Taxis
Photo: Ryoji Iwata/Unsplash

Uberが東京都内でのタクシーサービスを開始

6年の月日を経て実現、主要タクシー会社3社と提携しサービスを拡大

Advertising

Uberが日本に上陸して6年が経つ。これまで関東圏では「Uber Black」のみサービス展開をしていたが、数に限りがあるのと通常のタクシーよりも高い価格設定になっていることから、本格的な普及には至らなかった。最近ではUber Eatsなどのフードデリバリーが目につくようになってきたが、「アプリを使って気楽に車を配車をする」という、そもそもの利便性は浸透していない。

長い歳月を経て、東京でも本格的なサービスを展開することをこのほど発表した。「Uber Taxi」と呼ばれる新機能は、主要タクシー会社3社と提携し、2020年7月からスタート。日本語を母国語としない人でも東京でのタクシー予約が簡単にできるようになり、さまざまな支払い方法を選択できる。リアルタイムのGPSトラッキング機能が備わり、ユーザーが家族や友人と到着時間を共有することも可能だ。

今回Uberが提携したのは、日の丸リムジンと東京エムケイ、エコシステムの3社。乗降客の多い都心エリアを中心に600台の車両を提供する。今後は東京でのサービス普及を拡大していく方針だ。ちなみに日本では「UberX」をはじめとする、いわゆる白タクのライドシェア機能は認められていない。そのため、自家用車でUberドライバーになったり、相乗りはできない。

新型コロナウイルスの影響でタクシーの需要が大幅に減少していることを考えると、このタイミングでのサービス開始は難しいようでもある。日本経済新聞の報道によると、全国ハイヤータクシー連合会は、東京都内のタクシー収入が5月上旬の時点で前年同期比6割以上減少している、と発表したとのこと。一方、アプリを使ったタクシー予約の需要は一定数保たれており、ユーザーは都市部に集中しているようだ。

同社はUber Eatsの成功からも、人々がキャッシュフリーのサービスの利便性と効率性に慣れてきた、と前向きな姿勢を見せている。今後日本がトラベルバブルを実施すれば、再び観光客が流れ込み、Uberの需要が高まることになるだろう。

 

関連記事

国内旅行は7月から活発に?新しい日常-を過ごす外国人の声

新幹線が半額に、JR東日本の「お先にトクだ値スペシャル」開始

観光庁の「Go Toトラベルキャンペーン」の概要が発表

今旅行できる国が簡単に調べられる便利ツール「Tripsguard」

接触確認アプリ「COCOA」がリリース、通知ができないなど不具合も

Share the story
最新ニュース
    Advertising