『ゲーミングスパイス』
『ゲーミングスパイス』

前代未聞、時代は食べるボードゲームへ「ゲーミングスパイス」が発売

スパイスブランドの珍商品が「ゲームマーケット2020秋」で披露

作成者:
Hisato Hayashi
広告

スパイスブランド『The_MIX』から、実際に食べられる前代未聞のボードゲーム『ゲーミングスパイス(Gaming Spice)』が発売される。本作はRadiator合同会社が手がけるD2Cスパイスブランド第1弾の商品となる。「食」をテーマにしたゲームは数多くあるが、食べる行為を伴うボードゲームは珍しく、ボードゲームのファンをはじめ話題を集めている。

『ゲーミングスパイス』
『ゲーミングスパイス』

8種類の厳選スパイスで味覚アセンション

『ゲーミングスパイス』
『ゲーミングスパイス』

箱の中には、52枚のカードとサイコロのほか、クミンシード、カイエンペッパー、ピンクペッパー、シナモン、カルダモンなど、8種類の厳選されたスパイスが入っている。気になるルールは、全員で食べたスパイスの味をカードで表現し、一人だけ食べていないスパイを突き止める『食べる正体隠匿ゲーム』、言葉をスパイスで表現し、食べたプレイヤーに当ててもらう『食べる伝言ゲーム』の2種類。公式ルールのほかにも、さまざまな遊び方ができそうだ。

アナログゲームの祭典『ゲームマーケット2020秋』で先行販売

『ゲーミングスパイス』
『ゲーミングスパイス』

 『ゲーミングスパイス』は、『この過労死がすごい』『顧客が本当に必要だったものゲーム』などのアナログゲーム制作で知られる、反社会人サークルとのコラボレーションにより開発された商品。2020年11月14日(土)、15日(日)に東京ビッグサイトで開かれる『ゲームマーケット2020秋』のカ01「反社会人サークル」ブースで先行販売を予定している。

『ゲームマーケット2020秋』

2020年11月14日(土)、15日(日)10時00分~17時00分
東京ビッグサイト A、Bホール
反社会人サークルの出展は14日(土)のみ

詳細はこちら 

関連記事

ミヤシタパークからタンポポの種を飛ばす、渋谷芸術祭が開幕

役者との生々しい距離感、泊まれる演劇が12月に開催

世界中の「アートなもの」を集めたARTRANDOMがオンラインで開設

東京、無料で入れる美術館・博物館16選

LGBTQに開かれた情報を発信、プライドハウス東京レガシーの試み

最新ニュース

    広告