『マリトッツォ(チョコ入りホイップ)』
『マリトッツォ(チョコ入りホイップ)』

ローソンストア100がチョコ入りホイップの「マリトッツォ」を販売

冷蔵用のクリーム使用でバランス良くあっさりとした味わい

作成者: Genya Aoki
広告

2021年6月9日(水)、ローソンストア100がオリジナルで商品開発した『マリトッツォ(チョコ入りホイップ)』を販売開始する。「マリトッツォ」とは、バターや牛乳を使用したブリオッシュ生地のパンに、ホイップクリームをぎっしりと挟んだローマの伝統菓子だ。現地では、カプチーノなどの飲み物と一緒に朝食としても親しまれている。

2019年ごろから全国のベーカリー店で販売されて以降、徐々にスイーツ好きの間で話題になっていた。東京では、イータリー原宿やスターバックス コーヒー ジャパンに併設しているプリンチなどが提供を開始して以降、さらにその人気が増し、2021年の注目スイーツといわれている。

大手チェーン店も続々と商品開発しており、星乃珈琲店はパンの田島とコラボレーションした「たっぷリッチ パンケーキ」の発売を始めた。セブン-イレブンは関東の一部地域限定で提供、山崎製パンは常温の菓子パンとして安価に販売するなど、コンビニやスーパーマーケットなどでも熾烈(しれつ)な争いを繰り広げている。

『マリトッツォ(チョコ入りホイップ)』
『マリトッツォ(チョコ入りホイップ)』パッケージ

ローソンストア100のオリジナルスイーツ『マリトッツォ(チョコ入りホイップ)』は、ほんのりバター風味のブリオッシュパンに、削りチョコが混ざった軽やかなホイップクリームを挟んだもの。「マリトッツォ」は専門店では500円以上の品も多いが、手軽に味わってほしいという思いから、同社では1個108円で販売。製造工程を減らすことで、より少人数で多くの商品を製造できるように工夫を施し、手頃な価格に反映させている。

パンにバランス良く合うクリームを追及し、常温品ではなくケーキなど要冷蔵のデザートに使用するホイップクリームを採用したという。見た目のボリュームに反して、クリームがあっさりとした味わいで、最後の一口まで飽きることなくペロリと食べられるだろう。クリームがおいしいので、バナナやオレンジなどのフルーツをトッピングしてアレンジするのもおすすめだ。

全国のローソンストア100で購入できる。これを機に「マリトッツオ」のおいしさに目覚めてみては。

ローソンストア100の詳細情報はこちら

関連記事

星乃珈琲店とパンの田島がコラボした「たっぷリッチパンケーキ」が話題

マンゴー好き必見、日本茶モクテルと合わせるアフタヌーンティーが登場

東京、フルーツサンド12選

東京、フルーツパフェ15選

東京、プリン11選

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告