ザムザムの泉
Photo: Kisa Toyoshima

蘭州牛肉麺を極める「ザムザムの泉」が広尾に移転

ハラル食材と5種類の打ち立て麺、秘伝の薬膳スープの魅力

作成者:
Hayashi Hisato
広告

2021年1月5日、全てハラル食材の優れた蘭州牛肉麺を提供するザムザムの泉が、広尾に移転オープンした。以前は埼玉県西川口に店舗を構え、カルト的な人気を誇っていた名物店。現在は広尾駅から徒歩3分ほどの場所にあり、明治通りに面したカウンター8席の落ち着いた雰囲気だ。

ザムザムの泉
Photo: Keisuke Tanigawa

注文が入ってから打つ、5通りの麺

メニューは、蘭州の地名や都市の花の名前が付いた、『槐〜enju〜』(3,520円)、『瑰〜meigui〜』(3,960円)、『金城〜kinjo〜(4,950円)の3種類。蘭州牛肉麺と胃に優しい副菜をはじめ、水餃子、茶、デザートなどが付いたセットを、全て20食限定で提供している。

ザムザムの泉
Photo: Kisa Toyoshima

薬膳の香り豊かな牛骨スープは濃厚で、以前よりも洗練されている印象。5種類に絞られた手打ち麺の中から、好みの太さを選んで注文するスタイルだ。トッピングのダイコンは甘く、柔らかな牛肉にはしっかりと味が染み込み、細部にまでこだわりが感じられる。

ザムザムの泉
Photo: Kisa Toyoshima

また注目したいのは、おかわり自由の『三泡台』(サンパオタイ)。蓋碗茶(ガイワンチャ)や、八宝茶(バーバオチャ)とも呼ばれ、中国の西北部のイスラム教徒、回族が飲んでいるそう。 氷砂糖、干したナツメ、クコの実、干しブドウを茶葉と一緒に抽出したもので、優しい甘味がじんわりと伝わる。

ザムザムの泉
『三泡台(サンパオタイ)』(Photo: Kisa Toyoshima)
ザムザムの泉
Photo: ザムザムの泉

体が喜ぶハラルの食材と薬膳スープ

ザムザムの泉
Photo: Kisa Toyoshima

ザムザムの泉の店主の弟は、17年前に来日。当時は別の仕事をしていたが、ハラルの中華料理店は東京に少なく、故郷で食べた蘭州の味を作り出そうと店主を呼び寄せて店を始めたという。

移転後のセットメニューには、野菜を使った健康的な総菜や、ヘルシーなデザートなどが付いている。その背景には、真から「体が喜ぶ」厳選された食事を提供したいという思いがあったと語ってくれた。

ザムザムの泉
Photo: Kisa Toyoshima

薬膳たっぷりのスープにはラー油がかかっているが、辛さはほとんどないので、苦手な人も安心してほしい。もちもちの手打ち麺と奥深いスープで体も心も温まりに行こう。

ザムザムの泉の詳細はこちら

関連記事

東京流、ハラルレストラン10選

東京のエスニック食材店ガイド

東京、ハラル向けテイクアウト&デリバリー

不動前でほっと一息、間借りのごはんや湯気がオープン

兜町、2020年オープンの注目スポット10選

最新ニュース

    広告