Suntory Hakushu 12 Year
Photo: Suntory; Design: Zineb Bektachi

サントリーのシングルモルトウイスキー、白州12年が復活

2年前に廃盤になったあの商品が限定発売へ

https://media.timeout.com/images/105799670/image.jpg
テキスト:
Kaila Imada
広告

日本のウイスキー愛好家は、サントリーが5月に新たな限定ウイスキー『響』と『山崎シングルモルト』を発売することを知って興奮した。そこに、さらにうれしいニュースが飛び込んできた。

2018年6月に製造中止となった、日本のトップウイスキーの一つ『白州12年』が、2021年3月30日(火)に再び販売されることになったのだ。

海外からも高い評価を得ているサントリーのウイスキーは、「ジャパニーズウイスキー」の圧倒的な人気と需要で在庫が枯渇。2年前に生産を中止していた。

サントリー『白州12年』は、南アルプスの北に位置する甲斐駒ヶ岳で蒸留されている。すっきりとした甘さとソフトでスモーキーな後味が特徴で、若葉や青リンゴ、ジャスミンの香りも感じられるウイスキーだ。今回の新樽(だる)で限定発売されるのは、10年以上熟成されたものとなる。

本数は明らかになっていないが、数量限定であることは間違いない。もし、この一本を手に入れたいと思っているのであれば、早めにチェックしよう。

関連記事

サントリーが響と山崎の新ウイスキーを数量限定発売

イチローズモルトとサントリー山崎が新ウイスキーを発売

ビールの楽しさに目覚めるブルワリーパブが五反田の高架下に登場

広尾のニューレトロスポット、スナック すいかで乾杯

東京、ベストバー100選

最新ニュース

    広告