともいわれており、スパイスがきいた本格的なインドカレー、濃厚な欧風カレー、さらっと食べやすいが後を引くスープカレー、ハーブとココナッツミルクたっぷりのタイカレー、オリジナリティーあふれるカフェのカレーなど、目移りするほどあらゆるタイプのカレーが味わえる。

おすすめ
    関連情報
      Advertising