Photo by Jezael Melgoza on Unsplash
Photo by Jezael Melgoza on Unsplash

渋谷駅直結の地下商店街「しぶちか」が7月に再オープン

初の飲食店が入居

作成者: Time Out Tokyo Editors
広告

建物の老朽化のため、2020年9月に閉鎖され大規模改修が行われていた、渋谷駅直結の地下商店街「しぶちか」が、2021年7月1日(木)にリニューアルオープンする。同地下街は、戦後の渋谷駅周辺で商売をしていた露天商が原点となり、1957年に誕生。昭和レトロな雰囲気がある場所として親しまれていた。

リニューアル後は「Another scramble」をコンセプトに、直上の渋谷駅前スクランブル交差点と「少し違う顔を持つ、来街者の気分転換となれるような場所」を目指す。  

出店数は22店と縮小されたが、AZLM コネクテッドカフェや、おむすび権兵衛、ビアードパパの作りたて工房などの飲食テナントが初出店そのほか、ペットグッズさとう、喫煙具などを販売するありいづみ、ダンスウエア店のマルコシなど、以前からあった店舗も再出店する。

7月10日(土)には、渋谷 東急フードショーも大規模なリニューアルを経てオープン。昭和な雰囲気から、新たに生まれ変わる「しぶちか」に、この夏足を運んでみては。

関連記事

渋谷109に「ヤクルトのアイス屋さん」が期間限定オープン

森にこもって体と意識をリセット、休日は3泊4日のウエルネス合宿へ

下北沢で異彩を放つ大型個店街、リロードが線路跡地に6月開業

ドミノピザが新境地へ、日本食ピザこと「ピザライスボウル」を発売

東京、ベストスニーカーショップ

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

 

最新ニュース

    広告