Musica
Photograph: courtesy of Musica

ニューヨークに市内最大のナイトクラブがオープン

イタリアで人気のMusicaがアメリカ上陸

Shaye Weaver
テキスト:
Shaye Weaver
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

2022年5月21日、ニューヨークのヘルズ・キッチン地区に、市内最大のナイトクラブとなるMusica(住所:637 West 50th Street)がグランドオープンした。これはこの街におけるナイトライフの復活の兆しを告げる、大きな出来事といえるだろう。

このクラブは、2万5000平方フィート(約2322平方メートル)の広さを誇る。1階は「The Whisper Room」と呼ばれる豪華なラウンジで、バー、ステージ、プライベートルーム、キッチンなどで構成。その上のメインフロアは、2つのバー、VIPラウンジ、カクテルラウンジから成る巨大空間だ。そしてオープンエアのルーフトップからは、ハドソン川の景色が楽しめる。

 Musicaは、世界各地でバーやレストランを経営するジュゼッペ・チプリアーニと、イタリアのベネチア近郊にクラブ、il Murettoを所有する実業家ティト・ピントンがタッグを組んだ共同プロジェクト。彼らは、ナイトライフの第一人者であるロッコ・アンカローラやMade in Italy Groupのフランチェスコイ・ベルカロとともに、エンターテインメントや音楽イベントを企画してきた経験を持つ。2人はプレスリリースで、「ニューヨーカーのために、これまでにないナイトライフを提供する」とコメントしている。

Musicaは2020年7月、イタリアのビーチリゾートとして知られるリッチョーネに最初のナイトクラブをオープンした。

これについてピントンはプレスリリースで、「イタリアでのMusicaの反響に圧倒された。我々のサービスとエンターテインメントが地元の人々、セレブリティ、業界のエリートたちの間で強く共鳴していることにとても感謝している」と述べ、ニューヨークへの上陸について「イタリアで知られているエネルギーを、トップクラスのナイトライフがあるこの街にもたらすことができ、とても興奮している」と語っている。

21日は、ニック・ファンチューリ、Malone、レジデントDJのヘクター・ロメロとサシャ・バルドーがグランドオープニングナイトを盛り上げた。今後のラインアップは、Instagramでチェックしよう。

原文はこちら

関連記事

ニューヨークに「世界で最も細い超高層ビル」が誕生

ニューヨークでノートリアスB.I.G.をたたえるメトロカードが発売

ニューヨークの空港、ビールなど「法外」な値付けを禁止に

ニューヨークに「逆さま美術館」がオープン

ニューヨークの最新隠れ家バーは鍵屋兼靴修理屋の奥

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告