Unsplash
Unsplash

寿司を提供するNFTレストランがニューヨークにオープン

2.5イーサリアムから会員権の購入が可能

テキスト:
Hanako Suga
広告

デジタル資産「NFT」を使ったアートやビジネスが話題になっている。ついに世界初となるNFTレストランがニューヨークに誕生することが分かった。レストランの計画を発表したのは新興ホスピタリー企業のVCRグループ。ホームページによると、新店舗の名はフライフィッシュ クラブで、2023年上半期のオープンを目指しているようだ。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

VCR Group(@vcrgroup)がシェアした投稿

NFTマーケットでは毎日さまざまな取引きが行われており、デジタルアートやゲームなどが驚くような価格で落札されている。これまで、NFTを所有する人々のグループは、仮想の不動産やデジタルアートに関心を示すことが多かった。フライフィッシュ クラブはニューヨーク市内のビル内に完成する予定で、レストランの会員権をトークン化する。NFTで会員権を購入した人は、実際に存在するレストランで「現実の体験」ができるようになるという珍しい試みだ。

会員制度は2種類あり、メンバーになるとメインダイニングルームや屋外施設、カクテルラウンジの利用のほか、スペシャルイベントに参加できる特権が与えられるという。さらにグレードの高い「Flyfish Omakase会員」になれば、「オマカセルーム」でシェフによるスペシャルな握り寿司を堪能できる。

公式によると、料理のコンセプトは寿司などのシーフードが中心で、日本から空輸される新鮮な魚介が提供されるとのこと。ミシュランの星を獲得した、ニューヨークのSushi Zoで活躍する日本人シェフが料理を監修する予定だ。

気になる会員権の価格だが、『Flyfish』が2.5イーサリアム(2022年1月16日時点で約95万円)、『Flyfish Omakase』が4.25イーサリアム(約160万円)だ。会員権の購入は暗号資産で支払いを行う必要があるものの、店舗での飲食代は米ドルで支払うことができるとのこと。一般人にとっては現実的な金額とは思えないが、今後はNFTの活用が飲食業界にも浸透していくことが予想されている。 

関連記事

マクドナルドがポテトのM、Lサイズを再び販売休止に

2022年世界のトレンド:ABBAが変えるライブ音楽の形

日本橋にオープン、分身ロボットカフェの4つの魅力

2022年に行くべき新施設とイベント8選

東京駅八重洲口でタクシー乗り場の混雑状況が分かるサービスを実証実験

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告