Photo: Den
Photo: Den

東京からは傳など7店選出、「アジアのベストレストラン」が発表

大阪と福岡からも各1店がランクイン

https://d32dbz94xv1iru.cloudfront.net/customer_photos/3d733c4f-4115-45d8-90f2-b7f23c2d5403.jpg
テキスト:
Emma Steen
広告

レストランは休業や時間短縮営業を余儀なくされ、外食をしなくなって久しい向きもあるだろう。しかし、ダイニングシーンが再開されるまでの間にあっても、世界の最も卓越したレストランは、常に業界をリードする存在であり続けてきた。トップシェフたちはさらなる高みを目指し、それにつれてメニューは更新され、調理技術は磨き上げられていくのだ。

そうした成果を示すものでもある2021年の『アジアのベストレストラン50』が、2021年3月25日に発表された。セレモニーの様子は以下で視聴できる。

今年の授賞式はオンラインで開催、授賞した店は例年に劣らずハイクオリティーだ。香港のザ・チェアマン(The Chairman)がトップを1位を獲得し、僅差でシンガポールのオデット(Odette)と、長谷川在佑がシェフを務める東京の傳(でん)がつけた。傳はその遊び心あふれる日本料理で人気を博し、昨年も3位を獲得している。

さらに3店がトップ10入りしており、フロリレージュ(Florilège)ナリサワはそれぞれ7位と9位、大阪のフレンチレストランのラ・シーム(La Cime)は10位から8位に躍進した。

東京だけでなく、日本ではどうなのかを知りたくなるかもしれない。トップ50に入っている日本のレストランは以下の通りだ。

東京                                                                           傳(3位)、フロリレージュ(7位)、ナリサワ(9位)、茶禅華(12位)レフェルヴェソンス(L’Effervesence) (19位、Beronia Highest Climber アワードを受賞)、オード(27位龍吟(35位)

大阪                                                                           ラ・シーム(8位)

福岡                                                                           ラ・メゾン・ドゥ・ラ・ナチュール・ゴウ(30位)

『アジアのベストレストラン 2021』の全リストはこちら

原文はこちら 

関連記事

今年も日本が最多受賞「アジアのベストレストラン50」が発表

今守るべき、アメリカのアジア系飲食店

「アジアのベストレストラン50」発表、東京からは傳など10軒がランクイン

世界を代表する料理10選(アジア編)

バンコクのローカル食堂、「アジアのベストレストラン」が功績を表彰

最新ニュース

    広告