Bangkok, Thailand
Photograph: Shutterstock

ミシュランガイド掲載の高級料理を最も手頃に楽しめるのはバンコク

Chef's Pencilがランキングを発表

Morgan Olsen
テキスト:
Morgan Olsen
広告

初めて訪れた街で、高級レストランでの食事を楽しもうと思ったら、まず最初に見るのは、世界で最も優れたレストランに「星」を与えているミシュランガイドではないだろうか。同ガイドに掲載されている二つ星、三つ星レストランでの食事は、1人当たり数百ドル(数万円)かかることが多く、一生に一度の体験になる人もいるだろう。

しかしそうした高級レストランのメニューの価格が、都市によって差があるのも事実だろう。では、どの都市で食べるのが一番「得」だろうか。それを知るには、オーストラリアのグルメ情報サイト、Chef's Pencilが最近行った調査結果が参考になる。

Chef's Pencilは、ミシュランガイドで二つ星また三つ星を獲得している世界中の450のレストランの利用料金を分析。その結果、平均して1人当たり276ドル(約3万円)かかることが分かった。

Chef's Pencilでは、分析データをもとにランキングを作成。ミシュランニつ星レストランの平均的なテイスティングメニューが173ドル(約1万9,000円)であるタイのバンコクが、世界の中でトップレベルのレストランで食事を楽しむのに最も手頃な都市となった。現在バンコクに三つ星のレストランがないことが、ランキングに貢献したようだ。

2位になったのはフランスのリヨン。フランスの中でも最もレストランが集中しているとされている街だ。3位には韓国のソウルが入った。4位以降のランキングとメニューの平均価格は以下の通り。

ミシュランガイド掲載店、高級料理の価格が最も手頃な都市ランキング2021
(Chef's Pencil社)
※数値はメニューの平均価格

1.バンコク(タイ)173ドル 
2.リヨン(フランス)203ドル
3. ソウル(韓国)213ドル
4. ロッテルダム(オランダ)216ドル
5. バルセロナ(スペイン)224ドル
6. ウィーン(オーストリア)225ドル
7. マドリード(スペイン)228ドル
8. 台北(台湾)232ドル
9. ハンブルク(ドイツ)240ドル
10.マカオ(中国)248ドル

一方、もしあなたがレストタンで大金をはたいてみたいと思っているなら、これとは逆のランキングが気になるだろう。同調査によると、一流のミシュラン料理を食べるのに最も高い都市は、三つ星レストランのNoma、Geraniumがあるコペンハーゲン(デンマーク)だった。テイスティングメニューの平均価格は1人当たり448ドル(約4万9,500円)。2位には中国の上海、3位には日本の京都が入った。4位以降は次の通りだ。

ミシュランガイド掲載店、高級料理の価格が最も高い都市ランキング2021
(Chef's Pencil社)
※数値はメニューの平均価格

1.コペンハーゲン(デンマーク)448ドル
2.上海(中国)406ドル
3.京都(日本)401ドル
4.シンガポール 364ドル
5.パリ(フランス)358ドル
6.ストックホルム(スウェーデン)335ドル
7.香港(中国)324ドル
8.アムステルダム(オランダ)320ドル
9.ニューヨーク(アメリカ)309ドル
9. ミラノ(イタリア)309ドル

原文はこちら

関連記事

東京で楽しむ、手頃価格のミシュランレストラン

ミシュランガイド シンガポール2021が発表

ミシュランガイドがグリーンクローバーのシンボルを新たに追加

ミシュランガイド掲載店のテイクアウト6選

第4回:東京のミシュランシェフが闘う食品ロスとSDGs

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら  

最新ニュース

    広告