01_美術館・展望台チケット/インフォメーション イメージ図
美術館、展望台チケット/インフォメーション イメージ図

森美術館がリニューアル、新たにミュージアムショップなどオープン

開館記念展示は『アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人』

テキスト:
Time Out editors
広告

東京、六本木の森美術館が、約3カ月間の改修工事期間を経て、2021年4月22日(木)にリニューアルオープンする。リニューアルされたのは、主に以下の3点だ。

1. 新チケットシステムの導入

新チケットシステム
新チケットシステム

新たに導入するチケットシステムでは、オンラインでのチケット販売や「QRコード」認証の活用など新型コロナウイルス感染症対策に配慮、来館者の利便性の向上を図ります。併せて入館料を改定し、土・日曜・休日料金やオンライン事前購入料金を新たに設定。

2. 入館料の改定

これまでは展望台東京シティビューとの共通チケット制となっていたが、森美術館の単独チケット制に切り替える。混雑緩和にも配慮して土、日曜、休日料金や専用オンラインサイトでの購入による割引料金も設定する。入館料は以下の通り。

・当日窓口(平日)2,000円、65歳以上1,700円、学生1,300円、4歳〜中学生700円

・当日窓口(土・日曜・祝日)2,200円、65歳以上1,900円、学生1,400円、4歳〜中学生800円

・オンライン(平日)1,800円、65歳以上1,500円、学生1,200円、4歳〜中学生600円

・オンライン(土・日曜・祝日)2,000円、65歳以上1,700円、学生1,300円、4歳〜中学生700円。

3.  森美術館 ショップがオープン

森美術館 ショップ イメージ図
森美術館 ショップ イメージ図

ミュージアムショップを増床し、森タワー53階の美術館内の店舗、森美術館 ショップ 53に加え、4月28日(水)には旗艦店となる「森美術館 ショップ」を六本木ヒルズウェストウォーク3階にオープン。このエリアでは入館料不要でアクセスでき、同美術館限定のロゴグッズやゆかりのあるアーティストとのコラボレーショングッズ、デザイン雑貨やZINEなどを販売する。

奈良美智 モレスキン カイエジャーナル(©Yoshitomo Nara)
奈良美智 モレスキン カイエジャーナル(©Yoshitomo Nara)
ウィスット・ポンニミット 版画 『YOU ARE THE DOOR TO MY HAPPINESS』
ウィスット・ポンニミット 版画 『YOU ARE THE DOOR TO MY HAPPINESS』

オープン記念には、ノートブック、モレスキンの奈良美智限定エディション(3,700円)、ウィンスット・ポンミニット(通称マムちゃん)限定35部の版画『YOU ARE THE DOOR TO MY HAPPINESS』(4万5,100円)などを販売するほか、同ショップ内に釉薬の使い方に定評のある青木良太のポップアップショップを立ち上げ、期間限定で新作プレートボウル(価格未定)を販売する。

青木良太 新色プレート、ボウル( ※画像はイメージです)
青木良太 新色プレート、ボウル( ※画像はイメージです)

森美術館 ショップ 53、あるいは森美術館 ショップで1,650円以上購入した人には、NEWSED製のキーホルダーを先着順にプレゼントする(4月28日から開始、森美術館 ショップ 53で先着600人、森美術館 ショップで200人)。

NEWSED製 ワン アンド オンリー・キーチェーン(画像はイメージです)
NEWSED製 ワン アンド オンリー・キーチェーン(画像はイメージです)

さらに、今回のリニューアルオープンを飾る展覧会として『アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人』を開催予定。三島喜美代、アルピタ・シン、フィリダ・バーロウなどキャリア50年以上、世界各地で今なお現役で活躍する71歳から105歳までの女性アーティストの意欲的な作品を紹介する。

『アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人』の詳細はこちら

関連記事

草間彌生、ニューヨーク植物園での大規模個展がついに開催

奥能登国際芸術祭が開催延期に、2021年の秋を予定

国立科学博物館で「大地のハンター展」を楽しむ5のこと

史上初の全4巻一挙公開、「国宝 鳥獣戯画のすべて」展が開幕

山奥に眠るメタボリズム建築の傑作が宿泊施設へ

変容する六本木に新たなアートコンプレックスANB Tokyoが誕生

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら
 

最新ニュース

    広告