ワクチン留学プログラム
ワクチン留学プログラム

英語を学んでワクチンも接種できる留学プログラムが開始

8週間で53万5,500円から

テキスト:
Time Out editors
広告

留学情報館は、英語を学びながら、現地の米国人と同じように新型コロナウイルス感染症ワクチンを接種できる『ワクチン留学プログラム』を開始した。

このプログラムは同社がアメリカ合衆国の教育機関や企業とタイアップし、今すぐにでも留学して米国で語学力を向上させたい人、あるいはいち早くワクチンを受けたい人に向けたもので、渡航先はロサンゼルス。期間は入国後14日間の隔離期間のほか、2回のワクチン接種期間を含み最短で8週間を予定しているが、要望に応じて延長などの調整も可能だ。授業は隔離期間中はオンラインでの受講、期間終了後は対面でも授業が受けられる。費用は、8週間で53万5,500円(為替変動により料金が変わる可能性あり)から。

ワクチン留学プログラム
ワクチン留学プログラム

カリフォルニア州では16歳以上の全ての住民がワクチン接種対象となっており、同州公衆衛生局の発表によると、4月16日時点で16歳以上の住民の50%が少なくとも1回は接種を行っているという。接種を終えた州民はすでに外食や旅行、野球観戦などを楽しむなど、通常の生活を取り戻しつつある。注目すべきは、人種や国籍などを問わず、米国内の住所を登録できれば、ワクチン接種が可能で、日本人もビザの有無やステータスに関係なく受けられるということだ。

同プログラムでは、日本での渡航準備はもちろんのこと、ワクチン接種に関するガイダンスを日本と米国校内で提供。滞在先では接種後に体調を崩した場合に備え、ホームステイがセットになっている。希望者にはオプションで接種会場への同行も受け付けるなど、万全のサポート体制が準備されているのは心強い。

『ワクチン留学プログラム』の詳細はこちら

関連記事

ワクチン接種済みのアメリカ人、夏からのEU旅行が可能になる見込み

コロナワクチン用の大規模接種センターが5月24日に東京都で開設へ

ニューヨーク市長が7月1日から街を完全再開すると宣言

ワクチンパスポートについて知るべき5のこと

3度目の緊急事態宣言が発令、その内容や休業施設について 

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告