Outstanding in the Field
Photograph: Simone Anne courtesy Outstanding in the Field

ブドウ園や牧草地でロングテーブルを囲む食のイベントが開催へ

アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ各地で

https://media.timeout.com/images/105799549/image.jpg
テキスト:
Morgan Olsen
広告

コロナ禍において、食にまつわるウィッシュリストはどんどん長くなっていくものだが、そこに一行追加したくなるような、イベントのニュースが入ってきた。

絵のように美しい場所でのダイニング体験を提供する、移動型ディナーパーティー『Outstanding in the Field』の復活が決定。2021年7月から11月まで、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカの各地で、合計77のパーティーが開催されることが発表された。

22年前にスタートした『Outstanding in the Field』は、世界各地のブドウ園、ビーチ、農場、港、牧草地などで特別な食体験が楽しめるイベント。開催場所は、単に素晴らしい場所というだけでなく、それぞれの地域の食材とその起源についてのストーリーを持つところばかり。各パーティーでは、世界の一流レストランに匹敵するコースメニューを堪能できる。コースを作り出すのは、その地の食文化の点と点を結ぶために主催者がキュレーションした、受賞歴のある地元のシェフ、農家、ワインメーカー、醸造家などだ。

このパーティーがさらに素晴らしいのは、参加者が屋外に設置された一つのロングテーブルを囲むということ。例えばこれまで、オリーブ農園では敷地の真ん中、ブドウ園ではブドウの木の間、あるいは海沿いでは隠れた入り江の砂浜などにテーブルが並べられてきた。

Outstanding in the Field
Photograph: Courtesy Outstanding in the Field

ほかの多くのイベントと同様、『Outstanding in the Field』は2020年のラインアップは全て中止となった。主催者は今年の復活を前に、ゲストとスタッフの安全を確保するため、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)のガイドラインに沿って慎重に準備を進めている。

2021年にパーティーが最初に開かれるのは、カリフォルニア州サンタクルーズにある100年以上の歴史を持つリンゴ園、ハッピーバレー・ファーム。その後は、イギリスの羊牧場、ロンドンの「秘密の場所」、ガーナの庭、バーモント州のヤギ牧場、ワイオミング州の牧場、ウィスコンシン州の蒸留所などに続く。チケットは1人265ドル(約2万9,000円)からで、前菜、複数のコース料理、アルコール、会場の見学ツアー、そしてチップも含まれている。

この企画は予約が殺到することで知られており、すでに10のパーティーが完売。世界の美しい自然の中、屋外で食事をしたいと思っている人は、早めに予約するのがいいだろう。

原文はこちら

関連記事

ラスベガスにシンガポールの屋台村風フードホールがオープン

東京、自然を楽しむレジャー6選

東京、最高の自然を楽しめるスポット

大自然が満喫できる国立公園8選

コロナ後の旅行、都市も自然も楽しむフュージョントリップに注目

最新ニュース

    広告