ドリームドアヨコハマハンマーヘッド(イメージ)
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド(イメージ)

気軽にアウトドアを体験できるテーマパークがみなとみらいに誕生

ドリームドアヨコハマハンマーヘッドで本格派キャンパーへの第一歩を

テキスト:
Shiori Kaneko
広告

新型コロナウイルス感染症の影響で、「3密」を気にせず楽しめるアウトドアレジャーが注目されている。だが、ノウハウを知らずキャンプやバーベキューに行くと、持っていくべきものが分からなかったり、やり方が分からず苦戦したり、想像通りにいかない場面も出てきてしまうだろう。

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド(イメージ)
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド(イメージ)

2021824日(火)、横浜のカップヌードルミュージアムパークの敷地内にオープンする都市型アウトドアテーマパークのドリームドアヨコハマハンマーヘッド(DREAM DOOR YOKOHAMA HAMMERHEADでは、初心者から上級者まで本格的なアウトドア世界への第一歩として、利用者のニーズに合わせたアウトドアレジャーを体験できる。

ツリーランドサークル(イメージ)
ツリーランドサークル(イメージ)

ドリームドアヨコハマハンマーヘッドは、3つのエリアで構成。パークの中心施設である円形状の「ツリーランドサークル」には、受付やバー、バーベキューサイトが設置される。2階のデッキからは横浜港を一望でき、みなとみらいのきらめく夜景を眺望するにはぴったりだ。

併設するバーベキューサイトで提供されるメニューは、アメリカンビーフの最高級グレード、プレミアのチャックアイ(肩ロース)の厚切り1ポンドを含んだ『BMCS プライムプラン』(6,000円)、プライムリブアイやチキンレッグなどがセットになった『BMCS プレミアム“リブアイ”プラン』(6,600円)など。ハラール対応の『ハラールBBQプラン』もある。屋根があるため、天気の心配をせずバーベキューを楽しめるだろう。

ワンダーフィールド(イメージ)
ワンダーフィールド(イメージ)

海沿いの森の中には、気軽に本格キャンプが楽しめる「ワンダーフィールド」がある。好きな時間から利用でき、非日常を味わえるような全面芝生で開放的な空間が広がる。営業時間は1122時(最終受付は18時まで)、1グループにつき4時間までだ。

ファイヤーフォレスト(イメージ)
ファイヤーフォレスト(イメージ)

「ファイヤーフォレスト」では、海を渡る風を感じながらアウトドア体験が可能。ウッドデッキ付きのグランピングエリアは、隣のサイトとも距離があるので、周囲を気にすることなくキャンプ初心者から上級者まで楽しめるだろう。利用時間は4時間制で、1216時と1822時の2部に分かれている。

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド(イメージ)
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド(イメージ)

そのほか、まき割りや飯盒(はんごう)炊飯、テント設営など、小学生以下の子どもに向けた体験学習のワークショップの開催、火の起こし方やバーベキューの焼き方を公式ウェブサイトで紹介するなど、アウトドアの知識を学べるコンテンツも充実している。

営業時間は11〜22時。利用には予約が必要なため注意してほしい。友人や家族と気軽にアウトドアレジャーを体験し、自分ならではの楽しみ方を見つけてみては。

ドリームドアヨコハマハンマーヘッドの詳細はこちら

関連記事

バリアフリーにも対応、日本初の常設都市型ロープウェイが横浜に登場

東急ハンズとコラボしたコンセプトホテル 830日新宿にオープン

新潟のスノーピーク本社に隈研吾設計の複合型リゾートが誕生

参加者全員がスタッフ、無人島での映画祭がメンバーを募集

たき火ができる体験型ホテル、高尾山にタカオネが開業

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告