注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間などが異なる場合もあるため、外出前に必ず確認してほしい。

東京、中華チェーン店の餃子

コスパ最高の脇役系餃子を食べ比べ

作成者: Time Out Tokyo Editors
Advertising

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ >東京、餃子ガイド>東京、中華チェーン店の餃子

フードもアルコールも安価で夜遅くまで営業しているなど、とかく使い勝手がいいチェーン系の中華料理店。そして、ランチセットの選択メニューとして、飲みたいときのツマミとして、とりあえず注文したくなるのが餃子だ。

質を求めるよりも「とりあえずいてほしい」脇役的な存在ではあるが、当然、各チェーンによって味や個性は異なる。本記事では、「コスパ」重視で選んだ都内のチェーン系の中華料理店の餃子をレビューする。なお、同じ系列店でも店舗ごとに味に差があるなど、ここにある特徴が全店に共通しているとは限らないので、あくまで参考程度に読んでもらえれば幸いだ。

※餃子1個あたりの価格(小数点以下は切り捨て)が安い順で表示

手もみラーメン 福しん

肉汁:△
皮:薄い
餃子一個当たりの値段:33円
名脇役度:☆☆

主に東京23区北部に店舗を展開しているラーメンチェーン店、福しん。西武池袋線や西武新宿線、東武東上線沿線ユーザーにとってはなじみのある店ではないだろうか。

こちらの『ギョウザ』は、とにかく皮も味も薄い。脂っこさもなくあっさりしているので、食べやすい味とも言えるかもしれない。あんは野菜が多めでシャキシャキ感はあるが、あん自体の量が少ない。皮もカリッとした仕上がりとは言いづらく、肉汁もあまりない。もう少しジューシーさが欲しいところだ。

中華食堂一番館

肉汁:△
皮:薄い
餃子一個当たりの値段:33円
名脇役度:☆☆

中華食堂一番館は、株式会社KVC一番館が首都圏を中心に展開する中華食堂チェーン。「旨い・安い・早い」がモットー。

同店の『焼き餃子』は、良くも悪くもチェーン店の餃子らしい餃子と言える。皮は薄皮で、少し冷凍焼けしていると思われる固さがある。あんはぎっしりと入っていて、まろやかな味。ほんのりとニンニクがきいている。少々チープな印象だが、主菜の引き立て役としては申し分ない。

Advertising

れんげ食堂Toshu

肉汁:◎
皮:薄め
餃子一個当たりの値段:38円
名脇役度:☆
☆☆☆☆

オリジン弁当も展開するオリジン東秀株式会社が、首都圏を中心に展開している中華料理店。2017年より店名を「中華東秀」から「れんげ食堂Toshu」に改め、それに伴い順次改装が進んでいる最中だ。

同店の『餃子』は、うま味がしっかりとあって軽い。皮はかりかりとして、小麦の芳ばしさが香り、甘みがある。あんも野菜がシャキシャキとしていて肉汁の量もほどよく、タレを付けずに味わいたい。ニラとニンニクは入っていない。脇役にはもったいない味だ。

熱烈中華食堂日高屋

肉汁:◎
皮:厚め
餃子一個当たりの値段:38円
名脇役度:☆☆☆

関東圏一帯に店舗が展開されている日高屋。埼玉県さいたま市に本社がある株式会社ハイデイ日高が手がける中華チェーンだ。

同店の『餃子』は、皮はもっちりとして肉汁をたっぷりと包んでおり食べ応えがある。あんの味は濃いめで、野菜のシャキシャキ感もある。ニラやニンニクのくさみはほとんどない。

Advertising

幸楽苑

肉汁:○
皮:厚め
餃子一個当たりの値段:40円
名脇役度:☆

福島県郡山市に本部を置くラーメンチェーン、幸楽苑。都内では足立区に最も多くの店舗があり、都心では渋谷や六本木、日本橋などにもある。

20年前の創業時の味を再現したという『餃子クラシック』は、茶色がかった色の厚めの皮が特徴。焼き加減は良いが、少々脂っこい。あんはニンニク臭がきつく、全体的にパンチの強い味なので、酢とコショウで食べるのがおすすめだ。においが気になる人はニンニクやニラが入っていない『ベジタブル餃子』を選ぶと良い。

餃子の王将

肉汁:◎
皮:薄め
餃子一個当たりの値段:40円
名脇役度:☆☆☆☆

京都府京都市に本社を置く餃子の王将。関西では大阪王将と区別するために「京都王将」と呼ばれたりもするが、都内で「王将」といえばこちらの方を想起する人が多いのではないだろうか。

看板商品の『餃子』は、薄めだがもっちりとした歯ごたえのある皮と、肉汁がしっかりとにじむあんのバランスが絶妙な、王道の味。カリッとしたきつね色の表面と、そこから漂う香ばしさが食欲をそそる。

Advertising

大阪王将

肉汁:○
皮:薄い
餃子一個当たりの値段:43円
名脇役度:☆☆☆

大阪王将は、太陽のトマト麺なども手がけるイートアンド株式会社が運営する中華料理チェーン。本店は大阪の道頓堀にあり、今年で創業50年を迎える。

同店の『復刻創業餃子』は、薄皮のパリパリとした食感が特徴。あんは野菜よりも肉々しさが勝る。ニンニクも入っているようだが、においはあまり気にならない。少々脂っこいが、ビールとの相性は良さそうだ。

バーミヤン

肉汁:△
皮:厚め
餃子一個当たりの値段:43円
名脇役度:☆

バーミヤンは、すかいらーくグループが運営する中華料理レストランチェーン。北は秋田県、南は広島県までまんべんなく店舗を展開している。

同店の『本格焼餃子』は、まずニラとニンニクのにおいがきつめであることは覚悟しておいたほうがいい。加えて脂っこいので、女性には向かない味かもしれない。あんは肉が多めなのだが、その割に肉汁は少ない。

主役系餃子はこちら……

神保町、餃子のウマい店12選

レストラン

古書店やカレーの街として有名な神保町だが、実は中華や餃子の店も実力派ぞろい。その理由は、明治から大正期に多くの中国人留学生が周辺に住んでいたことから、彼らの空腹を満たす中華料理店が多かったことも挙げられる。ここでは、老舗から新手の餃子バルまで幅広く紹介。店ごとに皮の厚さや具材の中身など、味わいは多彩だ。たまには本やカレーではなく、餃子を目がけて神保町へ繰り出そう。

東京、ネオ餃子5選

レストラン

餃子は日本の国民食と言える。ホームパーティーの定番メニューでもあるし、餃子のチェーン店は至るところにあり、深夜でも食べられる。日本で餃子といえば、一般的に焼き餃子だが、餃子が生まれた中国では水餃子が主流、というのは比較的知られている話。ラーメン同様日本人が独自にアレンジを加えた餃子は、海外の観光客からも人気を集め、近年では国外に専門店ができるなど、日本の「GYOZA」は世界に広まりつつあるようだ。ここでは、そんな流行から生まれた変わり種餃子が食べられる店や、餃子の新しい楽しみ方を提案する5軒を紹介する。

Advertising

東京、持ち帰り焼き餃子10選

レストラン

老若男女問わず支持されるおかずといえば、そう、餃子。中華料理店のほか、近頃はこだわりのオリジナル餃子を提供する餃子専門店も数多い。夕飯のおかずに一品加えたいというときにおすすめしたいのが、そんな専門店の持ち帰り餃子だ。焼き餃子はそのままフライパンで再加熱するのも良し、生餃子をゆでて水餃子にすれば、店頭で味わうのと同じように、皮のもっちり感をそのまま楽しめる。仕事帰りや散歩のついでに立ち寄り、名店の味を食べ比べてみてはいかがだろう。

おすすめ

    関連情報

      Advertising