リロード
AD Graphic / Kotaro Morioka

下北沢で異彩を放つ大型個店街、リロードが線路跡地に6月開業

カレーと服飾の複合店、シーシャバー、ギャラリー併設書店など24棟

作成者: Genya Aoki
広告

下北沢感のない洗礼された外観に面食らうかもしれない。しかし、先入観は一度捨ててほしい。この中には下北沢らしさを残しつつも、街を前に進めるユニークさを兼ね備えた個店が軒を連ねている。

小田急電鉄は、2021年6月16日(水)に下北沢駅と東北沢駅の中間に「店主の顔が見える」個性豊かな商業空間、リロード(reload)を開業する。

下北線路街プロジェクトの一環で、店舗やアートギャラリー、ポップアップイベントのための新たなスペースだ。全24棟から成る分棟式の建築で、店が並ぶ路地を巡って楽しめるような構造になっている。

リロード
リロード

大型商業施設とは一線を画し、千葉県柏の名店、ボンベイのカリスマシェフが手がけるカレーとアパレルの複合店であるサンゾウ トーキョー(SANZOU TOKYO)や、写真にフォーカスしたアートギャラリーのグレート ブックス(GREAT BOOKS)、創業100年を超えるアイウエアブランド、増永眼鏡(MASUNAGA1905)など個性豊かなテナントが入居する。

グレート ブックス(GREAT BOOKS)
グレート ブックス(GREAT BOOKS)

ほかにも、京都のコーヒーロースターである小川珈琲の旗艦店であるOGAWA COFFEE LABORATORY(コーヒービーンズストア コーヒースタンド)では、自分自身での抽出や、バリスタがおすすめするコーヒー器具の使用、焙煎(ばいせん)体験などもできるというコーヒー好きにはたまらない店だ。

しもきた茶苑大山
しもきた茶苑大山

スイーツ好きなら、しもきた茶苑大山をチェックしよう。「日本一の茶師兄弟」とメディアで連日取り上げられている、茶師十段の大山兄弟が営む日本茶専門店。数量限定で販売される『自家焙煎ほうじ茶』などの茶メニューはもちろん、上質な抹茶エスプーマをかけた『茶師十段のかき氷』は、整理券なしでは口にできないほどの人気だとか。同店は、9月オープン予定と少し先だが、待つ価値は十分にありそうだ。

チョット(chotto)
チョット(chotto)

劇場やライブハウスなどあらゆる表現の発信地、下北沢を感じさせるのはシーシャバーのチョット(chotto)だ。ここは、役者やミュージシャン、ダンサーなど、さまざまなステージで活躍する表現者がスタッフを務め、客は彼らと自然に交流することができるというコンセプト。また、併設するギャラリーではミニライブやワークショップを開催する。コミュニケーションツールはシーシャを軸に、ヌイ(Nui)のバーテンダーであるKazuが監修したモクテルなど、ひねりのきいたアイテムばかり。「ちょっと」寄ってみて、交流を楽しんでほしい。

ボディメンテナンススタジオやウェルネスカフェなどもあるほか、ポップアップ店舗やイベントスペースも完備。各店舗をつなぐ屋外通路には、豊富に植樹された緑とテラス席やベンチがあり、心地よい時間を過ごすことができる。

下北沢の地域に根付いた人、店、文化を守りつつ、新たな歴史を作っていく個性豊かな面々によってリロードされ続ける個店街。要チェックだ。

リロードの詳細情報はこちら

関連記事

下北沢で過ごす24時間

下北沢で注目の新施設、ボーナストラックのベストショップ5選

下北沢の温泉旅館、由縁別邸 代田に離れがオープン

下北沢、レコードショップリスト

東京、オープンエアで食べる店18選

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告