『一升瓶ホルダー』(Photo:本橋テープ)
『一升瓶ホルダー』(Photo:本橋テープ)

キャンプや花見で使いたい最強のアイテム、一升瓶ホルダーが登場

入荷待ち状態? 本橋テープによる驚きのアイデア商品

作成者: Time Out Tokyo Editors
広告

細幅織物の老舗として知られる本橋テープの『一升瓶ホルダー』(3,300円)が斬新だと話題となっている。その名の通り、日本酒の一升瓶をそのまま肩から掛けて持ち運べ、安定して注ぐことができるもの。キャンプブームでアウトドア志向が高まった今、キャンプや花見の席でも活躍しそうだ。

もともとバッグやシートベルトなどの部材としてのテープを製造販売し、問屋での取引がメインの本橋テープだが、頑丈かつ水にも強いテープを活用したアウトドアチェアやカメラストラップ、最近では取り付けが簡単な飛沫防止安全シートなど、様々なアイデア商品をリリースしている。

『一升瓶ホルダー』を開発したのは、家族連れやアウトドアフリークまで楽しめる音楽フェスティバル『ACO CiLL CAMP』に出展したことがきっかけ。毎年フェスティバルのオーガナイザーを務めるバンド、BRAHMANとOAUのメンバーに日本酒を差し入れていたのだが、ある年にBRAHMANのボーカリスト、TOSHI-LOWに直接日本酒を渡したところ、ファンサービスをしている中で受け取ったため戸惑った様子だったという。

この時に「行動の妨げになったのでは?」という反省から着想を得て、一升瓶ホルダーのプロトタイプを製作をはじめた。そして、翌年のステージではTOSHI-LOWが背負ってパフォーマンスをしたことで注目され、俳優としても活躍する井浦新がディレクターを務めるブランド『ELNEST CREATIVE ACTIVITY』とコラボレーションしたところ即完売に。

『ELNEST CREATIVE ACTIVITY』とのコラボレーション商品
『ELNEST CREATIVE ACTIVITY』とのコラボレーション商品

その後、取っ手を改良、反射板を付けるなど、よりアウトドアに特化した商品に仕上げ販売を開始したところ、2021年2月下旬から3月中旬まで出荷を待つほど、注文が殺到。現在すぐ手に入る状態ではないが、花見や本格的なフェスティバルシーズンに突入する夏に備えて手に入れたい商品だ。

一升瓶ホルダー』の公式オンラインストアはこちら

テキスト:間庭典子

関連記事

意外な組み合わせ? グッチがドラえもんとコラボレーション

ファン必見、セーラームーンのファッションアイテムが販売開始

ロエベがスタジオジブリの名作、トトロとコラボレーション 

前代未聞、時代は食べるボードゲームへ「ゲーミングスパイス」が発売

セガ 新宿歌舞伎町、ギネス世界記録に認定

最新ニュース

    広告