Commuting
Photograph: Shutterstock/Benoist

イギリスで盛り上がりを見せる、週4日労働の導入

レディング大学が調査結果を発表

Ed Cunningham
テキスト:
Ed Cunningham
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

数カ月前まで「週4日労働」は遠い夢のような話だった。週当たりの労働時間を減らし週休3日を実現して、給料は同じというのは、現実味がないように思えたからだ。しかし今やこの考えは主流になりつつあり、世界中でより多くの企業や政府が、週4日労働の未来というアイデアを受け入れている。

労働者は少ない日数で働くことに直面した場合、より生産的になり、より良い「ウェルビーイング」が享受できる。これが、週4日労働が注目されている主な理由といえる。実際いくつかの研究では、従業員の個人的な時間が増えることで、生産性と利益の両方が実際に増加することが示されているのだ。週4日労働の導入運動にはある程度の歴史があり、これまでもいくつかの試みは行われてきた。しかし近頃、この労働スタイルはさらに勢いを増しているように思える。

レディング大学が最近発表した調査結果によると、調査したイギリス国内の500の企業の65%が、週4日労働を導入。それらの企業では、従業員の仕事の質が向上し、ストレスレベルの低下が見られ、働き手の確保や維持も容易になったそうだ。その結果、毎年平均1万8,000ポンド(約276万円)の節約が実現したという。

イギリスでは2022年初めから、「週4日労働キャンペーン」が主導する大規模なトライアルが実施されている。これはオックスフォード大学とケンブリッジ大学の協力のもとで進められていて、30社以上の企業が参加。さらに、ウェールズ政府全体が加わる可能性もある。

一方ニューヨークでも、3月初旬に州知事と市長が、パンデミックをきっかけとして週5日労働の終えんを迎えつつあることを示唆した。2人の非常に高い地位にいる人物が、将来的な週4日労働導入の可能性を語ったのは、大きなことといえる。

週3日の休みをぬくぬく過ごせるようになるまで、本当にあと少しかもしれない。さて、次に検討するべきは、週3日労働だろうか? 

原文はこちら

関連記事

ニューヨークでの週5日労働が終えん?

コロナ禍の働き過ぎを解消、アメリカで週32時間労働制を導入か

テーマは「働くがととのう」、サウナ併設のコワーキングスペースが東日本橋に登場

東京、快適なコワーキングスペース7選

代官山蔦屋書店に食べ飲み放題のコワーキングスペースが誕生

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告