Noord in Amsterdam
Photograph: fokke baarseen / Shutterstock.com

週の労働時間が最も短い国はオランダ

OECDがデータまとめ、北欧の国々も追随

Ed Cunningham
テキスト:
Ed Cunningham
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

パンデミックとワークフロムホーム(WFH)の台頭を受け、人々はようやく生活の優先順位をはっきりさせつつある。ワークライフバランスは以前にも増して重要視され、世界各地では週休4日制が浸透。人々は日常が戻ろうとしている今でも、リモートでの仕事を続けたがっている。

しかし、国によってはそもそも以前から労働時間が短いところもある。労働文化の違い、雇用者権利の確立、賃金の高さなどその要因はさまざまだが、そうした国ではすでにワークライフバランスが成立しているといえる。

では、どの国が最も労働時間が短いのだろうか。経済協力開発機構(OECD)が、データを精査し、それを明らかにした。

OECDが38カ国の平均労働時間をまとめたページによると、2020年 (入手可能な最新のもの)に最も労働時間が短い国は、オランダとなった。オランダ人の平均労働時間は週29.5時間だったそうだ。2位以下は、デンマーク(同 32.5時間)、ノルウェー(同33.6時間)と続いている。ワークライフバランスを重視するならば、北欧に住むのがおすすめということなのかもしれない。

OECD加盟国全体の平均労働時間は37時間で、イギリスは36.3時間、アメリカは38.7時間だった。一方、最も労働時間の長い国は、コロンビア。コロンビア人は毎週平均47.6時間という驚異的な労働時間をこなしているようだ。週の労働時間が短さで10位までに入った国は以下の通り。

週の労働時間が短い国ランキング(OECD)
※数字は週の平均労働時間

1. オランダ 29.5時間
2. デンマーク 32.5時間
3. ノルウェー 33.6時間
4. スイス 34.6時間
5. オーストリア 35.5時間
5. ベルギー 35.5時間
5. イタリア 35.5時間
8. アイルランド 35.6時間
9. スウェーデン 36時間
10. フィンランド 36.3時間
10. イギリス  36.3時間

原文はこちら

関連記事

イギリスで盛り上がりを見せる、週4日労働の導入

コロナ禍の働き過ぎを解消、アメリカで週32時間労働制を導入か

ニューヨークでの週5日労働が終えん?

駐日オランダ王国大使に聞く、東京を自転車に優しい街にする方法

2022年「世界で最も幸せな国」は5年連続でフィンランド

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告