ホットドッグ&シェイク ベルズ
ホットドッグ&シェイク ベルズ

ビーガンが集うホットドッグスタンド、週末は居酒屋に変身

昼飲みができる酒場が期間限定で登場

作成者:
Time Out Tokyo Editors
広告

20212月でオープン1周年となるホットドッグ&シェイク ベルズは、ネオンサインやピンクの壁がスタイリッシュなホットドッグスタンドだ。

ベジミートや宗教上の制約が少ないチキンソーセージのホットドッグや、ビーガン仕様のシェイクなどがあり、バックボーンに捉われず、あらゆる層がフラットに楽しめる。通常は朝4時まで営業し、飲食業界の人がプライベートで立ち寄る店として知られているスポットだ。

ホットドッグ&シェイク ベルズ
ホットドッグ&シェイク ベルズ

緊急事態宣言下で営業時間は短縮しているが、今ならではの楽しみをスタートさせた。なんと大衆居酒屋、真心(しんしん)として、週末は昼飲みができるのだ。『ポテサラ』や『マカロニサラダ』『松前漬けヤッコ』『もやし炒め』『山椒枝豆』など、なじみのある居酒屋メニューのほとんどが380円。

からしだけで食べるしっかりした味付けの『自家製餃子』や『黒酢スブタ』など、本格中華メニューもある。『牛ロースステーキ』『厚切り豚グリル』などのメインも充実し、期間限定居酒屋の概念を軽々と超えている。

ホットドッグ&シェイク ベルズ
ホットドッグ&シェイク ベルズ

特筆すべきなのが、モンサンミッシェル風のふわふわスフレオムレツやラタトゥイユ、アラビアータなどのフレンチやイタリアンも食べられるということ。それもそのはず、経営者二人のバックボーンはワインバルやフレンチやイタリアンの経験者。『烏賊×とろろ昆布SPYCYペペロンチーノ』や『豚角煮の濃厚カルボナーラ』などの創作パスタは、酒のつまみにしたくなる。

もちろん、いつものホットドッグメニューも注文できるので、シメに選ぶのもおすすめだ。

ホットドッグ&シェイク ベルズ
ホットドッグ&シェイク ベルズ

コールスローやマッシュポテトはビーガン対応がされ、ジャンクフード欲を満たしてくれるパンチのある一皿。動物性の食材を避けたいなら、居酒屋メニューを選ぶ時も相談してみよう。べジタリアンも、酒好きも、食いしん坊ならば誰をも受け入れてくれる懐の深い期間限定の真心。真の異文化交流がかないそうな、今行くべき大衆居酒屋だ。

なお、202137日(日)までは、土・日曜、祝日のみの営業(1220時)のため、注意してほしい。

ホットドッグ&シェイク ベルズの詳細はこちら

テキスト:間庭典子

関連記事

Far Yeast Brewing東京醸造所で五反田生まれのビールが誕生

キャンプや花見で使いたい最強のアイテム、一升瓶ホルダーが登場

幸せを呼ぶ青いビール「サムシングブルー」が話題に

サントリーのシングルモルトウイスキー、白州12年が復活

名店の味を自宅で、日本橋ネキのシェフなどが作るカレーセットが発売

最新ニュース

    広告