also
Photo: Keisuke TanigawaAlso

クラフトビールやナチュールが楽しめる台湾ワンタン専門店へ

注目の新店、文京区白山で味わう台湾のローカルストリートフード

作成者:
Hisato Hayashi
広告

近年、東京でも注目の台湾フード。八角の香りとトロトロの豚肉がたまらない魯肉飯(ルーローハン)や、大きな唐揚げ『大鶏排(ダージーパイ)』など、ブームは絶えない。2021年2月13日、そんな台湾のストリートフードと、新鮮なクラフトビール、ナチュールワインが楽しめるalsoオルソー)が、神楽坂の人気店、フジ コミュニケーションの姉妹店として文京区白山にオープンした。

真のローカルフードは『台湾ワンタン』

also
Photo: Keisuke Tanigawa

台湾旅行ではメジャーな小籠包だが、実は観光客が好んで食べるもの。地元の人々が愛する真のローカルフードはワンタンだそう。大ぶりのワンタンは肉がみっちりと詰まりジューシー。一皿4個入りで豚肉やエビ、ホタテ、旬の野菜やキノコを使ったメニューもそろう。

also
Photo: Keisuke Tanigawa

前菜は、姉妹店のフジ コミュニケーションでも人気の『干し豆腐のセロリとパクチー和え』や、台南でよく食べられる『中国キムチ』など、シンプルながら味わい深い一品が並んでいる。

also
Photo: Keisuke Tanigawa

『魯肉飯』(写真は小サイズ。通常サイズもあり)と『鶏肉飯』は2種類の米を使っていて、具材とのバランスが抜群。サクサク食感の『台湾クリスピー唐揚げ』は五香粉の香りがきいており、全てがリーズナブルでおいしい。

豊富なナチュールワインと、ワンタン皮から造ったクラフトビール?

also
Photo: Keisuke Tanigawa

店内一階にはタップがあり、新鮮なクラフトビールを注ぎたてで味わえる。文京区にある醸造所カンパイ!ブルーイングと協働し、ワンタンの皮から造ったという珍しいクラフトビール『オリジナル ワンタン Hazy』は飲みやすい仕上がり。逸品の台湾ストリートフードとともに、ぜひ試してほしい

also
Photo: Keisuke Tanigawa

ナチュールワインはさまざまなボトルのほか、1日5種類ほどグラスで一杯からでも注文できる。この日は南アフリカの自然派ワインをグラスで提供。お気に入りのワインと、ワンタンをはじめ料理とのペアリングを楽しむのもいいだろう。そのほかクラフトビールや台湾ビール、台湾のソフトドリンクなども缶入りで販売している。

also
Photo: Keisuke Tanigawa

広々とした店内、特注の中国窓にも注目

also
Photo: Keisuke Tanigawa

おいしいフードとたくさんの魅力が詰まったalso。注目してほしいのは、建物だ。気軽なランチにも最適な一階と、広々とした2階席。職人に特注したという鉄の格子窓は、台湾の空気を思い起こさせる。

also
Photo: Keisuke Tanigawa
also
Photo: Keisuke Tanigawa

なかなか旅行に行きづらい今、台湾フードが恋しくなったらalsoへ。選び抜かれた酒とともに思いっ切り味わおう。

alsoの詳細はこちら

関連記事

週末、台湾を感じる5のこと

台湾、アートスポット10選

西葛西、プチインド旅行ガイド

日本初、本格火鍋チェーン賢合庄が高田馬場にオープン

ついに自販機でPCR検査キットが買える時代に

最新ニュース

    広告