Duomo di Milano
Photograph: Shutterstock/MarinaDa

ワクチン接種済みのアメリカ人、夏からのEU旅行が可能になる見込み

EU委員長がインタビューで示唆

作成者:
Sarah Medina
広告

欧州連合(EU)諸国への旅行を許可される人のリストは、この1年で大きく変動してきたが、1つだけ変わらないことがあった。それは、アメリカ人に対しては、必要不可欠な旅行以外は一切禁止という措置を取っていたということだ。それが、ようやく変わろうとしている。

2021年4月25日、欧州委員会の委員長であるウルズラ・フォン・デア・ライエンは、新型コロナウイルスのワクチンを完全に接種したアメリカ人観光客が「この夏からEUを訪れることができるようになる」という希望の光を示したのだ。まさに、紙吹雪をまきたい気持ちだ。

委員長はブリュッセルで、ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューに対して「私が把握している限り、アメリカでは欧州医薬品庁が承認したワクチンが摂取されています。そのため、自由な移動とEUへの渡航は問題ないでしょう」と述べた。アメリカ人が実際にEUへ渡航できるようになる時期については言及されてない。

次のステップは、変更されたEU公式旅行方針の加盟各国への勧告となる。しかし各国では、より厳しい国境の監理、検査や強制隔離などの追加措置を実施する権利を留保することができるため、アメリカ人旅行者の受け入れ対応が、国によって変わる可能性は残されている。

原文はこちら

関連記事

EUがワクチンパスポートを導入

2021年、ヨーロッパの注目すべき観光地10選

ヨーロッパで夜行列車路線が続々拡大

2021年版ヨーロッパの素晴らしい駅ランキングが発表

世界を代表する料理10選(ヨーロッパ、アフリカ編)

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告