Times Square, New York
Photograph: Shutterstock

ニューヨーク市長が7月1日から街を完全再開すると宣言

店舗、オフィス、劇場など再オープンへ

作成者: Time Out editors
広告

ニューヨーク市長である、ビル・デブラシオは、2021年4月29日にMSNBCの番組に出演し、7月1日(木)から、ニューヨーク市を「完全に再開」する予定であると発表した。

さらに市長は、行政関係者が期待を寄せているワクチン接種の数値について、これまでに市全体で630万回分が接種されたことを示し、以下のように語った。「ワクチン接種の取り組みは、これからもどんどん増えていくでしょう。私たちはそのために努力し続けなければなりません」

この投稿をInstagramで見る

Vosizneias(@vosizneias)がシェアした投稿


ここ数カ月、ニューヨークの街は閉鎖規制が緩和されつつあった。ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモは既に、1年以上にわたって飲食店を悩ませてきたレストランの規制を5月から正式に解除すると発表。ほぼ1年半にわたって完全に閉鎖を余儀なくされていた、ブロードウェイをはじめとする、大半のビジネス領域の規制解除も待たれていた。

市長の発表に合わせるように、市内の主要な文化施設は、屋外イベントやプロジェクトの開催を発表。例えば、リンカーンセンターでは、巨大な屋外パフォーミングアートセンターが間もなくオープンする。また街のあちこちでも、無料の屋外コンサートが開催される予定だ。

ニューヨーカーにとってこの夏は、間違いなく思い出深いものになるだろう。

原文はこちら

関連記事

ニューヨークの大麻合法化で期待される4のこと

ニューヨーク州で娯楽用大麻が解禁

ニューヨーク州がワクチンパスポートを導入

ニューヨークの廃虚桟橋に水辺の公園がオープン

ニューヨークの名物料理12選

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告