2019年、見逃せない芸術祭5選

瀬戸内海、京都、石巻など、本当に訪れるべきアートフェス

Reborn-Art Festival 2019
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

タイムアウト東京 > アート&カルチャー > 2019年、見逃せない芸術祭5選

今年もようやく芸術祭の情報が出揃ってきた。一時期は、雨後の筍のように各地で企画されていた芸術祭だが、近年では随分と落ち着き、結果的に確かな質と魅力的な個性を持つイベントのみが継続を許されることとなった印象だ。2019年では、アートと雄大な自然が楽しめる『瀬戸内国際芸術祭』が、その筆頭格といえるだろう。本特集ではミュージシャンの小林武史(こばやし・たけし)が制作委員長を務める『Reborn-Art Festival』のような比較的ライトなものから、コアな現代美術ファン向けの『岡山芸術交流』まで、行って損はない芸術祭5つをピックアップした。各芸術祭の詳細をチェックして、アートな小旅行の計画に役立ててほしい。

 

関連記事:
瀬戸内国際芸術祭でしかできない20のこと
この夏行きたい野外シネマ2019

 

 

日本が誇る芸術、アニメを味わう。

アート

五感でアニメを味わうスポット12選

タイムアウト東京 > 東京、アニメなスポット50選 > 五感でアニメを味わうスポット12選 近年「異世界転生」というジャンルがアニメや漫画ではやっている。しかし、どんなに現実が辛くても、どんなに神に願っても、剣と魔法とモンスターがあふれる世界や、美少女やイケメンから告白されまくるハーレム空間へ飛び移ることはできない。「あのアニメの世界へ行くことができたなら……」そんな願望を叶えてくれるようなミュージアムが、東京にはたくさんある。ここでは、作品世界に浸れるアトラクション要素多めなスポットや、作品の設定資料、歴史などを学べる博物館的場所など、アニメや漫画の世界を楽しめるミュージアムとシアターを紹介する。 関連記事:『東京、アニメなスポット50選』

Advertising