フロリレージュ

  • レストラン
  • 原宿
  • 価格 3/4
  1. Florilège | Time Out Tokyo
    Photo: Florilège
  2. Florilège | Time Out Tokyo
    Photo: Florilège
  3. Florilège | Time Out Tokyo
    Photo: Florilège
広告

タイムアウトレビュー

川手寛康が最高のシェフであることは、以前から分かっていたこと。しかし、2015年に青山に店を移して以来、さらに腕が磨かれたようだ。フロリレージュが他店と一線を画すのにはいくつかの要素がある。まず、セッティングがドラマチック。

カウンターと壁は灰と炭の色、床は溶岩のような赤に塗られている。オープンキッチンの生け花は、ほの暗い部屋の中で、驚くほど明るく緑に輝いている。そして、川手と足早に動くスタッフたちが、スポットライトの下で静かに働いている。料理が出されるのを楽しみに待つ間、ナイフを研ぐ音や鍋の鳴る音を聞きながら、彼らを目の前で観察するのはスリリングな体験だ。

フロリレージュはよく「フレンチと和食のフュージョン」と称されるが、「その二つを区別してはいない」と川手は言う。日本でもフランスでも修業したが、名称にこだわり過ぎず、自分のスタイルを追求したいと語る。

川手のメニューには、食材のバックグラウンドや風景、季節の移ろい、日本の食文化を体験してもらうべく、11の「思い」が込められており、料理人自ら客のもとまで届ける。加えて、環境に配慮して作られた食材を使っていること、食品の無駄をできるだけなくす努力をしていることはポイントが高い。もっと多くの東京のレストランがそうなることを願う。

カウンターは16席しかないので、早くから予約を入れることをすすめたい(6人まで入れる個室もある)。

関連記事

詳細

住所
東京都渋谷区神宮前2-5-4 SEIZAN外苑 地下1階
Tokyo
アクセス
東京メトロ銀座線『外苑前』駅(出口3)徒歩5分
営業時間
12時00分〜(L.O.)13時30分、18時30分〜(L.O.)20時00/定休日は水曜
広告
関連情報