Drive My Car
Photo: Courtesy of Janus Films

「ドライブ・マイ・カー」、アカデミー賞にノミネートなるか

前段階の最終候補リスト入り

Emma Steen
テキスト:
Emma Steen
広告

2021年カンヌ国際映画祭で脚本賞を含む4冠を達成した日本映画『ドライブ・マイ・カー』(監督:濱口竜介)が、アカデミー賞でもスポットライトを浴びる可能性が出てきた。2021年12月21日に発表された第94回アカデミー賞国際長編映画賞部門の最終候補リスト(ノミネーションの前段階、15作品)に選ばれたのだ。

この作品の原作は、村上春樹の短編小説。広島でチェーホフ原作『ワーニャ伯父さん』の舞台に取り組む、演出家家福悠介(西島秀俊)を中心に、3時間に及ぶ物語が展開される。

妻である音(霧島れいか)を亡くした悠介。演劇祭で滞在している広島で彼は、車での移動中にカセットテープに録音した音の声をに聴いていた。悠介を毎日送迎するのは、専属運転手の渡利みさき(三浦透子)。最初は妻への未練を一人で解消しようとしていた悠介だが、徐々にみさきと打ち解けていく。そして、彼女もまた悠介に自身の喪失を打ち明ける。

本作は2022年1月9日(日)に開催予定の第79回ゴールデングローブ賞の非英語映画部門に、『Compartment No. 6』(ドイツ、ロシア、フィンランド)、『The Hand of God』(イタリア)、『A Hero』(イラン、フランス)、『Parallel Mothers』(スペイン)などとともに、ノミネートされたばかり。

アカデミー賞のノミネーションが発表されるのは、2月8日(火)。ひとまずほかの作品を押しのけて、5作品のノミネーション枠に入れるかが楽しみだ。

『ドライブ・マイ・カー』は、現在もいくつかの映画館で上映中。スケジュールはこのページで確認できる。

原文はこちら

関連記事

細田守の新作、カンヌで10分超えのスタンディングオベーション

サブスク映画、今観るべきミュージカル作品7選

世界で最もクールな映画監督、日本から3人がランクイン

東京を舞台にした映画10選

クリスマス映画 50選

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告