©︎東映
©︎東映

映画「爆裂都市 バースト・シティ」がYouTubeで無料配信

1980年代のカウンターカルチャー史に残る金字塔

作成者:
Mari Hiratsuka
広告

石井岳龍の監督作『爆裂都市 BURST CITY』が、2021年3月20日(土・祝日)21時から東映の公式YouTubeチャンネルTOEI Xstream theaterで一週間限定で無料配信される。東映による『土曜21時は映画を見よう!』という企画の第1弾作品として選ばれた。

『爆裂都市 BURST CITY』は、1982年に公開されたSFアクション作品。狂気と無秩序が無限に炎上する近未来都市を舞台に、原発建設の強制労働を強いられた町の下層民たちが結託、やがて「暴動」へと発展していくさまが描かれる。出演は、陣内孝則率いるザ・ロッカーズのメンバーのほか、町田康、泉谷しげる、麿赤兒ら。

タイムアウト東京が2018年に監督の石井にインタビューした際、本作について「『爆裂都市』には、当時の日本のパンクの非道さや無謀さを詰め込みました。良い意味でも悪い意味でも。それが私が描写しようとしたものでした」と話していたように、時代の熱量が感じられる作品となっている。

爆裂都市 BURST CITY』は、3月20日(土)から27日(土)21時まで無料で公開される。なお、第2弾のタイトルは3月20日に発表予定だ。

TOEI Xstream theaterは、2021年1月に東映による配信ブランド「Xstream46」の立ち上げとともに誕生した、過激や極限を意味する「エクストリーム」と配信、「ストリーミング」の二つの意味が含まれた刺激的なチャンネル。今後の土曜21時企画にも期待したい。

関連記事

インタビュー:石井岳龍

核と原発について語られたドキュメンタリー5選

フロアから見える景色の変容、DOMMUNE緊急小箱サミット

木村太一 初の長編モノクロ作品「AFTERGLOWS」制作開始

渋谷最大規模のクラブATOMがコワーキングスペースに変身

最新ニュース

    広告