野外映画祭 2018

海や森、都心など野外空間で楽しむ映画

タイムアウト東京 > 映画 > 野外映画祭 2018

春から秋の定番となった野外映画祭が、今年も各地で開催される。山の中でキャンプをしながらオールナイトで楽しめるものや、ライブやDJイベント、トークショーなど映画以外にも楽しめる要素が詰まったものなど様々だ。特集では、気軽に訪れることのできる都内の上映もピックアップ。開放感と非日常を体験しよう

夜空と交差する空の上映会
1/3

夜空と交差する空の上映会

人気の野外上映イベント『夜空と交差する空の上映会』が、日本最長400メートルの大吊橋、三島スカイウォークにて開催。会場では、毎日異なる短中編映画と長編映画をセットで上映。名作映画『スタンド・バイ・ミー』や、国内初の野外上映となる『バーフバリ 王の凱旋』、ワールド・トレード・センター間を繋いだワイヤーを渡る男の実話を基にした『ザ・ウォーク』など、ロケーションに合わせた、橋にまつわる作品がラインナップする。会期中、三島スカイウォークは営業時間を延長し、普段見ることのできない夜景を楽しむことができる。

詳細情報
三島スカイウォーク 2018年7月14日 - 2018年7月16日
湖畔の映画祭
2/3

湖畔の映画祭

美しい自然の中で楽しめる野外映画祭が、富士五湖のひとつである本栖湖にて開催される。毎年、インディペンデント映画の作り手と地域住民が、力を合わせて行っている。日中は、ライブやDJパフォーマンスが行われ、日が落ちた時間帯に映画の上映が始まる。

詳細情報
本栖湖キャンプ場 2018年7月27日 - 2018年7月29日
星空の映画祭
3/3

星空の映画祭

夏の約1ヶ月の間に、洋画と邦画の新作や話題作が日替わりで上映される『星空の映画祭』が、長野県の八ヶ岳自然公園で開催される。気になる今年のラインナップは未発表だが、昨年は、映画『ラ・ラ・ランド』や『美女と野獣』などが上映された。会場は、標高1300メートルの高地に位置し、夜は急激に冷え込むのでジャケットを持って行くのを忘れないようにしよう。8月3日(金)、4日(土)は休映。  

詳細情報
八ヶ岳自然文化園 2018年7月27日 - 2018年8月19日

野外で涼む……

東京、オープンエアで食べる店

待ちに待った春が訪れ、最近ではすでに夏かと思うような日差しが降り注ぐようになってきた。これから初秋にかけて、クーラーのきいた屋内で熱々のラーメンを啜る瞬間も至福の時だが、屋外でこの陽気を思いっきり楽しみながらの食事もこの時期にしかできない最高の時間の楽しみ方である。ここではタイムアウト東京編集部が選んだ都会のオアシスとも呼べる店を紹介する。休日にはあくせくした日常を忘れさせてくれる、暖かな日差しの中でゆったりとしたブランチを。灼熱の日中を乗り切った後には、爽やかな夜風の中でビールで仕事の疲れを洗い流し、ここぞという勝負の日には絶品料理と夜景を味方につけるなど、それぞれの用途で使い分けてみては。

詳細情報
By Mayumi Koyama

コメント

0 comments