任天堂
任天堂資料館(任天堂ニュースリリースから)

任天堂が宇治小倉工場を資料館としてリノベーション

過去に発売した商品などを展示、2024年3月開館予定

作成者: Time Out editors
広告

京都市南区に本社を置く任天堂は、任天堂宇治小倉工場用地とその建屋を、過去に同社が発売した商品を展⽰する資料館である任天堂資料館(仮称)として利用することを決定した。展示と体験を行う観光施設としての集客を目指し、2023年度(2024年3月期)の完成を予定している。

同工場は、1969年に京都府宇治市小倉町に「宇治工場」として建設後、現在の宇治工場(京都府宇治市槇島町)の建設と増改築に伴い、1988年に「宇治小倉工場」と改称、主にトランプや花札の製造、ゲーム機の修理業務を行っていた。2016年11月には、こうした業務も宇治工場に移管されたため、用地および建屋の用途が検討されていたという

また、任天堂は以前から、ものづくりに対する考えを広く理解してもらうために、過去の商品を展示する資料館施設の設置を検討してきた。それらの条件に加えて、今回宇治市が近鉄小倉駅周辺の活性化を図るという意向を受けて、宇治小倉工場のリノベーション決定に至った形だ。

資料館は歴史を重ね、製品が増えていくとともに展示作品も増えていくことだろう。やがては私たちが親しんでいるニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)などのアイテムも同館で目にする日が来るかもしれない。

関連記事

もはや現代アート?巨大イカのモニュメントがついに完成

もう一つの東京五輪、国立代々木競技場が重要文化財に指定

山奥に眠るメタボリズム建築の傑作が宿泊施設へ

壁に生々しい銃痕、戦禍伝える旧日立航空機立川工場変電所が8月公開

森美術館がリニューアル、新たにミュージアムショップなどオープン

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告