森美術館

  • アート
  • 六本木
  • お勧め
Mori Art Museum
Photo: Mori Art Museum, Tokyo
広告

タイムアウトレビュー

森美術館の成功の秘密は、並外れた人気を博している六本木ヒルズの中に位置し、森タワーの53階にあること。52階の展望台 東京シティビューも併せて訪れれば、バーやカフェ、パノラマ式のデッキからの素晴らしい眺望も楽しめる。夜遅くまで開いているので、ますます足を運びやすい。

展覧会は意図的に変化をつけてあり、過去の催しにはビル・ヴィオラのビデオアートや現代芸術におけるユーモアを巡る展覧会もあった。東京シティビューからの眺めは厳密にいうと360度ではないし、東京都庁舎の無料の展望台と比較すると高価ではあるが、眺望はこちらの方が素晴らしい。

2021年4月21日にリニューアル、入館料不要でアクセスできる森美術館 ショップを六本木ヒルズウェストウォーク3階にオープンした。

詳細

住所
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53階
Tokyo
アクセス
東京メトロ日比谷線『六本木』駅 直結/都営大江戸線『六本木』駅 徒歩4分
営業時間
10時00分~20時00分(火曜日は17時まで)/入館は閉館の30分前まで/展示替えを除いて無休

開催中

地球がまわる音を聴く: パンデミック以降のウェルビーイング

パンデミック以降の時代にあって心身ともに健康である「ウェルビーイング」とは何か、を考える展示が森美術館で開催される。「自然と人間」「日常」「メンタルヘルス」など多様なテーマを美術館で五感を通した生々しい体験として実感することで、本展が鑑賞者それぞれにとって「よく生きること」について考えるきっかけとなることを目指す。 参加アーティストは、ロベール・クートラス、小泉明郎、オノ・ヨーコ。ヴォルフガング・ライプら16人。タイトルの「地球がまわる音を聴く」はオノの作品から採っており、私たちが壮大な宇宙の営みの一つに過ぎないことを想起させるものだ。 さまざまな作品を通して、未来の展望を考えてみては。 ※予約は専用オンラインサイトからでも受け付けている

広告
関連情報