Skyline Midtown NYC
Photograh: Courtesy Shutterstock

ニューヨークでの週5日労働が終えん?

知事と市長が新しい働き方の可能性を示唆

Shaye Weaver
テキスト:
Shaye Weaver
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

もし仕事の休みが週3日あったら、どんな生活が送れるだろうか。寝不足を解消でき、観たかった展覧会のために美術館へ行くこともできる。友人とブランチをする日がもう1日増え、週末を雑用にだけに費やさずに済むかもしれない。つまり、週4日労働制の導入は画期的なことなのだ。

イギリスでは30以上の企業で、週4日労働の導入トライアルが始まっている。トライアル参加企業の従業員は、これまでと同じ週35時間までの労働をするように求められるが、働く日数は今までの5日ではなく4日となり、給料は変わらないという。

アメリカの労働文化からすれば、週4勤務の導入は望み薄だと思う人もいるかもしれない。しかし、ニューヨーク州知事のキャシー・ホークルやニューヨーク市長のエリック・アダムスによると、状況はパンデミックをきっかけにはっきりと変わっているという。

2022年3月頭、両人は週休2日制が過去のものになるかもしれないことを認めた。ニューヨークポスト紙によると、知事は週休2日制について「二度と週休2日制に戻らない可能性がある。フレキシブルな4日間、もしくは3日半になるかもしれない」と述べた。

彼女の発言は、人々をオフィスへ戻すというスタンスを完全に覆したようにも聞こえるが、そうではない。彼女は、雇用主が従業員をフルタイムで復帰させるのに苦戦しているため、週の労働日数は少なくなっていくのだろうと認識しているのだ。

この2年間、在宅勤務をしている我々は、その便利さと快適さに慣れている。ひどい通勤時間もなく、不快なオフィス文化に我慢する必要もない。最近、地下鉄の犯罪が増加しているため、家で働く方が安全だと感じている人も多いだろう。報道によると、ニューヨークの労働者のうち、フルタイムでオフィスに戻ったのはわずか35%だそうだ。

とはいえ経済回復、創造性、社会発展に拍車をかけるためにも、ホックルは「最低でも3、4日はオフィスに入ってほしい」と語ったと、ニューヨークポスト紙は伝えている。

NBCニューヨークによると、市長はこの問題に対して「働くこと、そしてニューヨークがどのような姿になるのか、新しい時代に突入している」と語ったという。ニューヨーカーをオフィスへ戻すというスタンスを覆したようにも聞こえ、知事よりさらに大きく考え方を変えたようにも思える。

ただ一方で、知事と同様に「対面」が働き方の中心に戻るのは時間の問題だと考えているのか、市長は次のように発言もしている。「一つだけ確かなことがある。このような都市をリモートで動かすことはできない。仕事中の交流は必要だ」

週4日労働についてどう思うだろうか?

原文はこちら

関連記事

コロナ禍の働き過ぎを解消、アメリカで週32時間労働制を導入か

東京、快適なコワーキングスペース7選

テーマは「働くがととのう」、サウナ併設のコワーキングスペースが東日本橋に登場

東京、飲みながら仕事できるクラフトビール店5選

アンナ・デルヴェイがだましたニューヨークのホテル5選

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら   

最新ニュース

    広告