Cup Noodles Museum Hong Kong Nissin Foods Company Limited
Photograph: Courtesy Nissin Foods Company Limited

カップヌードルミュージアムが香港に上陸

三つの「ファクトリー」で商品作りを体験

作成者:
Jenny Leung
広告

日清食品が、日本で運営しているカップヌードルミュージアムを香港にオープンさせることになった。ロケーションはチムサーチョイ(尖沙咀)のショッピングモール、チャイナホンコンシティ(中国香港城)。香港の人々が、クリエーティブでユニーク、かつインタラクティブな「日本への旅」を楽しめるスポットとして話題になりそうだ。

同施設の延床面積は1万平方フィート(約930平方メートル)。オリジナルのカップヌードル作りが体験できる日本で人気の「ファクトリー」はもちろん、日清食品の創業者でチキンラーメンやカップヌードルの開発者である安藤百福の創造的思考に迫る展示、インスタ映えスポットなどで構成される。

香港での「ファクトリー」のラインアップは三つ。『カップヌードルファクトリー(我的合味道工作坊)』と 『出前一丁ファクトリー(出前一丁工作坊)』では、自分だけのオリジナルインスタント麺作りが体験でき、香港で「世界初登場」となる『マイグラノーラファクトリー(榖物麥片工作坊)』では、グラノーラ作りを体験しながら、商品のストーリーや製造工程を学ぶことができる。

ミュージアムの正式なオープン日やチケット情報などの詳細は、近日中に発表される予定だ。

原文はこちら

関連記事

コンビニで買うべきカップ麺9選

マスターシェフが作るAFURI風ラーメンレシピ

2020年10月、大阪にベビースターラーメンのテーマパークが誕生

東京、激辛ラーメン2020

香港のラグジュアリーホテルに居酒屋がオープン

最新ニュース

    広告