Yui Ohashi, Tokyo Olympics
Photo: Al Bello/Getty ImagesYui Ohashi of Team Japan poses with her gold medal for the Women's 200m Individual Medley

大橋悠依が競泳で2度目の金メダルを獲得

女子200メートル個人メドレーで快挙

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

2021年7月25日に、五輪初出場の大橋悠依(おおはし・ゆい)が競泳女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した。そしてオリンピック5日目の7月28日、彼女は競泳女子200メートル個人メドレーで2分8秒52のタイムを出し、自身2つ目の金メダルという快挙を成し遂げた。

1大会で2冠は夏の大会では日本女子初となる。競泳では2008年北京大会の北島康介以来の偉業だ。

さらに、東京アクアティクスセンターで行われた競泳男子200メートルバタフライ決勝で本多灯(ほんだ・ともる)が銀メダルを獲得。これにより、日本チームのメダル数は20になった(7月28日13時時点)。内訳は金11個、銀4個、銅5個となっている。

大阪、LGBTQ+フレンドリーなホテル&ツアー5選

東京2020オリンピック、獲得メダル数速報

13年越しの連覇、ソフトボール決勝で日本が金メダルを獲得

初採用のスケートボードで堀米雄斗が史上初の金メダルを獲得

世界のアスリートたちが選手村の食事を絶賛、24時間営業の食堂とは

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告