『YOKOHAMA AIR CABIN』
『YOKOHAMA AIR CABIN』

バリアフリーにも対応、日本初の常設都市型ロープウェイが横浜に登場

桜木町から運河パークをつなぐ、4月22日に運行開始

作成者:
Shiori Kaneko
広告

デートや観光スポットとして人気の横浜に、桜木町駅前と新港ふ頭を結ぶ日本初の常設都市型ロープウェイ、ヨコハマ エア キャビン(YOKOHAMA AIR CABIN)が、2021422日(木)に運行を開始する。

発着所は桜木町駅側と運河パーク側に設置される
発着所は桜木町駅側と運河パーク側に設置される

全長は約630メートル、高さは40メートルあり、海の上空を片道約5分間で移動する。横浜みなとみらいの夜景はもちろん、鉄道の廃線跡を活用した遊歩道である汽車道を移動しながら上から眺めることができるのも、これまでにはない体験となるだろう。

足の不自由な人や、駅から運河パークまで少し距離があると感じていた人など、より多くの人に活用してもらうことを目指し、発着所はいずれもバリアフリーに対応。プラットフォームまではエレベーターが設置され、介添人が同乗の場合は車椅子での乗車も可能だ。

運賃は、片道で1,000円(3歳~小学生は500円、2歳以下は無料)。営業時間は、1000分から2200分までが予定されている。8人まで乗車可能なため、親子3世代で一緒に乗車して移動時間を満喫することもできる。

さらに横浜では都心臨海部全体の回遊性を高めるために、横浜駅周辺地区やみなとみらい21地区などの各地区を結び、歩行者ネットワークの整備の取り組みも進めている。進化し続ける横浜のこれからが楽しみだ。遊びに行く度に、感動と驚きを与えてくれるだろう。

ヨコハマ エア キャビンの詳細はこちら

関連記事

シドニーがようやく「24時間年中無休」の都市に

キックボクシングと演歌が融合、こぶしに合わせる新エクササイズ

富士急ハイランドに絶景が楽しめる展望台が登場

イランのホルムズ島にSF映画のセットのようなリゾート施設が完成

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに任天堂の新エリアがオープン

最新ニュース

    広告