岡山芸術交流 Okayama Art Summit

アート
岡山芸術交流
1/3
岡山芸術交流
2/3
岡山芸術交流
3/3

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

岡山の旧城下町エリアを中心に、3年ごとに開催される現代アートの祭典。第1回の2016年に引き続き、馬喰町のギャラリーTARO NASUの那須太郎(なす・たろう)が総合ディレクターを務める。前回リアム・ギリック(Liam Gillick)が務めたアーティスティックディレクターは、フランス人アーティストのピエール・ユイグ(Pierre Huyghe)が担当する。「芸術交流」の名の通り、『関係性の美学』で知られるニコラ・ブリオー(Nicolas Bourriaud)による概念、「リレーショナルアート」を意識した人選といえるだろう。

そのほかにも、リレーショナルアート次世代作家と目されるティノ・セーガル(Tino Sehgal)をはじめ、海外の実力派アーティストの参加が徐々にアナウンスされているが、3月には追加発表第3弾として現代アートを代表する作家の一人、マシュー・バーニー(Matthew Barney)の名前も挙がった。「IF THE SNAKE もし蛇が」という謎めいたタイトルが付けられた同芸術祭。今後の発表にも注目してほしい。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト http://www.okayamaartsummit.jp/2019/
イベントの電話番号 086-803-1042
関連情報
    最新ニュース