ピグニックファームアンドカフェ
ピグニックファームアンドカフェ

あきる野にマイクロブタと遊べるファーム&カフェがオープン

ブタ顔のドーナツやマカロンも、ピグニックファームアンドカフェ

作成者: Genya Aoki
広告

2021年6月4日、東京都あきる野市にピクニック気分でマイクロブタと触れ合える、ピグニックファームアンドカフェ(pignic farm&café)がプレオープンした。

運営はマイクロブタ関連の多岐にわたる事業を手がけるリトルピッキーズ(Little Piggies)社。イギリス生まれのマイクロブタは日本ではまだ認知度が低いが、ミニブタよりもさらに小さく、成長した後でも体重は20キログラム前後。きれい好きで賢い上に、かわいく、猫や犬に比べてアレルギー症状の心配が少ないため、海外では新たなペットとして注目が集まっている。

ピグニックファームアンドカフェ
ピグニックファームアンドカフェ

同施設は、1900坪の敷地の中に広々とした緑あふれる牧場やガーデンテラス、ラウンジ、カフェなどを完備。屋内、屋外問わず施設内の至るところで元気に駆け回るたくさんの「Pigちゃん」を眺めたり、遊んだりすることができる。人懐こい性格なので、足を伸ばすと膝の上でぐっすり眠ることもあるとか。 

ピグニックファームアンドカフェ
ピグニックファームアンドカフェ

カフェのメニューはコーヒーとドーナツ、マカロンなどを用意。コーヒーは、コーヒー豆の産地や品種、ブレンドにこだわりを持つ小川珈琲から取り寄せたコーヒーを提供する。スイーツは手作りドーナツ専門店のフロレスタと、ココマカロンから取り寄せている。見た目もかわいらしいブタ顔のドーナツやマカロンは、食べるのがもったいないほどだ。

ピグニックファームアンドカフェ
ピグニックファームアンドカフェ

同社は、「人と動物が互いにストレスなく触れ合える空間を日本に作り出すこと」を使命と考えて、すでにマイクロブタが「新しい家族の一員」として広く認知されているイギリスの体験型牧場システムを導入した。「Pigちゃん」が健やかに過ごすために、広い敷地内で毎日活発に走り回れるような環境を整備。また、獣医師と家畜衛生保健所の指導のもと防疫に力を入れ、全ての「Pigちゃん」の健康管理を実施している。

今後は、日本初のマイクロブタ専用の預かりサービス『ピグニックホテル(pignic hotel)』ができるほか、マイクロブタ専用のヘルシーで栄養バランスの良いオリジナルのフード『ピグニックフード(pignic food)』を6月下旬から販売する予定だ。

入園は事前予約制。公式ウェブサイトの予約フォームから申し込もう。電話での予約受付は行っていないので注意してほしい。週末、気軽なピクニック気分で「Pigちゃん」のコミカルで楽しい魅力に癒やされてみるのはいかがだろう。

ピグニックファームアンドカフェの詳細情報はこちら

関連記事

上野動物園の人気パンダ、シャンシャンが4歳に

動物と触れ合えるグランピング5選

森林火災の回復へ「よみがえれ!コアラの森」寄付キャンペーン開始

マザー牧場にグランピング施設がオープン

稲城の新感覚フラワーパーク、ハナビヨリでホタル観賞会がスタート

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告